「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征報告⑥~その他の小鳥編~

シギを避けてここまで報告を続けていますが、今回も同様^^;
今回の報告を終えれば、残すはシギのみ!!と言う状況になります。
ということで、シギ以外でこれまでに紹介していなかった鳥たちを。

まずは・・・・・島内、森の中以外ならどこにでもいた気がするイソヒヨドリ。
080912イソヒヨドリ

海岸近くでしか見られないと思っていたのですが・・・・
080912イソヒヨドリ2

お次はセッカ。
080912セッカ
そういえば、北海道では見たことがありません。
東北まで生息しているはずですが・・・・・
沖縄にはかなりたくさんいます^^;

畑にいたのは、ツメナガセキレイ。
080912ツメナガセキレイ
この前の週に、サロベツでキマユツメナガセキレイを見たばかりでしたが・・・・
沖縄に来てまた見ることになるとは^^;

あとは、リュウキュウツバメ。
080912リュウキュウツバメ
下のツバメの写真と比べると、コンパクトで色が地味なのがよくわかります^^;
下尾筒の模様も、電線にとまっているとよく見えますね^^

それに比べ、ツバメはスマートで白っぽい印象が強いです。
080912燕

これ以外には、帰化したした鳥たち。
シロガシラ。
080912シロガシラ
都市から森林まで、島のいたるところで見られました。
ヒヨドリよりも個体数が多そうです。

シマキンパラ(アミハラ)。
080912シマキンパラ
ちょっとした草地のある場所でまるでスズメのように、群れで行動していました。

キンパラ。
080912キンパラ
上記2種の帰化種より数は少ないようです。
海岸の岩場近くの草地で見ることができました。

こういった帰化した鳥たちを、今後どのように扱っていく方針になっているのか、ちょっと気になりました。
どんどん生息を拡大していくと、在来種へも影響も気になるところです。

ちなみに、今日はタイマー投稿です・・・・
この3連休は、道東へ遠征中です^^;

| 遠征記録 | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征記録⑤ ~チドリ&クイナ+α編~

今日はチドリとクイナを中心にご報告。
とは言っても、種数はそんなにありません。

先ずはチドリから。
今回、普通種で見れたのは、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、ムナグロ、ダイゼン。
その中で写真を撮れたのは、コチドリ、メダイチドリ、ムナグロ。
080911コチドリ

080911メダイチドリ

080911ムナグロ
ダイゼンは数が少なく、シロチドリはどれも遠くて写真が撮れませんでした;
ちょっと珍し系ではハジロコチドリ。これまた遠くて写真に撮れませんでしたが・・・・

それと厳密にはチドリではないのですが、名前にチドリと付くのでついでに・・・ツバメチドリ。
車から近いところに、15羽の群れがいました。
080911ツバメチドリ
たまに飛び立っては、また舞い降りる個体もいます。
080911ツバメチドリ2
実は・・・・ツバメチドリはライファーだったりします^^;
沖縄では普通種とは言わないまでも、珍しい鳥でもないようです。

お次はクイナたち。
ヤンバルクイナは既に紹介してしまったので、それ以外で。
まずは・・・・もっとも多かったのはバン。
水田や池など、淡水の水辺ならばどこにでもと言ってもいいほどたくさんいます。
080911バン
ただ、親子連れを見たのはこの時だけ。
よくよく見ていて驚いたのは、ヒナの脚。
体は親の半分くらいなのに、脚の長さや大きさは親と同じなんですね・・・・・
ものすごくゴツい脚に見えます^^;

お次はシロハラクイナ。
080911シロハラクイナ
この鳥も、沖縄では結構頻繁に見ることができます。
九州の南部や沖縄以外では珍しい鳥です。

あと、見れたのはヒクイナ。
080911ヒクイナ
これまで、いつも見るときはチラ見ばかりでこんなにじっくり見れたのは初めて。
クイナの仲間は藪の中にいることが多く、なかなか姿を見れないので見れると嬉しくなります^^
しかも、飛ぶのがものすごく苦手なイメージが強いのですが・・・・こんなクイナでも渡り鳥。
あのたどたどしい飛び方で、海の上をどうやって渡っているのか、見てみたいといつも思います^^;

さて、題名に+αと書いたαですが・・・・
最終日、サトウキビ畑の横の畑地で「あ、ムナグロだ・・・・」と双眼鏡を覗くと、ムナグロの奥に走る小さな鳥。。
その鳥は・・・・
080911ミフウズラ
ミフウズラでした!! この個体は♀。
昨年、奄美大島で必至に探しまわってようやく見れた鳥なのですが・・・・こんなに簡単に見られるとは。
早朝と夕暮れに見やすいと知っていたのですが、時間は既に午前8時を過ぎています。
ですが、もしかするともっといるかも・・・・と思い近くを捜索。すると
080911ミフウズラ2
♂も見つかりました^^
さらにさらに・・・・・
080911ミフウズラ3
親子連れまで。。
この朝だけで、結局10羽前後のミフウズラを見ることができました。
この場所ではかなりの数が生息しているのでしょうか?
それとも単に運が良かっただけなのでしょうか・・・・??
じっくり見れた上、写真まで撮れるとは思っても見ませんでした。。
なんだか、今回の旅は本当に幸運続きだった気がします^^;

| 遠征記録 | 21:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征報告④~やんばるの日中編~

やんばるの報告も4回目。
まだまだ在庫があるのですが・・・・今週末は3連休。
来週末も2連休+祝日。
しばらくネタには困らなさそうです・・・が情報が遅くなりそうです(汗
今日以外でも、少なくとも@2回くらいは沖縄をが続きそうです>;
タイマー投稿するしかないでしょうか・・・・

今日は日中のやんばるです。
日中とは言っても、朝の6~9時と、夕方の16時以降ですが^^;
まず、那覇からの報告でも載せたアカヒゲを何枚か。
先ずは♂。
080910アカヒゲ1

080910アカヒゲ2

お次は♀。
080910アカヒゲ3

080910アカヒゲ4
暗いところに多く、どうしてもストロボを焚かなければならずこんな写真になるのが残念です。
♂も♀も、林道脇から「プルル、プルル」という地鳴きをが聞こえてくるため、車を運転していてもいる場所がすぐに分かってしまいます^^;

それが森中のいたるところで聞こえていました。数はかなり多いんですね。
そして、早朝だとたまにさえずりの声も聞こえてきます。
春はさえずりの声でもっと森の中が華やかな感じなんだろうなぁ・・・と思うと、またその季節に来たくなってしまいます。

また、林道のとある場所。
車の真横で「プルル」という声が聞こえたので、アカヒゲを探すために車を止めると・・・・・・
080910ヤンバルクイナ
そこにはヤンバルクイナ!!
ただ、完全に藪の中でシャッターを押せたのはこの1枚だけ。
私に気付いたのか、この直後、奥の方へと消えていきました。
まさかこんな形で会えるとは思っていませんでした。
今回の沖縄遠征の目的だった鳥の1種。

あとはノグチゲラですが・・・・・・
やんばるでの初日、2日目で既に見ていたのですが、どちらも遠くにいるのをチラ見しただけ。
それでも喜ばなければならないのですが、せっかく沖縄まで来たからには、やはり写真を撮れるくらいじっくり見たいという思いが沸いてきます。
チャンスが訪れたのはやんばる3日目の夕方。
もう6時半を過ぎ、暗くなってきたので宿へ戻ろうと車を走らせていると近いところで「ケッ」と鳴くノグチゲラの声。
慌ててブレーキを踏み、周りを探すと近くの立ち枯れした木にノグチゲラのシルエットが!!
080910ノグチゲラ
完全に逆光ですが、間違いなくノグチゲラです^^;

と、真っ黒では仕方がないので、ストロボを焚いて再度撮影。
080910ノグチゲラ2
証拠写真としては十分です^^
何より、じっくり見られてよかったぁ・・・・・
今回の旅の大目的のヤンバルクイナとノグチゲラ。
どちらも見るには運が必要と知人から聞いていただけに、どちらも見られるとは強運でした^^
一応、写真も撮れましたし!

やんばる滞在の最終日の早朝。
この日もヤンバルクイナとノグチゲラを目撃するものの、どちらも一瞬で撮影できず・・・・・
これまた、8時半を過ぎたのでもう那覇方面へ移動しようと車を走らせていたのですが。
途中で何かの声が聞こえたので周りを探したところ、声の主が見つからない代わりに、そこには
080910カラスバト
カラスバトです!
やんばるに来た初日に、遠くの枝にいるのを見てはいましたが、これくらい近くでじっくり見たのは初めて。
ただ、逆光で写真はこんな感じに・・・・やんばるの森の雰囲気は出ているのでいいのですが^^;
せめて目が写るような光の感じだとよかったのですが>;

あと鳥ではありませんが、飛ぶ動物と言うことで・・・・
オリイオオコウモリです。
080910オリイオオコウモリ
林道を走っていると、目の前の木にバサッと留まるのが見えたので見つけられました。
それにしても・・・・コウモリというよりも、キツネか犬の様な顔つき。
英語では「Ryukyu flying fox」と呼ばれる意味もよく分かる気がします。
翼を広げると80cmとカラスにも匹敵する大きさのコウモリとは思えないかわいい顔です^^;
夕方になると、バッサバッサと森の上空を飛んでいるのをよく見れます。

こうしてやんばるでの3日間はあっという間に過ぎました^^;
朝も夕も夜も、やんばるの森は魅力がいっぱいでした。
機会があれば、是非一度どうぞ^^

| 遠征記録 | 21:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征報告③~やんばるの夜編~

9/2、3,4は、国頭村での宿泊でした。
となると・・・・・夜の林道を1人、懐中電灯を片手に車の運転ですw
車のエンジンを切り、ライトを消すと星空以外は完全に闇の世界。
1人だと不安もありますが、それよりもそこにいる何かを見たい気持ちで出かけていました^^;

鳥の前に、始めに見たのは・・・・・ネズミ。
しかも、鳴いていました。。 見るまでは鳥かと思っていたのですが。
080909ケナガネズミ
なんと、ケナガネズミでした。
樹上で活動するネズミで、世界でも沖縄本島、奄美大島、徳之島にしか生息していないとのこと。
国の天然記念物にも指定されているらしいです。
尾の先端側半分が白いのが特徴。
昨年の奄美大島で見たのですが、また会えるとは思ってもいませんでした。
どうやら彼らとは縁があるようです^^;

哺乳類はこのケナガネズミだけ。
となると、残りは鳥ですが・・・・・・
まず始めに登場したのは
080909オオコノハズク
リュウキュウオオコノハズク!!!
撮れたのはこの1枚だけでした>;
微妙に後ピンなのが残念でなりませんが、撮れただけ良しとしなければ・・・・・
こういう風には、運が良くないとなかなか会えない鳥。
やっぱりフクロウの仲間っていいですね・・・・・。
オオコノハズクはライファーなので、喜びもひとしおです^^

オオコノハズクを見た後、いい気分で運転していると、お次に現れたのはまたフクロウの仲間!
080909リュウキュウアオバズク
リュウキュウアオバズクです!!
何を隠そう、私はまだアオバズクを見たことがなかったのです・・・・
ライファーとして見るのが亜種のリュウキュウアオバズクになるとは思ってもいませんでした^^;
オオコノハズクといい、本当にラッキーです。

これは、残るリュウキュウコノハズクを見ない手はない・・・と思いながら車を進めます。
たまに「コホッ コホッ」と一声ずつなくリュウキュウコノハズクの声がどこかから聞こえているのですが・・・・
と、とある地点で何だか濁った変な声が。。
鳥か何かも分からないですが、2個体の声が聞こえてきます。
懐中電灯で声の辺りを探してみると、そこには
リュウキュウコノハズク
リュウキュウコノハズク (>▽<ノ
まさか本当に見られるとは思いませんでした。
声から判断しても姿を見ても、まだ幼い個体のようです。
しかし、2個体の声が聞こえると言うことはもう1羽いるはず・・・・・と探していると、この個体が他の枝に移動。
リュウキュウコノハズク2
移動した先では2羽が並んでいました^^
1晩で3種のフクロウが見られた上、リュウキュウコノハズクは2羽の幼鳥が並んでいるところを見れるなんて・・・
本当に運がいいとしか思えません。。

あと、この日とは違う日ですが、林道の真上の枝に真っ赤な物体が。
080909アカショウビン
アカショウビンです!
沖縄では普通種ですが、それでも声を聞いてもあまり姿を見たことのない鳥。
それにしても本当に鮮やかな赤色というか、朱色です。
ストロボのせいで若干、羽が紫色に光っていますが・・・^^;
至近距離でじっくり観察できました^^;

夜のやんばるはこれにて終了。
にしても、夜の撮影はやはり1人では難しいです;
懐中電灯を左手に持って被写体を照らしながら、右手だけでカメラを構えてファインダーをのぞき込んで被写体を見つけて、ピントを合わせて・・・・
ファインダーを覗こうとすると懐中電灯の光がずれていたり、既に被写体が飛んでいなくなっていたり;
一番哀しいのはAFでピントが合った瞬間に飛ばれたとき。
やっぱり、2人以上で来て懐中電灯を照らしてもらうべきだと痛感しました;
ハブなんかが出たときも1人だと不安ですし;

それでも、夜のやんばるは大満足。
しばらくの間、オオコノハズクの真っ赤な目は、私の目に焼き付いていそうです^^;

| 遠征記録 | 19:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征報告②~アジサシ編~

沖縄報告2日目はアジサシです。
と言っても3種類しか見ていないのですが^^;

行った初日、那覇近郊で見ることができたのは・・・・クロハラアジサシ。
080908クロハラアジサシ
町の中のちょっとした干潟や池の上を飛び回っていました。
ただ、逆光&背景が電線やら家やらで・・・
まぁ、これはこれで撮った場所の雰囲気が出ていいのですが^^;

しかし、残り2種は完全に海。
まさに沖縄な写真です。
エリグロアジサシから。
080908エリグロアジサシ
背景の青というより青みがかった緑色は・・・・海。
しかも、アジサシを上から撮影しています。
繁殖シーズンであれば、十分に陸から撮影もできるのですが、何せ9月。
これらのアジサシ達はほとんどが陸からちょっと離れた海上で餌を採っています。

となれば・・・・島へ渡るなるだけ長い橋があればもしや・・・・と思って行ってみたら案の定でした^^
なので、これは橋の上から撮影した写真です。
080908エリグロアジサシ2
かなり大きな橋なので、アジサシ達は橋の下をくぐって行きます。
かなり近い距離を通っていくのですが、それだけピントを合わせるのが難しい&ぶれた写真を量産してしまい・・・・
かろうじてピントの合っている写真も、この写真のように中心から大きく外れて写真の隅の方に写っていることがほとんどでした;
やはり飛びモノの撮影は難しいです・・・・
この写真も、左下に写っていたものをトリミングしてこれだけ中央に寄せましたが、それでも羽がきれてます--;

さて、残る1種はベニアジサシ。
080908ベニアジサシ

真っ赤な嘴が白い羽に映えて、とても綺麗です。
080908ベニアジサシ2
ベニアジサシは昨年、奄美大島でも見たのですが、見て大好きになった鳥です。

この2種が群れを作り、海上で餌を取っていました。
080908エリグロ&ベニ
クロツラヘラサギもそうでしたが、見事に魚をとるものですね。
かなり餌をゲットする率は高いように見えました。

エリグロアジサシと言いベニアジサシと言い、青い海に青い空、白い雲。そしてそこにヒラヒラと舞う白い鳥。
まさに南国の海の似合う鳥です。
北海道でみるアジサシもいいですが、やっぱり南の島で見るそれは格別ですね^^
アジサシ好きな私にとって、こういう光景を年に1度でも見られるのは幸せです^^

また来年も行きたいなぁ・・・・w
次は背景が海だけでなく、空の色も入れた写真を撮りたいものです^^;

そう言えば・・・・昨年の9月17日は札幌の海岸でアジサシの群れを撮影していましたw
080908アジサシ
沖縄モノではないですが、アジサシで思い出したので紹介です^^;
今年も同じ時期であれば、今週末か来週末辺りが良さそうですね。
見に行ってみようか、迷うところです^^;

次回は何を報告しようか迷います。
本当ならばシギチを・・・・・と思うのですが。
シギチよりも先に、メインのやんばるの鳥を紹介することなるかもしれません^^;

| 遠征記録 | 21:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征報告① ~サギ類~

昨夜、無事に北海道へと帰ってきました。
かなり寒くなっているかと思っていたのですが、それほどでもなく・・・・
沖縄も比較的涼しく、温度差がそんなにひどくなくて助かりました^^;

ということで、今日から報告開始です。
先ずは・・・・サギ編。

一番多いのはコサギ、ダイサギ、アオサギ。
080907ダイサギ&コサギ
アオサギを撮ってありませんでした・・・・;
北海道では少ないコサギも、ちょっとした水場ならどこにでもいます。
こんな光景も見ました。
080907コサギ
電線にとまることもあるんですね。
ものすごくバランスを取るのが難しそうなんですが・・・・・・

お次は、クロツラヘラサギ。
080907クロツラヘラサギ
世界的に生息数が少ないと言われるサギですが、沖縄本島へは毎年越冬に渡って来ているとのこと。
ただ、私が見た2羽は越夏をしている若い個体だと、地元の方が教えてくれました。
080907クロツラヘラサギ2
こうやって嘴を水の中に突っ込んで頭を左右に振りながら歩き・・・・

嘴に魚を感じると・・・・・・??
080907クロツラヘラサギ3

080907クロツラヘラサギ4

080907クロツラヘラサギ5
うーん、この嘴でよくこんなにうまく魚を捕って食べれるものです^^;
見ていて感心しましたw

白いサギでは、アマサギも見られました。
北海道では、見られるとニュースになるほどのサギですが・・・・
沖縄ではごく普通種。
いる場所には、こんな風にと群れでいることがよくあります。
080907アマサギ
ちょうど夏羽から冬羽への換羽のシーズンなんですね。

オレンジ色が薄くなってきている個体が非常に多かったです。
080907アマサギ

白くないサギでは・・・・・
080907クロサギ
クロサギです。
白色型のものも結構いるはずなんですが、今回は一度も見ませんでした。
このサギも、岩っぽい海岸ならどこにでもいました。

あとは・・・・ゴイサギ。
080907ゴイサギ
幼鳥(通称:ホシゴイ)。成鳥もいましたが、遠かったので写真にしていません^^;
この鳥も北海道に来てからあまり見ていない気がします。

あと、できればリュウキュウヨシゴイを見たかったのですが・・・・・
今回の旅では一度も見ることができませんでした;
昨年の奄美大島でも見事に振られており・・・何だか嫌われているのかもしれません。
次回の宿題になりましたw

北海道ではサギをあまり見ないので、久しぶりにこれだけのサギを見た気がします。


早いうちに、種類の多いシギ・チドリの紹介を片付けたかったのですが、どうも種類がわからないものがありまして;
自分の分類能の無さを改めて実感です。
こっちでも頻繁に見に行かなきゃダメですね^^;

| 遠征記録 | 23:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撮影三昧。

5/3~5/5の間、舳倉島へ行ってきました。
島への上陸は実に18年ぶり・・・当然、前回の記憶はほとんどありません^^;

5/2には見られていたという珍鳥、カンムリオウチュウの姿は既になく、晴天続きのせいか
島内の鳥はかなり少ないとのこと。
それでも、小鳥だらけの島内で、のんびり2日間も撮影に専念できたので私には満足でした◎
今日はその成果をば。全てノートリです。

まずはキビタキ♂。
080506キビタキ1

080506キビタキ2

コマドリ♀。
080506コマドリ

オオルリ♂。
080506オオルリ

コルリ♂。
080506コルリ

ツグミ。
080506ツグミ

シロハラホオジロ。
080506シロハラホオジロ1

080506シロハラホオジロ2


これらの鳥たちは島内の至る所で見られました。
それに加え、さらには・・・・

シマゴマ。
080506シマゴマ

ノジコ。
080506ノジコ

ウソ♂。
080506ウソ1

080506ウソ2

マミジロ♂。
080506マミジロ

キマユホオジロ♀。
080506キマユホオジロ


結果、3日間で自分で確認できたのは68種。
その内、ライファーはカラスバト、マミジロ、シマゴマ、ムネアカタヒバリ、シロハラホオジロ、
キマユホオジロの6種。
同じ期間滞在した他の方の情報だと、他にもコホオアカやカラアカハラ、ミゾゴイ、コウライ
ウグイスといった鳥も見られていたようです。
うらやましぃ。。
また近い将来、来なければならないかなぁ・・・・・・w

さすがにきつい日程が堪えたのか、昨日から風邪気味です・・・・
それでも明日には北へ帰り、社会復帰。
リハビリが必要になりそうです(汗

なお、今回のお世話になった支部の方々、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします^^

| 遠征記録 | 18:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。