「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アッケシソウ。(珊瑚草)。

現在、札幌へ出張中なのでタイマー投稿です。

14日は、能取湖までアッケシソウを見に行ってきました。
日が出たり陰ったりの微妙な光加減でしたが、日が出ている間を狙って写真を何枚か^^;
080917アッケシソウ
一面の赤い絨毯のようです。
ちょっと拡大してみると・・・・
080917アッケシソウ2
なんだか、鱗片状の葉がヒノキの葉のような形ように見えます^^;

ちょっと調べてみたんですが、アカザ科の一年草なんですね。
てっきり多年草かと思っていたのですが・・・・
ということは、毎年新しい株が同じ所に発生しているんでしょうか。
種子散布はどうやって行っているのか気になるところです^^;

それにしても綺麗です。
080917アッケシソウ3

能取湖ほど有名ではないですが、サロマ湖にも群生地がありました。
080917アッケシソウ@サロマ

こちらは、能取湖でもさっきとは違う場所。
昨日紹介した野付同様、緑と赤が混じっていても綺麗ですね。
夕方、西日に照らされてオレンジ色っぽく見えます。
080917アッケシソウ4
寄り道しながら、往復1300km。
遠かったですが、見に行って良かったです^^

と、帰り道の浦幌で遭遇したタンチョウをおまけに^^;
080917タンチョウ

山の紅葉を見れることを期待して、今週末は大雪の沼巡りの予定です。

| 風景 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うわぁ~、綺麗ですね!!
こんな見事なサンゴソウは初めて見たような気がします。
道東に住んでいても、あまり見に行かなかったですし・・・。
種は波で運ばれると聞いたことがあります。
夕暮れの西日に照らされたアッケシソウ、素敵ですね~☆

タンチョウはいつ見ても美しいですね。
「サろルンカムイ」と呼ばれて、昔からずっと愛されてきました。
いつまでも、この地でこの姿が見られるといいですね。

| nivalis | 2008/09/18 18:04 | URL |

>nivalisさん。
珊瑚草は本当に綺麗でした^^
種子散布は水なんですね。
水散布で有名なのはヒシですが・・・・
ヒシのようにぷかぷか浮かんで来るのでしょうか?
うーん、ますます気になりますw

「サロルンカムイ」・・・調べてみました。
アイヌ語で「湿原の神」というような意味なんですね。
シマフクロウと並んで、アイヌの人たちに愛されてきた野鳥なのでしょうか。
道東に行けば、いつでも見られるような鳥であって欲しいですね。

| tommy | 2008/09/19 18:17 | URL |

サンゴソウいいなぁ。
1300km意味が分かんないす。

最近黄色のハクセキレイ?がいっぱいいます。

| 礼文人 | 2008/09/19 20:49 | URL |

>礼文人さん。
今週も1000km近く走りました^^;

珊瑚草、来年は島から出て見に行ってください^^
晴れていると、本当に綺麗ですよ☆

黄色のハクセキレイ・・・?
顔が黄色っぽい感じであれば、ハクセキレイの幼鳥・・・でしょうか??
ツメナガセキレイの可能性もあるので、じっくり見てみてください。
秋の渡りが始まっているんですね。
これからも、どんな鳥が出現するのか要注意です!

| tommy | 2008/09/23 22:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/83-d98ac515

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。