「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征記録⑤ ~チドリ&クイナ+α編~

今日はチドリとクイナを中心にご報告。
とは言っても、種数はそんなにありません。

先ずはチドリから。
今回、普通種で見れたのは、コチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、ムナグロ、ダイゼン。
その中で写真を撮れたのは、コチドリ、メダイチドリ、ムナグロ。
080911コチドリ

080911メダイチドリ

080911ムナグロ
ダイゼンは数が少なく、シロチドリはどれも遠くて写真が撮れませんでした;
ちょっと珍し系ではハジロコチドリ。これまた遠くて写真に撮れませんでしたが・・・・

それと厳密にはチドリではないのですが、名前にチドリと付くのでついでに・・・ツバメチドリ。
車から近いところに、15羽の群れがいました。
080911ツバメチドリ
たまに飛び立っては、また舞い降りる個体もいます。
080911ツバメチドリ2
実は・・・・ツバメチドリはライファーだったりします^^;
沖縄では普通種とは言わないまでも、珍しい鳥でもないようです。

お次はクイナたち。
ヤンバルクイナは既に紹介してしまったので、それ以外で。
まずは・・・・もっとも多かったのはバン。
水田や池など、淡水の水辺ならばどこにでもと言ってもいいほどたくさんいます。
080911バン
ただ、親子連れを見たのはこの時だけ。
よくよく見ていて驚いたのは、ヒナの脚。
体は親の半分くらいなのに、脚の長さや大きさは親と同じなんですね・・・・・
ものすごくゴツい脚に見えます^^;

お次はシロハラクイナ。
080911シロハラクイナ
この鳥も、沖縄では結構頻繁に見ることができます。
九州の南部や沖縄以外では珍しい鳥です。

あと、見れたのはヒクイナ。
080911ヒクイナ
これまで、いつも見るときはチラ見ばかりでこんなにじっくり見れたのは初めて。
クイナの仲間は藪の中にいることが多く、なかなか姿を見れないので見れると嬉しくなります^^
しかも、飛ぶのがものすごく苦手なイメージが強いのですが・・・・こんなクイナでも渡り鳥。
あのたどたどしい飛び方で、海の上をどうやって渡っているのか、見てみたいといつも思います^^;

さて、題名に+αと書いたαですが・・・・
最終日、サトウキビ畑の横の畑地で「あ、ムナグロだ・・・・」と双眼鏡を覗くと、ムナグロの奥に走る小さな鳥。。
その鳥は・・・・
080911ミフウズラ
ミフウズラでした!! この個体は♀。
昨年、奄美大島で必至に探しまわってようやく見れた鳥なのですが・・・・こんなに簡単に見られるとは。
早朝と夕暮れに見やすいと知っていたのですが、時間は既に午前8時を過ぎています。
ですが、もしかするともっといるかも・・・・と思い近くを捜索。すると
080911ミフウズラ2
♂も見つかりました^^
さらにさらに・・・・・
080911ミフウズラ3
親子連れまで。。
この朝だけで、結局10羽前後のミフウズラを見ることができました。
この場所ではかなりの数が生息しているのでしょうか?
それとも単に運が良かっただけなのでしょうか・・・・??
じっくり見れた上、写真まで撮れるとは思っても見ませんでした。。
なんだか、今回の旅は本当に幸運続きだった気がします^^;

| 遠征記録 | 21:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ツバメチドリは飛んでいると翼が細長くてカッコイイのですね。
ツバメとチドリを一緒にしたような鳥らしいですね。
クイナはバン以外は見たことがありません。 バンは嘴の色が綺麗ですよね。
幼鳥の足、長いんですか?
道内ではシロハラクイナは迷鳥でヒクイナも珍鳥ですよね。
特にシロハラ、綺麗なクイナですよね。 クイナの飛ぶ姿ってどんなでしょうね~。

+αがまた凄い!! やっぱり運が良過ぎますね。
ミフウズラ、キジ目ではなくツル目、見かけはウズラなのにね。
一妻多夫制で♂が子育て、と面白い鳥です。 親子連れ、微笑ましいですね~。
見たい鳥がいっぱいです(^^

| nivalis | 2008/09/12 18:49 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/09/12 19:04 | |

>nivalisさん。
道内ではシロハラクイナもヒクイナも迷鳥・珍鳥なんですね。。

ミフウズラは本当に不思議な鳥です。
タマシギ同様、どうしてこのような習性になったのかを知りたいものです。
「雄が子育て」でハッとしたのですが・・・・・・
そして私、♂と♀を逆に書いていましたねw
本文を訂正しておきます^^;

| tommy | 2008/09/15 19:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/79-9e37ebfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。