「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雌阿寒岳山頂~阿寒富士~5合目(樹林帯手前)

雌阿寒岳から阿寒富士へと歩き始めると、阿寒富士をバックに青沼が見えてきます。
080728青沼
阿寒富士の山頂が見えそうで見えません^^;
青沼は本当に青いですね。
赤沼はあんなに鉄っぽい赤だったのに・・・・
ほとんど距離はないのに、どうしてこんなに色が違うのでしょうか。

メアカンフスマやメアカンキンバイが咲き乱れる道沿いをゆっくり下っていきます。
ヒメイワタデもこの辺りから数が増えてきます。
080728ヒメイワタデ蕾
白い花の蕾は、赤っぽいことが多いのは気のせいでしょうか?
どうしてこんな赤いんですかねぇ?^^;

阿寒富士へと登山道との分岐点では、コマクサが登場です^^
080728コマクサ
以前から名前をよく聞いたことがあったのですが、見たことがなかった花なので、見られてよかったです^^

雌阿寒岳に登るまでの登山道沿いにあったコケモモはほとんど実になっていましたが、ここではまだまだ花がたくさん咲いています。
080728コケモモ
やっぱり、ほんのりなピンクがいいですね♪

阿寒富士の登り口で、上を見上げるとこんな感じ。。
080728阿寒富士
・・・・山頂が霧で見えないんですけど^^;
礫質の不安定な土砂が堆積しているところに登山道がある感じです。
かなり必死に登りました(汗
途中は花も少なく、30分強で山頂に到着。
080728阿寒富士山頂
さすがにバテバテでした^^;
山頂では、予想通り霧で景色はほとんど見えませんでしたが、イワギキョウやメアカンキンバイが咲いています。
080728イワギキョウ
イワギキョウって、登山道沿いには少なくても山頂には多い気がするのは気のせいでしょうか?

山頂でしばらく休憩した後、阿寒富士を後にします。
登りが辛かった分、下りは一気に滑るように下っていきます。
僅か15分程度で登り口に到着。
そこからしばらくは、平坦な道を花を見ながら下ります。
シラタマノキ。
080728シラタマノキ

谷沿いには、イワブクロやメアカンキンバイが競うように咲いています。
080728谷沿い

コマクサもあちこちに見られました。
080728コマクサ2
花の形が複雑ですが・・・・「花の形が馬の顔に似ているから」「駒」草というのは本当なんでしょうか?

と、のんびり歩いているうちに、ハイマツの藪の中に入るところまで降りてきました。
オンネトーコースでは、ここで5~6合目だったでしょうか??
よく覚えていないのですが^^;

| 植物 | 21:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

赤沼と青沼、確かに近いのにあの色の違いは何でしょうね?
何の成分によるものなのでしょう?

イワギキョウが綺麗ですね~☆ 上品な青紫色に整った形が素敵です!
このお花がたくさん咲いているなら、30分頑張って登ってもいいですね。
でも、山頂の看板、もうちょっと何とかしてほしいです。

ヒメイワタデの蕾って赤なのですね! 白いお花なので驚きました。
シラタマノキやコケモモの様な、コロコロ系のツツジはやっぱり可愛いですよね♪
コマクサは馬の顔からきてるみたいです。
それがホントなら、女王様は馬面ってことになりますね(^o^)

| nivalis | 2008/07/29 17:13 | URL |

>nivalisさん。
イワギキョウはやっぱり綺麗ですね^^
いつ見ても嬉しくなります。
山頂の看板は、私も同感ですw
私の後に来たツアーの人が触っただけで倒れそうになっていました^^;
コマクサはやっぱり馬の顔なんですか・・・・
高山植物の女王は馬面・・・・・何だか幻滅な気がしますが^^;
馬面でもやっぱり綺麗な花ですよねw

| tommy | 2008/07/30 19:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/62-9967bcbb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。