「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

摩周岳②。

湖の反対側の景色が良くなった辺りから、ナガボノシロワレモコウの花も見られるようになります。
080725ナガボノシロワレモコウ
見た当初は「○○トラノオ」の様な名前だと思っていたのですが、見当はずれの「ワレモコウ」^^;
うーん、素人目に見た花の感じで名前を考えちゃダメですね--;

また、ピンクで目立つ、変わった形の花を咲かせているのはシオガマギク(?)。
080725シオガマギク
何だか、花の構造がどうなってるのかよく分からないです^^;
しかも、「キク」と付くのにゴマノハグサ科・・・・・・
覚えられない自信がありますw

花を見ていたのですが、草原でもツツドリの声が聞こえてきます。
080725ツツドリ
立ち枯れした木にとまって「ポポ、ポポ・・・・」と鳴いていました。
これくらい目立つ場所に出てきてくれると観察しやすくていいですね^^

草原を抜け、山頂近くの樹林帯に入ります。
ジュウイチの声なんかは聞こえてくるのですが、見えそうにないので、ここも花に専念。
まず、「変わった花だなぁ」なんて言いながら見ていたのはハナヒリノキ。
080725ハナヒリノキ
たくさんあるのですが、花の色がこんな色なので、うっかりすると見落としそうです。

林床に目をやると・・・・そこには数株のコバノイチヤクソウが咲いていました。
080725コバノイチヤクソウ
白にピンクの色合いがかわいい花ですね。

コメツツジも小さな白い花をつけていました。
080725コメツツジ
透き通るような白い花に長い雄しべ、赤色の葯の色のバランスが絶妙です。

これはカラマツソウの仲間でいいんでしょうか?
080725カラマツソウ
葉を撮らなかったので、よく分からないです・・・・・

山頂の手前300mほどはかなり急な坂。
ゆっくり7kmを歩いた身体に堪えます^^;
山頂に到着すると、岩場らしく「イワ」と名が付く花が目に付きます。
イワブクロに・・・・
080725イワブクロ

イワキンバイ。
080725イワキンバイ

イワギキョウ。
080725イワギキョウ

さらに、エゾツツジのつぼみも見られました。
080725エゾツツジ

景色ですが・・・・・・・
080725摩周岳山頂
予想通りの白い世界^^;
さすがは霧の摩周湖ですね。

それでも帰り道の途中、湖側でもちょっと青空が顔を出して、湖面も姿を現して・・・・
080725摩周湖
湖と青空にサンドイッチ状態な霧^^;
不思議な風景です。
それでも、少しだけでも湖が見れてよかったです^^

摩周岳は往復14km強。
疲れて降りてきて、翌日雌阿寒に上れるか非常に心配でしたが・・・・・無事に登頂してきました。

| 植物 | 23:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

往復14km強で色々なお花が楽しめそうですね。
知らないお花もたくさんあるので参考になります。
頂上の4枚はまるでしつらえたように色とりどり! カラフルで綺麗ですね☆
コバノイチヤクソウ、可愛い♪ 花の形と付き方が何とも言えません。
コメツツジは透けるような白に赤い葯がとても綺麗ですね!

ツツドリも出てきてくれて良かった。
頂上の霧の向こうには絶景が広がっていたのでしょうか。 残念ですね。
でも、最後の一枚のような不思議な風景もいいな~。

| nivalis | 2008/07/26 16:57 | URL |

>nivalisさん。
私も知らない花ばかりでした^^;
季節が変わる度、新しい場所に行く度に植物(というより花^^;)の名前を覚えられますね♪
今週は家の窓の外を見ると快晴なのに、引越の準備でどこにも出かけられないのがひどくストレスです・・・・
あぁ、今すぐにでもどこかに出かけたい;

| tommy | 2008/07/27 15:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/60-ddda1633

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。