「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

羅臼岳②(オホーツク展望台~大沢口)。

オホーツク展望台を過ぎ、しばらくは緩勾配の登山道が続きます。
あちこちに林間ギャップが見られる比較的明るい林内には・・・・・・
080710ツマトリソウ
ツマトリソウがたくさん咲いていました^^
気のせいかもしれませんが、花弁がふんわりと丸い花が多かった気がします。
地域によって違うのか、環境によって違うのか分からないですが・・・

一瞬、コヨウラクツツジと思って見た花は
080710オオバスノキ
オオバスノキ?でした。
隣には、コヨウラクツツジも咲いていたのですが・・・・撮り忘れ^^;
比べてみると、違いがよく分かります。

また、こんな花も見ることができました。
080710ミヤマハンショウヅル
ちょっと色が濃いですが、ミヤマハンショウヅルでいいんでしょうか?
この手の花を見たことがなかったのですが、、、綺麗と言うよりは不思議な感じの花ですねw
多数の雄しべが集まってもっさりとしていて・・・・ちょっと不気味な感じすらします^^;

ちょっと暗く、湿った感じ林床では、小さくとも存在感のある綺麗なタニギキョウが咲いています。
080710タニギキョウ
ひっそりと咲く雰囲気がいいですね♪
どうやら色鮮やかな花よりも、タニギキョウの様に繊細でシンプルな花の方が、私の好みのようです^^;

他には、ミヤマアカバナ?
ミヤマアカバナ
アカバナ科の植物は、葉も細長く、先の割れた花弁が4枚付いた小さな花を咲かせるものが多くて、どうも見分けが難しいです。
それでも、調べて同定しなきゃですよね^^;

大沢に近づき、沢沿いの日の当たる場所にはウコンウツギが満開です。
080710ウコンウツギ
昨年、利尻に行ったときにも満開だったのを思い出しました。
クリーム色の特徴的な大きな花。

と、ここで登山道は森林を抜けて沢沿いの道へ。
ここからは高山植物が咲き誇ります。

| 植物 | 19:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

だんだん亜高山の花が増えてきましたね~。
高山礫地はすぐそこでしょうか。
いやあ楽しみです。

花の名前はどれも合っていますよ~。
アカバナは難しいですよね。私もたまに投げることがあります。
ミヤマアカバナは生え方や葉が特徴的なのでわかりやすいのではないでしょうか。

| kim | 2008/07/10 21:52 | URL | ≫ EDIT

>kimさん。
花の名前、合ってて良かった^^;
アカバナは本当、難しいです・・・・
どれも同じような姿をしていて--;
これからも分からない花があるかと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m

| tommy | 2008/07/11 17:49 | URL |

ツマトリソウ、確かに花弁が丸いですね。
尖った感じのものより可愛く見えますね。
花初心者と言いながら、tommyさん、よくお分かりですね。
鳥の識別能力の高い人は、どうやら他の分野でも同じ事が言えるようですね。
ウコンウツギとツマトリソウ以外は初めて見るお花ですし、私に分かるのは、お花と写真が
綺麗だということだけです。
オオバスノキ、愛らしい赤が緑に映えて、とても綺麗ですね☆
ミヤマアカバナも可愛いお花ですね~♪

| nivalis | 2008/07/12 17:42 | URL |

>nivalisさん。
やっぱり、ツマトリは丸いですよね^^;
確かにこっちの方がかわいく見えるんですが、私はキリッとした方が好みかも・・・w

私も現地ではとりあえず写真に撮っておいて、家に帰って同定ということがほとんどなので、現地では何の花か分からないのが日常です^^;
それでも、現地で分かるようになると嬉しくて^^
少しずつでも、覚えていこうと思います。

| tommy | 2008/07/13 16:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/52-92a7d46f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT