「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6/28~29報告。

この週末に行ってきた羅臼岳の報告を!と言いたいところですが・・・・・

今日は先週報告できなかった6月最終週の活動報告をば^^;


帯広から帰った翌27日。

地元から知り合いの方が2人で来るということだったので、一緒に鳥見をさせて頂きました。

場所は苫小牧~静内辺り。

狙いはキツツキ類(ヤマゲラ・クマゲラ)とセンニュウ類(エゾ・シマ・マキノ)です。


まずはキツツキ狙いで苫小牧演習林へ。

いつも出迎えてくれる手乗りのカラ類達は姿を現しませんでしたが、芝生に目をやるとクロツグミが歩いています。

080708クロツグミ
いつも写真を撮る前に逃げられていた鳥。

遠かったですが、シャッターを切れてよかった。

さてキツツキを探して歩き回るのですが、それっぽい声は一つも聞こえてきません。

と、木の穴に入っていく小鳥が。

080708ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメです。

どうやらこの穴で繁殖している様子。

大きな葉をくわえていますが、これも巣の中に敷くのでしょうか??


結局、苫小牧演習林ではキツツキは見れませんでした;

さらに支笏湖の湖畔も探しに行ったのですが、、、、、こちらもハズレ。

木曜と金曜で鳥運を使い果たしたのかも・・・・と思いつつ、勇払へ移動してセンニュウを狙います。


勇払に着くと、まずコヨシキリやシマセンニュウのさえずりが耳に入ります。

シマセンニュウはあまり姿を現してくれませんが、たまにさえずり飛翔をしたりするのを見ることができました。

これでようやく目的を1つ達成^^;


エゾセンニュウとマキノセンニュウは、声が聞こえてくるのですが、姿を見せてくれません。

080708オオジシギ


オオジシギはディスプレイ・フライトだけでなく、草むらでぼーっと佇んでいる姿をじっくり見ることができましたが^^;

と、28日の成果はシマセンのみ。29日に望みを託します。


29日は運の要素が強いキツツキ類を後回しにし、早朝のいい時間を使い、マキノセンニュウ狙いで鵡川へ。

あちらこちらから聞こえてくるオオジュリン、シマセンニュウ、コヨシキリのさえずり。

080708コヨシキリ



人口干潟には、ダイサギとコサギの姿がありました。

コサギは先週と同じ個体だと思うのですが。

080708ダイサギ&コサギ


こうして並んでいるのを見ると、大きさが全然違うのがよく分かります。


さて、目的のマキノセンニュウはというと。

人口干潟の近くを歩いていると、「チリリリリリリリリリ・・・・・・」と、マキノセンニュウの囀り。

高い声で距離感がつかみづらいのですが、たまに聞こえる声のを頼りにゆっくりと近づいて行きます。

ある程度歩いた場所で立ち止まってじっくり探すのですが、、、頼りの声すら聞こえなくなってしまいました;

30分くらい待ったでしょうか。7時を過ぎ、帰ろうとしたまさにその時。

すぐ近くで「チリリリリリリリ・・・・・」という声が!!!!

慌てて周りを見回すと、見やすいところに鳥影!

080708マキノセンニュウ


マキノセンニュウです!

私自身、見るのはこれが2回目。

声を聞くだけのことが多い鳥なので、たまに見られると嬉しいものです。

これで目標は2種目。


次はエゾセンニュウを探そうということになったのですが・・・・・

声は聞こえど見ることができないこの鳥。 私も見たことがありません^^;

厚真の国道脇の道路沿いを、車の窓を全開にしてのんびり走行。

すると、すぐ横で「ジョッピンカケタカ」の声。

必死に探し(藪の中を凝視し)ます。。。

080708エゾセンニュウ


見れた!!!(-□-;

まさか見れるとは思っていなかったのですが・・・・

藪の中を動き回っているので、30分ほど粘ってこんな枝被り&ピンボケ写真が1枚撮れただけ^^;

それでも、これでセンニュウ3種は達成。

センニュウ類はなかなか姿を見るのが難しいだけに、運が良かったとしか言いようがないです。。


これでキツツキに専念できると思い、前日同様、支笏湖方面に車を走らせます。

ヤマゲラを見た、と言う情報はあるもののなかなか姿を見ることはできず・・・・・

クマゲラの声すらも聞くことができず、ただただ時間が過ぎていきます。。

見つけたのは

080708ヤブサメ巣立ち雛


ヤブサメの巣立ち雛です。

動物でも鳥でも、子供ってかわいいですね。

「シリリ、シリリ」と鳴きながら数羽が笹藪の中をウロウロしていました。


その後、千歳の青葉公園等にも行ってみたのですが特段の成果はなく・・・・

キツツキ類は次回に北海道に来ていただいた際の宿題となりました^^;

それでも、石川ではなかなかお目にかかることが難しいセンニュウ類3種を見て頂けて本当に良かったです。

AさんにSさん、2日間ありがとうございました。


古い報告を片付けようと無理に2日分詰め込んだら、長い記事になってしまいました^^;

次こそは、羅臼岳の報告です^^


FN(6/28~29 苫小牧演習林~支笏湖畔~鵡川~勇払原野)

マガモ、スズガモ、クロガモ、カワアイサ、オオセグロカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、オオジシギ、チュウヒ、トビ、キジ(c),キジバト、アオバト、カッコウ、ツツドリ(c)、アリスイ、ハリオアマツバメ、アカゲラ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ショウドウツバメ、ハクセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ノゴマ、コルリ(c)、ノビタキ、アカハラ、クロツグミ、ウグイス、ヤブサメ、キクイタダキ(c)、シマセンニュウ、マキノセンニュウ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、キビタキ、オオルリ(c),ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、メジロ、ホオアカ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、ベニマシコ(c)、イカル(c)、ニュウナイスズメ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ミヤマカケス、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計62種

| 野鳥 | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「マキノセンニュウだぁ~!」思わず叫んでしまいました。
私にとっては珍鳥です。
「チリリリ・・・」あの囀りがいいんですよね。 でも、姿は見えない。
エゾセンニュウも図鑑でしか見られない鳥と思っていました。
以前、何とか姿を見ようと粘ってみたことがありますが、やはり駄目でした。
見るのも大変な鳥なのに、写真に撮るなんて凄いです!
おまけにヤブサメですか! しかも幼鳥!!(かなりの興奮状態)
すごいお宝画像ですね。 あどけない顔が可愛いですね♪

ダイサギとコサギ、こんなに差があるとは思いませんでした! 驚きです!

| nivalis | 2008/07/10 18:17 | URL |

>nivalisさん。
マキセンは昨年、1度狙って見に行った際に間近でじっくり観察できたので簡単に見れるものと思っていたのですが・・・・
今回で、見るのが難しいことをしっかり認識させられました^^;
昨年はよほど運が良かったのですね。

エゾセンは、比較的混み具合のひどくない藪の中で声がしたので・・・・それでもたまにシルエットが見られる程度。
センニュウはどれも、じっくり見るのは難しいですね。

ヤブサメもセンニュウ同様、なかなか顔を出してくれない鳥。
幼鳥を見たことがなかったので、嬉しかったです^^

| tommy | 2008/07/10 19:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/50-e4707bd1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。