「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

利尻の花々③

利尻の花は、今日で最後。
「リシリ」と冠する花が多いので、最後は豪華で良いですね~^^

まずは・・・ヤマハナソウ。
100810ヤマハナソウ

はじめ、チシマイワブキかと思ってぬか喜びしたのですが・・・
花の付き方も、葉の形も全然違いますよね--;
ヤマハナソウはたくさん咲いているのを見ることができました。


ここからは「リシリ」の名が付く花たち。

リシリオウギです。

100810リシリオウギ

この花のように、萼が緑色っぽい花もあれば・・・

赤っぽい花も。

100810リシリオウギ2

生育環境で、色が異なってくるのでしょうか??


お次は、リシリゲンゲ。

100810リシリゲンゲ

下向きにぶら下がるようにして花をつけるリシリオウギとは反対に、上向きに花を咲かせる姿が印象的です。
にしても、この株はやけに色が白い株でした・・・
もう少しクリーム色っぽいイメージだったのですが。
リシリオウギはあちこちで見られましたが、ゲンゲはこの1株しか見つけられませんでした;


こちらは、登山道から見下ろす崩壊地の下の方に見えていたリシリヒナゲシ。

100810リシリヒナゲシ

登山道上に咲いている株は、野生の株ではないと言われていますが、さすがにこの崖の様な崩落地に咲いているのは、自生しているものだと信じたいです・・・
ピンクテープは、保護している方々がつけた目印なのでしょうか。
よくあの崖を降りたものです・・・


最後は、リシリリンドウ。

100810リシリリンドウ

昨年、大雪でも見たのですが、やはり「リシリ」と名が付くだけに、利尻島で見られて良かったです。


利尻山に登るのは2回目でしたが、花を見るにも、登るにも素晴らしい山だと再認識させられました。
今度登るときはもう少し早い時期に、時間的に余裕のあるスケジュールで登りたいものです。

いつか必ず・・・また登りに来ようと思います。

| 植物 | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤマハナソウ、素敵~♪
クモマユキノシタに似ている可愛いお花、不思議な花序e-266
いいですね、このお花! 見ていて飽きません。
さすが、ユキノシタ科のお花は特にお上手ですv-218
チシマイワブキはユキノシタの中でもちょっと変わっていますね。

リシリオウギ、クリーム色のマメ科のお花、綺麗e-267
面白いお花の付き方ですね。 ぶら下がって咲いているのが可愛いです♪
ガクが緑っぽいものや赤っぽいものがあるのですね(@_@)
どんな要因でこうなるのか不思議ですが、写真はどちらも素敵です☆

赤い方は背景にも赤やピンクのお花が入ってとても綺麗e-420
ボカし方もちょうど良いですね♪

同じマメ科のお花でも、こんなに違うリシリゲンゲ、貴重なお花なのですね~。
こちらは上向きに咲くのですね。
図鑑で見るとクリームっぽい色ですが、白色も綺麗ですv-352
なんと言っても撮り方が素敵ですしね♪

そして、出た~! リシリヒナゲシ! 見たいと思っていました。
丸い花弁の可愛いお花ですよね♪
崩壊地の下の方、凄い所に生えていますね! 保護するのも大変(@_@)

8月2日の道新(夕)に「リシリヒナゲシが富良野岳に持ち込まれた」という記事が載っていました。
何の為にそんな事をするのでしょうね。 自分が見る為に植えたのでしょうか。
他の山でも、あるはずのない高山植物の“持ち込み”が行なわれているらしく、本当に困ったものです。

最後に美しいこのお花を見て心を落ち着けましょう。
リシリリンドウ、綺麗ですねe-420
光沢のある深い青紫色、素敵な形、魅了されます(*^_^*)
リンドウってほんとに良いですよね♪

利尻のお花たち、素晴らしかったですv-352
この山はゆっくりと時間をかけて登りたいですね。

| nivalis | 2010/08/13 00:29 | URL |

>nivalisさん
ヤマハナソウ、登山道脇にいくつも咲いていて綺麗でした!
この花の感じ、フキユキノシタとも似ていて、まさにユキノシタ科の花の感じですよね。
図鑑だと、クモマユキノシタには「ヒメヤマハナソウ」なんて別名もあるんですね@@;

リシリオウギは、昨年の大平山で見たタイツリオウギを小さくした感じでした^^;
萼の色が緑から赤まで色々・・・
やはり、日光の良く当たるところは赤くなる、とかあるのでしょうか。
萼の赤い花の背景は(写真では判別不能ですが)エゾツツジとミヤマアズマギクです。
どちらもちょっと遅めでしたが、まだ花を楽しめましたよ^^

リシリゲンゲは(急いで登りながら)探したつもりでしたが・・・
この株は休憩した場所で見つけたので、じっくり探せば意外と他にもあったのかもしれません。
今度は典型的なクリーム色の花も見たいですね~♪

リシリヒナゲシ、野生と思われるのはここしか見つけられませんでした。
望遠レンズを持って登っていれば、もう少しマシに撮れたのですが・・・^^;
富良野岳に持ち込みですか。
本当、何のために持ち込むのか理解に苦しみます。
本来の生息環境以外の場所に持ち込むことがどういう影響をもたらすのか、じっくり考えて欲しいですね。

リシリリンドウ、やっぱり青紫系の花の色は写真で撮って伝えるのが難しいです。
どうやら、デジカメの苦手分野の色なんですね。
現地で目で見るのがやはり一番なのかもしれません^^;
花姿といい、リンドウの花はやっぱり綺麗ですね!

次に登るとしたら・・・7月上旬!
ご来光付きで、じっくり1泊で行くのも楽しそうですね♪

| Tommy | 2010/08/14 10:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/475-e50a3646

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。