「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白襟①

天売の船ではこんな出会いもありました。

近くに着水してくれたのは
100613シロエリオオハム1
シロエリオオハムの夏羽です。

しばしの間、近くの海上に浮かんでいて・・・
100613シロエリオオハム2

飛び立ちまで見せてくれました!
100613シロエリオオハム3

美しいシロエリオオハムの夏羽。
いつかじっくり見たいと思っていたので、嬉しかったです。

しかし、この後まさかあんなことになるとは・・・
この時は思ってもみませんでした・・・



調べてみると、どうやらシロエリオオハムではなく、オオハム夏羽の様なので・・・訂正しておきます^^;

| 野鳥 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

赤襟の次は白襟、面白いですね(^^)

うわぁ~、青い海にあの岩場、天売島という感じですね♪
そこに浮かぶシロエリオオハム、素敵ですe-420

夏羽、羨ましいです。 背中の四角い白斑が綺麗~☆
飛び立ちまで見せてくれていい子ですね♪
水面を蹴って飛び立つ姿、美しいなぁ~e-267

あんなことって何でしょう? ①ということは次もあるのね♪

| nivalis | 2010/06/15 19:11 | URL |

>nivalisさん
次は黒襟といいたいところですが・・・
もちろん、そんなことはありませんのでご安心を^^;

夏羽のアビ類はなんだか不思議な美しさがありますね。
首の細い縦縞とか・・・縦斑のある鳥は多いですが、これだけくっきりした縞模様の鳥も少ないですよね。

お察しの通り、次もあります。。

| Tommy | 2010/06/16 23:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/436-b10cf3e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT