「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

筒鳥

5/9の夕方。
ムギマキをじっくり見た後、公園で出会った人に、ツツドリが見れたという話を聞いたので・・・
一応、その場所に立ち寄ってみました。

すると・・・
100520ツツドリ1
数時間前に見たという話だったのですが、まだいました^^;
低めの枝でじーっとしていました。
のびをしたかと思うと

喉を膨らませて・・・
100520ツツドリ2
「ポポ・・・ポポ・・・」と鳴き始めます。

しばらく観察していると、近くの芝生に・・・
100520ツツドリ4
ミミズをついばんで食べてました^^;
ツツドリもミミズ食べるんですね@@;

ミミズを食べたら、さすがにもう飛んで行ってしまうと思いきや・・・
またすぐ近くの低い枝に(汗
100520ツツドリ6
この写真も次の写真もノートリという近さ。

こんな距離でじっくり観察したことがなかったので・・・
100520ツツドリ5
嬉しかったです^^

近くで撮れたので、今日も図鑑っぽく拡大写真を・・・
100520ツツドリ3

ムギマキにツツドリに、なかなか見られない鳥をじっくり観察できて満足な公園でした♪

| 野鳥 | 22:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わぁ~ムギマキ♪ツツドリ♪

やっと少し絡めるレベルになりました。(笑
私達も、この公園でツツドリを初めてじっくり見ました~。
(と言うか、それっきりだけど^^;)
あの声、近くで聞くとお腹に響くような音量でした!
うわぁ~芝生にまで下りてきたのですね~。
そしてムギマキ♪
こちらもこの公園で、鳥見を始めて間もない頃、訳もわからず若鳥を。
成鳥は去年、苫小牧で初めて。でも妻はスミレ探しで忙しく、よく見ておらず。
Tommyさんのとこで綺麗なムギちゃんがいっぱい見られて嬉しいです♪

う~ん、でも行けばよかった!
(この日はカメラのお勉強も兼ねて苫小牧森林。ヒナ三昧だったけど、ロクな写真は撮れず~^^;)
Tommyさんはトラブルもラッキー運に変えてしまうのですね!
凄い!今度、トラブルがあった時は連絡を・・・・・駆けつけますっ!(笑

| aki | 2010/05/22 09:28 | URL |

ツツドリ、綺麗☆

うわぁ~、なんて美しいツツドリ!e-267 驚きです!!

枝の上で尾羽を広げて、後ろには青い空、素敵ですね~e-420

「ポポ・・ポポ・・」喉を膨らませて可愛い♪
ミミズを啄むツツドリ、なかなか見られない光景ですね!
緑の芝生の上のツツドリも綺麗ですv-352

ノートリ、凄いですね!!
すんごい綺麗です☆☆ ちょうど絵になる素敵な枝に止まってくれました♪
食事の後でリラックスしている様子(^o^)

拡大すると圧巻ですね!! 羽の一枚一枚が美しいv-352
それに、よく見ると可愛い顔してます。
キラリと光る紅褐色の目と、黄色いアイリングがくっきりで綺麗ですe-267

ツツドリはあまりじっくり見たことがありません。
そんなに愛想が良いのなら、私の時も出てきて下さい、ツツドリさん。

| nivalis | 2010/05/24 19:05 | URL |

>akiさん
akiさん、ツツドリもムギマキもこの公園で見られているとは・・・
やはり何だか不思議な縁がありますね(汗

ツツドリのあの声は響きますよねー
木の上で虫を捕らえて生活しているものだと思い込んでいたので、地面に下りて餌をついばむ姿には驚きでしたが・・・

ムギマキは毎年、少数が道内各地で観察されていますが・・・
毎年、どの場所でも複数個体が確認されることは少ないでしょうね。
そして、数日で抜けることがほとんどのハズ。
そう思うと、こうやってじっくり見られると嬉しくなりますね♪

ヒナ三昧も羨ましいです><
見たいと思いながら、実はまだ見たことのない花だったり。。
室蘭行きを逃してしまったのが痛かったです;
またの機会に・・・

トラブルが転じて幸運に・・・^^;
できれば、トラブル無しで幸運でありたいモノです(笑

| Tommy | 2010/05/25 21:19 | URL | ≫ EDIT

>nivalisさん
ツツドリの美しい姿、堪能させていただきました^^

尾羽を広げたり、喉を膨らませて鳴いてくれたりと愛想のいい子で・・・
芝生に下りてミミズは食べるし。

食後は枝にもたれかかるようにとまって、ぼーっとしてました^^;
にしても、こんな警戒心で大丈夫なのでしょうか??

光彩の色も特徴と言われますが・・・
普段、あの距離で見ている限りは判別に使えません(汗
コレだけじっくり見られるとバッチリわかりますね。
そして、アイリングがある鳥は可愛く見えますね~♪

遠くの木で囀っているのを見つけることが多い鳥なだけに、これだけ低い木の枝にいるのをじっくり見られて幸運でした!

nivalisさんと出会う時もじっくり見られますように・・・><b

| Tommy | 2010/05/25 21:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/426-7717a1e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。