「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GWの天売島⑨ -ニシイワツバメ-

長かったGWの天売シリーズも今日がようやく最終回。

5月2日。
午前の船に乗って島に到着したkuraさんが、探鳥開始3分で見つけた鳥。
それは・・・ニシイワツバメでした。
100518ニシイワツバメ1
と言っても、この写真では、肝心の腰の白色部が見えていません^^;
下面の白さは分かると思いますが・・・

漁港をバックに。
100518ニシイワツバメ2
腰の白色部が、上尾筒と下背にまで広がっているのが分かります。
普通のイワツバメの2倍くらいの広さに感じます。

イロワケイルカを彷彿とさせる姿・・・(私だけ?^^;
100518ニシイワツバメ3
背中が青みがかっているのも特徴です。

ちなみに私は・・・1日の夕方に
「なんだか腰が白いイワツバメだな~」
と思って見過ごしていたのでした・・・
ニシイワツバメという鳥の名前は聞いたことがあったものの、その特徴を知らなかったせいで、私はそれと認識して見ずに過ごしてしまいそうだったところを・・・
即座に気付くkuraさん、さすがです><b
100518ニシイワツバメ4
kuraさんがいなければ、この鳥はライファーになっていなかったのでしょうね^^;

しかし、飛びモノ撮影が苦手な私にとって、ニシイワツバメは非常に手強い相手でした;
AFはとても追いつきそうもないので・・・普段は使わないMF撮影。
当然、ピンがまともに合うはずがありません。
特に、近距離だともう・・・ボケボケ。。
kuraさん、普段から良くMFで撮ってるなぁ・・・と改めて感服しました。
私は、慣れないMF&苦手な飛びモノ撮影だったせいで、ピンが合った背面の写真はこれ1枚。
100518ニシイワツバメ5
他の写真はどれも縮小&シャープネスでごまかしです^^;

ニシイワツバメ。
なかなか出会うことの出来ない可愛いイワツバメに、大満足でした^^
kuraさん、本当にありがとうございました^^v


ニシイワツバメについての詳細は、kuraさんの記事をどうぞ^^b

| 野鳥 | 22:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

天売レポート,わくわくして見せていただきました。
そういえば,海岸でハクセキレイをいっぱい見ました。
サンショウクイだったのかも・・・。

いやー,tommyさん,実にたくさん観察されておられる。
私たち夫婦はその半分くらいでした。
tommyさんや kuraさんの造詣の深さや経験の賜であるのは
もちろんですが,レポートを見せていただいて確信したのは,
「やっぱ,足でかせがないとだめだねー」ということです。
来年も絶対行きますよー。来年は「歩きます!!」

| ジントニック | 2010/05/19 08:10 | URL | ≫ EDIT

凄い!!!

天売レポ、興味深く見させてもらってました~!
が、しかし・・・・・我が家にとってはハイレベル過ぎて聞いた事ないような鳥も多々(特に前半。^^;)
あっ、エゾビタキの地味可愛い♪には反応しましたよ。(笑
とにかく天売というのは、すんごい島なのですね!
でもkimさんも言っていましたが、ここはやっぱり詳しくないと面白さ半減とか。
いつかいつか修行を積んで行ってみたいものです~!
それまでは、Tommyさんとこでお勉強しておきます!

P.S トップ画像は天売でしょうか?凄い大群!圧巻ですね~!

| aki | 2010/05/19 10:24 | URL |

>ジントニックさん
海岸でハクセキレイ・・・
ハクセキレイもたくさんいましたが、縦止まりの変な子はいませんでしたか?^^;

あれだけ狭い島、そして相手は小鳥となると・・・
やっぱり歩くのが一番です。
大きな鳥だと、ブラインド代わりになる車の方が、むしろ良いのかも知れませんが。
とにかく歩いて、小鳥を1羽1羽チェック。
島ではこれが一番な気がします。

来年と言わず、今月か来月のうちにもう一度行かれては・・・??
今からの時期は海鳥も面白いので、小鳥が見られなくても十分に楽しめると思いますよ!
特に、島の周囲のケイマフリは可愛さ満点です^^b

| Tommy | 2010/05/19 21:35 | URL | ≫ EDIT

>akiさん
天売は確かに、地味な珍鳥の小鳥の宝庫。
地味可愛い鳥たちがたくさんいます(笑
しかし、判別が難しいことが多いので、ある程度の知識がないと、この時期に行くのは面白さが半減かもしれません。
・・・それでも十分に面白いという噂もありますが^^;

これから6月になると、海鳥たちが繁殖にやってきて・・・
ケイマフリやウミガラス、ウミスズメにウトウと言った鳥たちを間近で見るチャンスです。
小鳥が分からなくとも、それらの海鳥たちに会うだけでも十分に楽しい島だと思いますよ!
機会があれば是非一度訪れて見て下さい^^b

トップの画像は天売ではありません。。
先週末、友人の車に乗って行って見てきました^^;

| Tommy | 2010/05/19 21:40 | URL | ≫ EDIT

トップのハシボソミズナギドリ、圧巻ですね~~!! 感動します。
壮大で美しい!v-352v-352 憧れの光景です。

ニシイワツバメ、コロンとした体型が可愛いツバメですよね♪
すっかりファンになってしまいました。

イロワケイルカを検索してみて、なるほどと思いました。
イロワケを知らなかった私は最初シャチを連想しました(^^;)

下面の白が綺麗ですね☆ 腰の白色部が広く、尾の切れ込みが深いです。
青空に飛翔、綺麗~~e-267
漁港をバックにした一枚は、綺麗にボケた漁船がカラフルで良いですね☆

飛翔写真、素晴らしいですね!!
Tommyさん、飛び物が苦手なのですか? どうしてどうして、すごく綺麗ですよ。
最後の一枚なんて、ほんとにお見事ですv-424
そもそも、ツバメの飛翔をここまで撮れること自体が驚きなのに、普段は使わないMFでも撮れるのですから、「弘法筆を択ばず」でしょうか。

ちなみにMFは難しいでしょうね。
私は鳥はAFで撮るものと思っていましたが、kim君曰く、“MFでなければ上手く撮れない”のだそうで。 もうプロですよね。

kura君はとても飛び物がお上手で、鳥にも詳しくて、良い研究者でもあり、凄いお方です。

今回もニシイワツバメを見逃さずに済んで良かったです。
確かに、違いを頭に入れておかないと、ただのイワツバメだと思って、ろくに見ないかもしれません。
そうやって、見逃されている珍鳥もけっこう多いのではないかと思います。

ニシイワツバメ、見られて幸せでした♪ kura君とTommyさんに感謝です!

| nivalis | 2010/05/20 19:21 | URL |

>nivalisさん
ハシボソミズナギドリ、良かったですよ~^^
こんな大群に合ったのは、これで2回目。
運が良かったです♪

ニシイワツバメ、確かにイワツバメよりコロッとした印象もあるかもしれません^^;
これも腰の白が広いせいでしょうか。

イロワケイルカ、やっぱり似てますよね・・・(笑
昔、どこぞの水族館で見たのがとても印象深く、すぐにそれが頭に浮かびました。
シャチもそう言われると確かに@@;

いつも飛びモノが上手く撮れず・・・
やはり、kuraさんやkimさんの言うとおりAFの限界を感じてしまうのが飛びモノの写真です。
特に飛びモノで前後に動く被写体は、AFでは対応しきれません><;
飛びモノ上達のためにも、少しずつはMFも練習していこうと思います^^;
一日中、ぶんぶん飛び回るアマツバメをMFで追っかけてたら、少しは練習になるでしょうか(笑
本当、あの2人は・・・凄いです。。

今回のニシイワツバメに反省して、図鑑を2冊ばかり買い足しました・・・^^;
また少しずつ、勉強していこうと思います。

| Tommy | 2010/05/20 22:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/424-8abb7232

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。