「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第2回 海鳩祭。

岬でチシマウガラスと戯れること約1時間半。
来たときは霧で真っ白だった海ですが・・・
気が付けばすっかり霧が晴れています!

岬からプロミナで海鳥を見ていると、電話が・・・
「12時くらいから船を出せることになりそうですが・・・今どちらですか?」
半分、諦めていただけに喜びはひとしお。
ということで・・・乗船^^


残念ながら、3月と比べてウミスズメ類の数はかなり減っていました。
特に、小型のウミスズメは皆無。
エトロフやウミスズメ、コウミスズメも1羽も見られませんでした。

それでも、この鳥はいました。
100423ウミバト1
船長曰く「ハト」ことウミバト。
今回はすっかり夏羽の個体が多くなっていました。
真っ黒な体に白いパッチがとても目立ちます。

飛翔時には、気になっていた下面もチェック(上の写真と同じ個体です)。
100423ウミバト2
上面が真っ黒でも、下面は冬羽と変わらず白っぽいんですね。

この子は、上の2枚とは別個体。
100423ウミバト5
こちらもすっかり夏羽です。

ですが、全てが夏羽かというと・・・
100423ウミバト6
左の個体は換羽が進んではいるものの、まだかなりグレーっぽい色。
右の個体なんかはまだほとんど冬羽です。
個体によってかなり差があるんですね。

今回注目だったのは・・・まずこの子。
100423ウミバト8
白斑はうっすらと筋で見える程度。
これまで見ていたのが全て亜種アリューシャンウミバトで、こちらが亜種ウミバト、という整理でいいのでしょうか。
真っ黒だったので、初めは何かと思いましたが・・・

この子も現地でパッと見たときに何か分かりませんでした・・・
100423ウミバト3
体型は完全にケイマフリかウミバト。
しかし、目の回りは白くないし、羽に白斑もないし。。

うーん・・・と悩んでいると、飛翔。
100423ウミバト4
足が赤いので、ウミバトかケイマフリのどちらかであることは間違いなさそう。

ウミバトの白斑は全く無いこともある、と聞いたことがあるので、ウミバトだと整理したのですが・・・
ちょっと自信がありません。

100423ウミバト7
ウミバト1種だけ見ても、私のような海鳥の素人には奧が深いです・・・

にしても、無事に出航できて、本当に良かった~><


今週末はカメラ・レンズとともに私もお休み。
平日は時間が取れなさそうなので、週末のうちにまとめてタイマー投稿です^^;

| 野鳥 | 21:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ウミバトがこんなに見られるだけで乗る価値はありますね!
夏羽のバリエーション、参考になります。
特にケイマフリかウミバトかわからない個体が面白いです。
ウミバトだとは思いますが、私もわからないです。
ウミバトは観察経験がほとんどないので、色々な羽位を見てみたいです。

| kim | 2010/04/26 18:28 | URL | ≫ EDIT

亜種snowi?

チシマウってポチッとした黒目が可愛いですね♪
嘴峰と先端の黒がはっきり、下嘴は黄色っぽく見えて綺麗☆
・・・なんて、見惚れてる場合じゃない。

こちらも大変、2回目の海鳩祭!!(@_@)
結局、船は出たのですね!
Tommyさん、よほど日頃の行いが良いのですね。 今回は船酔いは大丈夫でしたか?

船長さんとも、もう仲良し? 変わったお兄ちゃんだと思われているでしょうね(^o^)
“ハト”(笑)、漁師さんはバードウォッチャーが目の色を変えるような鳥を、普通に見てたりするのでしょうね。

白いパッチが目立つ夏羽、綺麗ですe-267 飛翔も綺麗☆
翼下面は冬羽とあまり変わらないのですね。 換羽の状態も個体差があって面白いです。

白斑が筋状の子、これが“亜種snowi”なのでしょうか。
亜種kaiurka(アリューシャン)との違いは、雨覆の白色部だけでよいのか分かりません。
もしsnowiだったら感激です!

最後の子も驚きですね!!
白色部がまったくないウミバト? 翼下面も黒いですね。
こんな子もいるのですね~(@_@)

色々なタイプのウミバトがこんなに見られるなんて、本当にありがたいことです。
小型のウミスズメ類は残念でしたが、ウミバトだけでも十分贅沢ですね(^-^)

| nivalis | 2010/04/26 19:17 | URL |

>kimさん
ウミバトは2月の時はまだみんな真っ白な冬羽でしたが、3月以降だと夏羽も冬羽も見られて面白いですね!

ケイマフリかウミバトか分からない個体は・・・どうなのでしょう。
遠くの波間に見つけたときは、体色の感じから「ブトウミ?」なんて思ったのですが
近づくにつれ、よく分からない鳥に・・・・
結局、わからないのですが^^;

kimさんも機会があれば是非乗ってみて下さい!
私の倍ほどのウミバトを見つけるのではないかと期待してしまいます^^b

| Tommy | 2010/04/26 22:57 | URL | ≫ EDIT

>nivalisさん
チシマウは赤い顔に黒目が可愛く見えてきますよね~^^
なんだかとぼけたような顔・・・愛着が沸いてきます。

ウミバトは相変わらずでした。
ここの海域は凄いですね^^;
無事に船が出たことに感謝です。
今回は海が比較的凪だったので、あまり酔いませんでした^^d
とは言っても、納沙布沖で停泊したときはちょっと気分が悪くなりましたが・・・すぐに回復する程度だったので^^;

そう、船長さんからは(毎回ヘロヘロに酔ってるのに懲りずに乗りに来るから「好きだねぇ
。。」と言われました^^;
ちなみに、船長さん曰く
ハト=ウミバト、カラス=ウミガラス(ブトウミ含む)、スズメ=ウミスズメ(コウミ含む)
の様です。
なので、船上でこれらの鳥の名が出てきたら要注意です(笑

亜種の見分けに、ケイマフリとの判別に。
ウミバトも換羽段階に個体差に、パターンが色々あって難しいですね。

ウミバトは観察記録があまりないだけに、このように様々な個体を観察が出来たのは幸運でした。
また機会があれば何度でも乗りたいですね^^
船酔いさえしなければ・・・(汗

| Tommy | 2010/04/27 00:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/406-3881e0c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。