「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高麗雉再び。

マガンを探しているときに、また鵡川でこんな子を見つけてしまいました。

コウライキジの♂です。
100317コウライキジ
白い首輪がなければ気付かなかったのですが・・・^^;
風を避けるように畑の脇の側溝でうずくまっていました。

しばらくすると、ゆっくりと前進。
100317コウライキジ1
繁殖期が近づき、顔の赤い部分も大きくなってますね!

1月に見たときと同様、すごく愛想のいい子でした。
同じ鵡川でも、場所は全然違うのですが^^;
100317コウライキジ4
順光だと、羽の模様の美しさが際だちます。

順光でなくても、光沢のある羽のお陰で面白い写真になります。
100317コウライキジ2

そして、外来種と分かっていても、綺麗だとついつい撮ってしまいます^^;
100317コウライキジ3

今年に入って、どうやら鵡川ではコウライキジに縁があるようです。
写真に撮れる距離ではありませんでしたが、14日には♀も見かけました^^;

| 野鳥 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

え~、キジちゃん、こんな所に!
ほんと首輪がなければ分からないかもしれませんね。

またしても愛想のいい子で良かった♪ 顔の赤ってすごく大きくなるものですね(@_@)

光沢のある羽色が鮮やかで綺麗ですね~e-420 側胸の黒斑のある黄色が素敵♪
白い首輪のお陰で、全体にキリッと引き締まって見えますね。

この長い尾羽は雌への求愛の時に広げるのでしょうか。 広げたら綺麗でしょうね。

コウライキジ、スマートで美しいですよね。 外来種でも鳥自体に罪はありませんものね。
北海道ではキジと言えばこの子達なので、あまり違和感がありません。

うちの庭にはまだキジ子ちゃんが来ています。
キツネにでもやられたのか、びっこを引きながら頑張って生きてます。
スズメやヒヨドリが散らかした餌を食べているようですが、里へ帰れるのか、結婚できるのか心配です。

| nivalis | 2010/03/18 19:00 | URL |

>nivalisさん
こんな派手な♂でも、ちょっと姿勢を低くすると見つからないものですね。
一度通り過ぎた後で「・・・白い首輪?」と思ってバックで戻って見つけたので。。

本当、顔の赤い部分は驚くほど大きくなってますよね~
撮っているときは気付かなかったのですが、帰って比べてびっくりでした。

尾羽、広げた姿も見てみたいですね~^^

私は本州でニホンキジを見慣れていたので、未だにオレンジで白い首輪には違和感が。。
道内の方々にとっては、やはりこれが普通なんですね。

そして、まだまだnivalis家にも出没中なんですね@@;
ハンデを負いつつも自然界で生きていくのは容易ではないはず。
負傷しながらも必死に生きている姿、心配ですが、なんだかそれだけで力強さを感じます。

キジ子ちゃんということは、♀なのでしょうか??
そのうち綺麗な(?!)旦那さんを連れた姿も見られるといいですね^^

| Tommy | 2010/03/18 21:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/387-3ef746a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。