「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月の道東④-根室の海鳥たち-

根室では、クルーズ以外でも・・・

泳いでいないホオジロガモ。

100220ホオジロガモ

陸に上がった姿をあまり見たことがありません。。


ビロードキンクロの♂若。

100220ビロードキンクロ

一見すると♀ですが、嘴の先端がやっぱり♂っぽいですね~
額も若干盛りあがっているように見えます。


オオホシハジロ♂。

100220オオホシハジロ

12月に見た個体と同じ♂でしょうか。
ほぼ同じ場所で見られました。
スズガモと比べるとやはり大きいですね~
ずっと寝ていたのですが、上空をオジロワシが飛んだ時だけ顔を上げてくれました^^;


あと、これもいつもの場所で・・・

100220チシマウガラス1

チシマウガラス ヒメウ冬羽。


上の個体とは別個体。

100220チシマウガラス2

一見するとチシマウガラスっぽく見える嘴。

騙されてはいけません(汗


こちらが本物、チシマウガラスの幼鳥。

100220チシマウガラス3

こうして見比べると、ヒメウとはやっぱり全然違います。。


クルーズに半島内に・・・・
やっぱり冬の根室は魅力的です。

| 野鳥 | 22:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホオジロガモ

ホオジロガモが縦に立った写真を見せてもらったことがあります。

もちろん・・・ペンギンです(笑)

| Kea | 2010/02/22 20:40 | URL |

珍しい格好のホオジロガモ君、綺麗ですねe-267
足は橙色なのですね。 光沢のある緑色と白との対比が綺麗です♪
ちょっと止まりにくそうな所に止まっていますね(^o^)
上陸海ガモはあまり見られないので嬉しいです。

ビロキンの♂若はやはり嘴にオレンジ色がありますね。
この子は顔に白斑がないタイプでしょうか。 青い海を悠然と泳ぐ若君、綺麗です☆

オオホシハジロはスズガモの群れに混じるのですね~。
12月と同じ個体だとすると、この辺に居着いているのですね。
スズガモより大きいのに、ちゃっかり一緒にいて可愛い(^o^)
オジロワシのお陰で顔を上げてくれたので、オジロ様感謝です。

チシマウガラスもいつもの場所にいることが分かると安心しますね。
幼鳥、可愛い♪ 成鳥2羽と幼鳥1羽、親子なのでしょうか。
顔が赤くなって、嘴基部が青色になったチシマウガラス、見てみたいです。

こんな鳥が普通に見られる道東は、やはり凄い所ですね!

| nivalis | 2010/02/23 17:45 | URL |

>keaさん
海ガモはやはりみんなペンギンっぽくなるんですね(笑
ホオジロガモが陸で立ち上がる姿、見てみたいです^^;
クロガモなら見たことがあるのですが。
可愛いのでしょうね~~^^

| Tommy | 2010/02/24 01:35 | URL | ≫ EDIT

>nivalisさん
海ガモはなかなか上陸してくれないので、上陸した姿を見られると嬉しいですよね♪
よたよたとしていることが多そうですが(笑

このビロキン♂若も、珍しく漁港内。
今年は漁港内でよくビロキンを見かけます。
好かれているのでしょうか^^;

オオホシハジロはこの近辺に定着しているのでしょうね。たまに、近くの漁港まで出張したりしているようですが(笑
なにくわぬ顔でスズガモの群れの中を泳いでました^^;
換羽も進んで、綺麗な白になっていますね。

チシマウガラスは毎年安定して越冬しに来ているのでしょうか。
成鳥2羽と幼鳥1羽、確かに親子にぴったりの数ですね~
雌雄を見分ける方法、あるのでしょうか。

やはり根室は凄いです・・・

| Tommy | 2010/02/24 02:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/374-4755bbf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。