「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2月の道東① -霧多布の鳥たち-

10日。
夜に仕事を終えてから札幌を出発。
釧路に到着したのが・・・24時半。
11日は霧多布へと向かいました。

数は少なくなっていた(気がする)のですが、相変わらず湿原のオオワシは健在。
100217オオワシ

薄氷の隙間からひょっこり顔を出すコオリガモたち。
100217コオリガモ
冬の霧多布では毎回会っている気がします^^;

そして、電線に並ぶハギマシコ。
100217ハギマシコ
数百羽いたでしょうか。
いつぞやの道南のミヤマガラスを思い出させる光景です^^;

岬から海を眺めると、ビロードキンクロが多数。
海ガモはたくさんいましたが、ウミスズメ類は少なく、ケイマフリがちらほら見られる程度。

しばらく見た後、もう一度原野をぶらりとしていると、上空には
100217ケアシノスリ1
ケアシノスリ!
♀成鳥でしょうか。
この子に夢中になっていると、少し遠くに・・・・
100217ケアシノスリ2
もう一羽?!
しかもこれはバッチリな♂成鳥。
やはり、今年はケアシの成鳥が多く飛来しているんでしょうか。
霧多布でもケアシ祭が開催中でした^^;

ケアシを見終わり、そろそろ移動しようかというとき。
立ち寄った場所では、白い小鳥の群れが視界の端に・・・・!
降りた場所を見てみると
100217ユキホオジロ
いましたいました(>▽<)ノ
今シーズン初めて見るユキホオジロです!
これ以上写真を撮ることは出来ませんでしたが・・・
見られただけで満足満足^^
25羽前後の群れでした。

ケアシにユキホに・・・幸先の良い道東1日目。
「初日からこんなで大丈夫かな・・・」と不安がよぎります^^;

| 野鳥 | 00:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

湿原の中の格好良いオオワシ、薄氷の隙間から顔を出すコオリガモ、どちらも道東を代表する鳥達ですが、もし見られなかったらガッカリですよね。
毎回見られることを感謝します。

コオリガモは綺麗な♂が2羽、反対方向を向いているのが面白いですね。
冷たそうな青い海の色も綺麗です☆

ハギちゃんは数百羽、凄いですね!
ミヤマガラスと違って電線はしなっていませんね(^o^)

『道東小回り旅①』のレスにあったハギちゃんの塒ですが、なるほどと思いました。
ああいう場所ならキツネなどの動物には襲われにくいですよね。
崖や岩場を好む鳥らしいので、営巣場所もあんな感じなのかもしれません。

ケアシノスリは綺麗な成鳥が見られましたね! しかも♂♀両方とはラッキーです♪
青空に舞うケアシは素敵ですよね~e-267

そして、ユキホが25羽、いいなぁ~~。
白い頭が可愛い(*^_^*) この子達を見ると胸がいっぱいになります。
ああ、ユキホオジロちゃん、いつ見られることやら・・・。

| nivalis | 2010/02/18 18:54 | URL |

>nivalisさん
道東に行くと、オオワシもコオリガモも当たり前のように見ていますが・・・確かに見られないともの凄く寂しいですね。

天気が良いと、氷も青っぽく染まって綺麗ですよね!
この子達は仲がいいのか悪いのか・・・

さすがにハギマシコでは電線がたわむことはないのですね(笑)
ミヤマガラスの時はずっしりと重そうでしたが・・・^^^;

ハギマシコの塒、確かに天敵にも襲われにくそうですね!
私は「ああいう場所なら雪が積もっても出入りできそうだな・・・」程度にしか思っていませんでした。
営巣場所もあんな場所なのでしょうかね。

今年のケアシはやはり成鳥が多いようですね。
綺麗が成鳥がたくさん見られるのは嬉しいことです^^
しっかり見て、成幼、雌雄の判別をしっかりできるようになっておきたいです。

ユキホを見たときは嬉しくて・・・
警戒心が強く、近くで写真を撮れる感じではなかったですが。
またじっくり見たいですね♪
nivalisさんも見られるといいですね^^

| Tommy | 2010/02/18 22:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/371-040d55e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT