「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白銀の世界。-雌阿寒岳-

この週末もちょっと東の方へ出掛けてきました。
12日は雌阿寒岳へ。
11日の新聞を見て、初冠雪と言うことは知っていたのですが・・・・
11日を1日、嵐の様な天気で棒に振ったこと、そして12日の朝は起きた時点で快晴だったことから、とりあえず、行けるところまで登ってみることに^^;

登山開始は6:00。
季節のせいなのか、まだ誰も入山していない様子。
4合目を過ぎた辺りから、登山道にはうっすらと雪が。
正面に見えるフップシ岳には、すっかり霜が降りています。
091014フップシ岳
霜が降りている標高のラインがくっきりで面白いですね^^;

ちなみに、6合目あたりからの登山道の状況はというと・・・・・
091014登山道
・・・・・・雪。

雪。。
091014登山道2

雪。。。
091014登山道3
すっかり冬山の様相でした。

そんな雪山でも、思いがけない出会いがありました。。
091014ハギマシコ
この写真では分からないとは思うのですが・・・・
ハギマシコです。
この時期、雪の降った山の上を渡っているのでしょうか??
まさかこんな場所で出会えるなんて思っていなかっただけに嬉しかったです^^
登山途中に何度か見かけました。
ちなみに、この写真はハギマシコを撮ろうとしたものではなく、友人と景色を撮った写真に偶然写り込んだもの^^;
22mmで写した写真&写そうとした写真ではないので、これ以上の写真はご勘弁下さい・・・・

ちなみに、ハイマツは・・・・
091014ハイマツ
雪の中で凍ってました。。

8合目の標柱は・・・・
091014八合目
まだら模様に凍ってました^^;

そして9合目の標柱は・・・・
091014九合目
なんだかよく分からないことになってました。。
こうなると、もう笑うしかありません^^;

しかし、そんな笑える光景も、普段の生活で目にすることができないものばかりで
091014氷の造形
とても綺麗でした^^

岩はどこを見ても、つららが横に生えたような状態になっています。
091014氷の造形2
強風でこうなるのでしょうか。

山頂へ向かう登山道自体も、横つらら状態。
091014山頂方面

そして、快晴であるにも関わらず、吹き上げる噴煙が暴風で流れてきて・・・
091014山頂方面2
山頂付近の視界はガスがかかったように良くなかったです^^;

山頂の到着は8:30。
この日の山頂一番乗りでした^^v
あまりの強風に山頂では10分も滞在できませんでしたが、それでも噴煙の晴れ間には素晴らしい景色!!
091014雄阿寒岳
雄阿寒岳に阿寒湖、そしてその奧に見える冠雪した山は斜里岳でいいのでしょうか??
想像以上に大変な登山でしたが、雪と氷の造形美に山頂でのこの景色。
登って良かったです^^
ちなみに、状況が良ければ、阿寒富士縦走→キャンプ場側に降りる予定でしたが、あまりの強風にあえなく撤退^^;
そして、次にこんな状態の山に登るときには、アイゼンくらい履いていかないとですね。

| 風景 | 21:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ひや~雌阿寒は横ツララとは・・・風雪の厳しさが伝わってきます。
一番乗りだと踏み後が無くて大変でしたね。
青と白のシンプルな世界がたまんないですね^^。氷雪紋が素晴らしいです。
伏美は・・残念でしたよ(笑)

ハギマシコ写せなかったのは残念ですが!気配を感じただけでもワクワクしたのでは^^?
8合目の岩場では6月にイワツバメが子育てして賑わってました。

| koyuki | 2009/10/15 23:28 | URL | ≫ EDIT

>koyukiさん。
登れるかどうか分からない状態での登山だったので、不安でしたが・・・・
何とか登頂できて良かったです^^
これまでに無い条件での登山もまた楽しかったです!

ハギマシコ、久々にあえて嬉しかったです。
今年の飛来数はどうなんでしょうか。
また多い年になるといいですね!

| Tommy | 2009/10/17 16:50 | URL | ≫ EDIT

連休中に何かあったのかと心配しましたが、お元気そうですね。

別世界へ迷い込んだかと思う美しい風景、青と白の世界、素晴らしいですねe-420
白銀の雌阿寒岳に登ったことは勿論ないので、これがあの山かと驚くばかり。

ハイマツも凍り、標柱も凍って寒風の凄まじさを感じます。
岩に付いたつららがとても綺麗e-267 強風が創り出した芸術、素敵です♪
確かに日常では目にすることができない光景ばかりですね。

山頂からの景色は圧巻!! 美し過ぎて絶句ですv-352
苦労して登った甲斐がありましたね。
噴煙の晴れ間をぬってのベスト・ショット、凄いです!!

雪の雌阿寒岳を2時間30分、速いですね(@_@)
山頂へ向かう登山道の写真もとても綺麗なのですが、こんな所をアイゼンを付けずに登るなんて危険ですよ。
雪山に登る時は必ずアイゼンを履いて下さいね。

ハギちゃんは嬉しい出会いでしたね♪ こんな標高の高い所を飛んでいるのですね!
なんとなくアトリ科の鳥だということは分かります(^o^)

| nivalis | 2009/10/17 19:07 | URL |

>nivalisさん。
本当、別世界に迷い込んだような・・・と言うよりも迷い込んでいました^^;
しかし、それが楽しかったです^^
普段経験することの出来ないことを満喫できました。
本当に美しい光景でした!

やはりアイゼンは購入しておいた方が良さそうですね;
春の大雪の雪渓登りでも、あったらどれだけ楽かと感じました。
今回はまさかこんな登山になるとは思っていなかった油断から。。
以後気をつけるようにします。

ハギマシコはこんな所で出会えるなんて思っていなかったので嬉しかったです^^
今年の冬は何度出会えるのでしょうか。
当たり年になることを期待しています^^b

| Tommy | 2009/10/19 23:16 | URL | ≫ EDIT

完全に雪山ですね(^_^;)

それにしても青空と雪景色がたまらなく綺麗です!!

こんな景色が見れる冬山には憧れてしまいますね・・・

| kura | 2009/10/20 18:47 | URL |

>kuraさん。
完全に雪山でした^^;
ハギマシコが見られたのは収穫です^^
今年はどんな冬になるのでしょうか・・・・?
また函館がアツいことになると期待しましょう!(笑)

| Tommy | 2009/10/21 21:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/310-5ac1da0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。