「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日高の渓流にて②。

エゾトウウチソウを求めて何カ所か巡った沢では、他にも色々な花たちが・・・

黄色い花弁に黒や赤の葯が映えるエゾノキリンソウ。
090901エゾノキリンソウ
岩だけでなく、コンクリートの割れ目からも生えていました^^;

湿り気のある岩で目立たない花を咲かせているのはエゾクロクモソウ。
最近、よく目につくようになりました。
0900901エゾクロクモソウ
こちらは花が緑色のタイプ。

こちらは赤色のタイプ。
090902エゾクロクモソウ2
どうしてこれほど色が違うのか不思議です。

こちらはアカバナの仲間。
イワアカバナでしょうか。
アカバナ?
アカバナも種を判別しようとすると難しいですね。
図鑑を眺めても眺めても確信が持てません・・・

次は、ここ最近、毎回のように報告されているダイモンジソウ。
しかし、この場所の群生は凄かったです。
090902ダイモンジソウ1
見てのとおり、岩を覆い尽くす程の密度で群生したダイモンジソウ。
見事な光景でした。

そのダイモンジソウの群生の下ではウスキツリフネの群生。
090902ウスキツリフネ
キツリフネ、花の色が変わるとこれほど印象が変わるものなんですね@@;
こんな斑点模様があることも知りませんでした。

岩場に咲いていたのは・・・ヤマルリトラノオでしょうか。
ヤマルリトラノオ
大平山の時のように群生はしていませんでしたが、まだ綺麗な花を咲かせていました。

さて、今日の最後は・・・・岩場に咲く鮮やかなピンク色の花。
090902カラフトミセバヤ1
カラフトミセバヤです!
札幌近郊では、盗掘により登山道沿いから姿を消しつつあると聞いたのですが・・・・
日高の山奥でもひっそりと咲いていたんですね^^
一瞬、ヒダカミセバヤかとも思ったのですが、葉に鋸歯がないので、カラフトミセバヤで良さそうです。
これだけ鮮やかで綺麗だと、次はヒダカミセバヤも見てみたいですねー^^
「見せば哉」という名の由来も納得できる美しさでした。

| 植物 | 21:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!
ウスキツリフネは初めてみます^^。
写すのが難しいお花ばかりなのにTommyさんはさすがですね!カラフトミセバヤも初めてでした^^。
私の家ではヒダカミセバヤが咲いてました。何でか~???です^^。

| koyuki | 2009/09/03 16:53 | URL | ≫ EDIT

>koyukiさん。
私もウスキツリフネは初めてでしたよ^^
しかし、移動中で他の人達に迷惑をかけることもできず、撮影時間はわずか10秒程度・・・。」
もう少しゆっくり見られたら良かったのですが^^;
カラフトミセバヤは本当に綺麗ですね!
以前から一目見たいと思っていた花だったので、鮮やかなピンク色の花を見つけたときは嬉しかったです^^
ヒダカミセバヤが家の庭に?!
私も来週末あたり、えりも方面に探しに行こうかな・・・

| Tommy | 2009/09/04 00:00 | URL | ≫ EDIT

エゾノキリンソウ、とても綺麗v-352
“葯ははじめ紅紫色”ということは、次第に黒くなっていくのでしょうか。
色が変わるなんて不思議ですね。 このお花は憧れのジョウザンシジミの食草らしいです。
コンクリートの割れ目からも生えるなんて、けっこう逞しいですね。

エゾクロクモソウの緑花と赤花、ふたつのタイプ、綺麗ですね!
この芸術的な立体花序、そこに付く個性的なお花、素敵です♪♪
緑の方は黒いバックで、赤花は緑、どちらも背景によく映えて綺麗~☆

イワアカバナは葉が披針形って書いてますよ。
でも、じっくり見ないと分かりませんね。 お花は薄いピンクで可愛いですね♪

ダイモンジソウの群生、ほんとに見事です!(@_@)
これは圧倒されますね~。 実際に見てみたいです。
ダイモンジソウには子房や花柱が黄色だけの群落もあるのですか? やはり謎ですね(?_?)

ウスキツリフネ、淡色のキツリフネ、そんなのがあるんですね。
船形の面白い形、でも綺麗なお花です♪ 淡色になると斑も目立ちますね。

そして、カラフトミセバヤ、お花が咲いていたのですね!
花弁は5枚の星形なんですね♪ 少し色が濃くなった花柱も可愛い♪♪
夏の終わりに山地の岩場を飾る鮮やかなピンクの見せば哉、とても綺麗ですe-420
ヒダカミセバヤも見てみたいですね。

札幌近郊でカラフトミセバヤの数が減少しているのは悲しいことです。
盗掘という心貧しい行為、絶対にやめてほしいですね。

| nivalis | 2009/09/12 17:56 | URL |

>nivalisさん。
エゾノキリンソウってジョウザンシジミの食草だったんですね@@;
全然知りませんでした・・・・
葯の色は変わっていくんですね。
この子はもう大半が黒くなってます^^;

エゾクロクモソウはいつも撮るのが難しくて悩ましい花です。
立体なだけあって、ピントの合わせどころに迷う&暗くてなSSが上がりません。
いつか、もっと綺麗に撮りたいものです。

やはりアカバナも分類が難しいですね。
私が手を出すにはまだ早いでしょうか・・・・

ダイモンジソウは今季たくさん見ることができました^^
8月中旬から登った山では毎回のように見られました。
しかし何度見ても可愛い花ですb
このような群生地を見られてよかったです^^

ウスキツリフネ、遠目に見たときは違う花かと思いました。
しかし、近くで見るとやっぱりキツリフネ^^;

カラフトミセバヤは本当に綺麗な花でした。
車で移動中でも、岩に生えているのが分かるほど鮮やかなピンク色。
思いがけない場所で見ることができて、嬉しさ倍増です^^
ヒダカミセバヤは今季見逃すことになりそうです;
見たかったなぁ・・・

| Tommy | 2009/09/13 18:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/285-0d243a7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。