「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アポイの花たち③。

夏のアポイの花報告も既に3回目ですが・・・
今日はバラ科からいきます。
まずは、キンロバイの花。
090829キンロバイ1
花だけ見ると、○○キンバイという名前が頭をよぎりますが、これでも落葉低木。
北海道では、アポイ岳と崕山でしか見られないと言われる花。
090829キンロバイ2
しかし、どこかで見たことあるな・・・と思ったら、お隣さんが玄関先に植えていました。。
ちょっと興ざめです--;
盆栽にできるような低木にこんな見事な花が咲くので、綺麗なのは分かるんですけどね^^;

こちらはミヤマワレモコウ。
090829ミヤマワレモコウ
北海道では、日高地方でのみ見られるんですね。
ナガボノシロワレモコウも綺麗な花ですが、この真っ赤な花も見事です。

お次は・・・ユキノシタ科。
あまりユキノシタ科の花は見られなかったのですが・・・
それでも、この花だけはたくさん咲いていました。

ダイモンジソウです。
090829ダイモンジソウ1
図鑑で見ていて、アポイ岳のものは花弁が小さく丸い雰囲気だったので是非見てみたかったのですが・・・
株によっては本当に丸っこくて可愛いんですねー><b
090829ダイモンジソウ3
毎度おなじみ花のアップも^^;
090829ダイモンジソウ2
子房や花柱が黄色かったり赤かったり・・・・
この色はどうやって決まるんでしょうね。

ベンケイソウ科では、ヒダカミセバヤ。
090829ヒダカミセバヤ
ですが、残念ながら16日も22日も花は咲いていませんでした・・・・
次は是非とも見事なピンク色の花が咲いているところを見てみたいものです。

今日の最後はキンポウゲ科。
カラマツソウの仲間なのですが・・・種名が分かりません--;
090829アポイカラマツ
アポイカラマツにしては時期が遅い上、がく片も花糸も白っぽいですし・・・
オオカラマツやアキカラマツにしては、背が低い上に岩場に・・・・
雰囲気はアポイカラマツやチャボカラマツに近い気がするのですが。

こちらは、茎や花柄も緑色。
090829アポイカラマツ2
この子も岩の割れ目から生えていたのですが・・・
うーん。。わかりません・・・・

この週末は遠出せずに札幌滞在。
週末を札幌で過ごすのは何週間ぶりでしょうか^^;
少しは写真の整理もしたいのですが、ちょっとやることが溜まっています--;

| 植物 | 23:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは~!
アポイは毎日登っても違う花が見られると云われるほど花種が
豊富ですね。
足跡は残してませんが何時も見せていただいて楽しんでおりますよ^^。小さなお花の観察も素晴らしいですね。ダイモンジソウの花柱が黄色と赤があるとはビックリ!新発見です。橄欖岩の隙間から出る花弁が丸いダイモンジソウが可愛いですね~^^。
何時も素晴らしい写真を見せて下さってありがとう(^^♪

| koyuki | 2009/08/30 22:12 | URL | ≫ EDIT

>koyukiさん。
アポイは本当に花がたくさん見られる山です。
1年に季節を違えて3度くらい登っても十分に楽しめそうです^^
小さな花達は気付かれにくいですが、よくよく見てみると可愛い花が多いですb
是非koyukiさんもじっくり観察してみてくださいね^^

私の方も、いつもkoyukiさんのページを見せていただいております。
帯広周辺の山々や海岸の綺麗な花達のお便り、いつも私の花見欲を掻きたてております^^;
これからも更新を楽しみにしていますね♪

| Tommy | 2009/08/31 02:24 | URL | ≫ EDIT

キンロバイ、眩しい黄色の可愛いお花ですねe-418
丸い花弁は確かにウメを思わせます。
このお花がお隣りの玄関先に! 珍しいお花でも売っているのですね。
こんなに可愛いので欲しくなる気持ちは分かりますが、ちょっとショックですね。

ミヤマワレモコウも可愛い♪
ナガボノシロワレモコウを赤くしたようなお花、と覚えればいいでしょうか。
アポイの植物は赤っぽいものが多いですね。
おじぎしているモコモコの花序、奥にベニヒカゲもとまっていて憎いです(^^)

ダイモンジソウはすごい綺麗ですねv-352
アポイのものは花弁が小さくて丸いですよね。
岩間から出ている姿はクモマユキノシタかと思ってしまいます。
子房と花柱も赤と黄色があるなと思っていました。(昨年kim君のところで)
それも、対になってあるように見えます。 不思議ですね。

ヒダカミセバヤの蕾が可愛い☆
葉の裏も赤くて綺麗です。 ほんと、ピンクのお花が咲いたところを見たいですね。

カラマツソウの仲間は私も分かりませんでした。 難しいですね。
この長い蘂が線香花火のようになるのでしょうか。
写真はとても綺麗ですね♪

| nivalis | 2009/09/05 18:52 | URL |

>nivalisさん。
キンロバイはまだこれだけの花が見られると思っていなかったので、しっかり見られて良かったです。
隣の家の玄関先にあるのを見たときには、なんだか複雑な気持ちでしたが・・・^^;

ミヤマワレモコウは以前「ナガボノアカワレモコウ」とも呼ばれていたそうですね。
今はミヤマワレモコウと呼ばれていますが、「ナガボノアカ」と呼ばれても頷けるほど、ナガボノシロワレモコウに姿形は似ています。
確かに、アポイの植物は茎や葉を含め、赤っぽいものが多いですね。
どうしてでしょうか??

ダイモンジソウも何度撮っても撮り飽きない花です。
確かに言われてみると、丸くて小さい花はクモマユキノシタに似ています@@;
花柱の色は不思議ですね。
場所によっては全部黄色だったりもしますし・・・

ヒダカミセバヤはちょうど今頃満開なのでしょうか。
是非見に行きたいですが・・・1ヶ月間で3回も同じ山は・・・(笑

カラマツソウの仲間は難しいですよね;
図鑑を見て分からない時は人に頼らざるを得ないのが苦しいところです・・・
図鑑をもう1冊くらい買い足したくなります。
図鑑のせいにしちゃいけないのですが^^;

| Tommy | 2009/09/07 22:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/282-75646c84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。