「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の夕張岳③。

※都合によりタイマー投稿です。

今日は蛇紋岩の露岩した辺りから山頂付近の花たちを。

まず、ちょうど見頃を迎えていたミヤマアケボノソウ。
090822ミヤマアケボノソウ1
とても花つきが良い上、薄紫色のとても綺麗な花。
緑色の葯もなんとも言えない色合いです。
090822ミヤマアケボノソウ2
渋いですが、いい花ですね^^

お次は逆に太陽のような・・・・・
090822エゾウサギギク1
エゾウサギギクです。
もう花の時期も終わりで駄目かと思いましたが、山頂付近では綺麗な花畑に。
090822エゾウサギギク2
エゾウサギギクは群生している光景に圧巻。
とても綺麗な風景ですね。

ここからは蛇紋岩の露岩地にいた子達・・・・
まずはホソバツメクサ。
090822ホソバツメクサ1
葯は薄い紫色なんですね@@;
090822ホソバツメクサ2
清楚な雰囲気の、可愛くて綺麗な花です^^

お次は、似ていますが・・・・・
090822カトウハコベ
カトウハコベ。
山で見ていると違いが分からなかったのですが・・・
こうして見比べると、花も葉もかなり違いますね^^;
現地でもう一度見比べて見たいです・・・・

前回は咲きかけだったエゾタカネツメクサも、もう花期の終盤。
090822エゾタカネツメクサ
この場所以外はほとんど花が散っていましたが、なんとかここだけは花を保っていてくれました。。

クモマユキノシタも花期終盤。
それでも、一つ一つの花を見れば・・・
090822クモマユキノシタ
やっぱり綺麗な花です><b

ユキバヒゴタイも9割5分は既に花が散っていましたが、それでも
090822ユキバヒゴタイ
1、2株だけはまだなんとか花を保っていました^^;
時期的に見られないかと思っていましたが、何とか見られて良かったです。

そして最後は・・・・ユウパリリンドウ(&ホソバツメクサ)。
090822ユウパリリンドウ1
ほとんどの株はこんな感じでまだ花が開いていませんでしたが・・・・・
場所によっては、花が開いている場所もありました!
090822ユウパリリンドウ2
逆にこちらはまだちょっと時期には早い感じでしたが、見られて良かったー><
それにしても・・・チシマリンドウに似た赤紫の綺麗な花です。

さすがは花の名山、夕張岳。
2度目でも、全く違う花々を楽しめました^^

| 植物 | 20:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ミヤマアケボノソウ、一風変わったリンドウですね。
斑点や筋が入った細長い花弁が面白いです。 ほんと、葯は緑色なんですね~(@_@)
紫と緑の対比が綺麗です☆

エゾウサギギクは下部の茎葉がウサギの耳なんですね。
茎の縮毛が白く光って綺麗v-352 太陽がよく似合う、明るくて可愛いお花ですね♪

ホソバツメクサ、清楚で可愛い♪ 花弁とがく片がほぼ同長、ふんふんなるほど・・・。
こちらは葯が薄紫色なんですね!(@_@) 白と薄紫は素敵な組み合わせです。

同じくナデシコ科のカトウハコベは、ホソバツメクサと似ていますが、よく見ると違う。
葉の付き方が面白いです。 お花はやはり清楚で可愛いですね♪

そして、エゾタカネツメクサ、よく似た3種、凄いです!
3枚並べてみましょう。 やっぱり違いますね!
いや~、勉強になりました。 でも、単独で見た時に分かるかが問題です(^^;)

クモマユキノシタe-414
相変わらず綺麗で人を幻惑しますね。 水滴が美しさを倍増させていますv-352
こやつの花弁は基部が細くなってスプーンのようです。
子房は下の方から赤くなってくるのでしょうか。 憎らしいほどの可愛さです。

ユキバヒゴタイ、名前がすごく印象的です。 珍しいお花なのですよね。
地面に密着したウスユキトウヒレンみたいですね。
ツンツンしたピンクのお花が可愛いです♪

咲きかけのユウパリリンドウ、綺麗ですね☆ 糸状に裂けた内片がちらっと見えます。
ホソバツメクサと一緒の一枚も素敵♪
チシマにユウパリにオノエ、とっても贅沢ですね!(>_<)

| nivalis | 2009/09/01 19:11 | URL |

>nivalisさん。
ミヤマアケボノソウ、確かに他とは全く違う雰囲気を持っていますね!
花弁の独特な模様がとても綺麗です。
渋くて綺麗で・・・好きな花になりました^^

なるほど、エゾウサギギクの"ウサギ"は葉の形に由来していたんですね!
納得です^^
逆光でも、縮毛に水滴が付いているお陰で輪郭が白く浮かび上がり、綺麗に見えました^^
太陽のように雰囲気のいい、明るい花です♪

ホソバツメクサとカトウハコベとエゾタカネツメクサと・・・
ナデシコ科のこの手の白い花の分類は本当に難しいです。
図鑑で見て予習したつもりでも、いざ現地で見てみると、パッと見では種名が浮かばないんですよね^^;
何度も見て慣れるしかないのでしょうか。
それにしても、ツメクサやミミナグサの仲間は清楚で綺麗ですね^^

クモマユキノシタは何度見ても美しい花です。
風がやむのを待っていたのですが・・・5分ほどで諦めました;
この写真も実はブレてしまっているのですが、この花はどうしても1枚は載せたかったので^^;
それだけ可愛い花です><b

ユキバヒゴタイ、「ヒゴタイ」って何なのでしょうね。
確かにインパクトのある名前です・・・

リンドウはなんとか花を見ることができて良かったです。
危うく年に3回登ることになるところでした(笑
あと、リンドウ科ではクモイリンドウやタテヤマリンドウをまだ見たことがないので、是非とも見てみたいです^^

| Tommy | 2009/09/02 00:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/279-a6cd8d9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。