「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の夕張岳②。

※都合によりタイマー投稿です。

さて、暗い林内を抜けて望岳台を過ぎると、登りはほとんどありません。
この辺りから、見られる植物も変わってきます。

登山道脇には、エゾホソバトリカブトの目に浸みるような紫色の花。
090821エゾノホソバトリカブト

ピンク色の独特の形の花をつけているのはシオガマギク。
090821シオガマギク

また、雪渓がしっかり残っていた場所では、時期が少し遅いようで・・・・
090821シナノキンバイソウ

シナノキンバイソウに・・・・・

イワイチョウ。
090821イワイチョウ

ムシトリスミレもまだ咲いていました。
090821ムシトリスミレ

相変わらず変な花です・・・^^;
それに惹かれる私も私なのですがw

今が盛りのウメバチソウ。
090821ウメバチソウ

登山道横はウメバチソウでぎっしり・・・と言う場所もあるほど。
通るだけで幸せな気持ちになれます^^;

エゾイブキトラノオと、ナガボノシロワレモコウ。
090821エゾノイブキトラノオ

090821ナガボノシロワレモコウ

ここのイブキトラノオは白っぽい花が多かった気がします。
ナガボノシロワレモコウと競うように咲いていました。

今にも散ってしまいそうなテングクワガタ。
090821テングクワガタ
なんとかその姿を見ることができました^^;

○○トウヒレンだと勝手に思いこんで見ていたこの花。
090821ナガバキタアザミ1

家に帰って調べてみると、「ナガバキタアザミ」。。
この形の花でも、アザミって名がついていたんですね@@;

090821ナガバキタアザミ2

写真を撮っていると、時々こんな来客も・・・・
ヒラタアブの仲間でしょうか。

さて、今日の最後は・・・・
シロウマアサツキ。
090821シロウマアサツキ1

6月に登ったときには全て硬い蕾で、一つも花を見られませんでしたが・・・
今回は逆に時期が遅かったので綺麗に咲いている株が少なかったです^^;
090821シロウマアサツキ2

それでも、湿原ではこんな景色も。
後の白い花はセリ科の何かです^^;
薄いピンク色の花がとっても綺麗です。。
ですが、近づくとかなりのネギ臭がしますw
お腹が空くので注意しましょう(笑

| 植物 | 21:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夕張岳にも登りではない場所があるんですね。

エゾノホソバトリカブト、ほんとに葉が細いですね。 鮮烈な紫色が綺麗☆
面白い形のお花ですよね。 花弁に見える5枚のがく片の中も見てみたいです。

シオガマギクはシオガマと付くので興味がありました。
葉の形が菊に似て?・・・なんとも言えません。 葉の縁はすごい鋸歯ですね(@_@)
エゾシオガマに似たお花、渋めのピンク色が可愛いです♪

ウメバチソウが登山道脇にぎっしり! それはとても幸せになれそうですね♪
この写真みたいに綺麗だったら、その場から離れられそうにありません。

エゾイブキトラノオ&ナガボノシロワレモコウがとても素敵♪
競い合うように咲いて可愛いですね。 ここのエゾイブキちゃんは白ですか。
こんなのが揺れていると、思わず掴みたくなります。

テングクワガタ、淡い青紫のお花が綺麗☆ オオイヌノフグリに似ています。
花弁の濃紫色の線も綺麗♪ 辛うじてでも見られて良かったですね。

ナガバキタアザミの葉は三角状卵形。 しかし、“総ホウ片の先が尾状に伸びる”というのがよく分かりません。
ハナアブさんとのコラボ、綺麗ですねe-420 アザミには虫がよく似合います。

シロウマアサツキ、今回はお花が見れました♪ こんな可愛いお花が咲くのですね。
2輪だけの一枚は傾き加減がいい感じ♪ セリ科の白いお花とのお花畑もとても綺麗です☆
ネギの香り、お豆腐でも持って行きましょうか(^o^)

| nivalis | 2009/08/31 19:21 | URL |

>nivalisさん。
夕張岳は前半に樹林下を望岳台まで登り続けた後は山頂直下までなだらかな道が続きます。
そこがお花畑になっているので、ゆっくりと花を楽しめますよ^^

そういえば、トリカブトの花弁はあの中にあるんでしたね・・・^^;
以前に図鑑でそう読んだ気がします。
しかし、私にはあれを開ける勇気が・・・w

シオガマギクも変異の大きな種なんですね。
名前の由来は確かに「葉が菊に似ることから・・・」となっていますね。。
確かに鋸歯は強く出ています。

ウメバチソウ、本当に登山道の脇にこんな感じで咲き乱れていましたよ^^
nivalisさんがこの時期の夕張岳を訪れたら、なかなか進めなくなりそうですね(笑
でも、とっても綺麗でした。

エゾイブキトラノオにナガボノシロワレモコウに・・・
風が強いと、この手の花は撮るのに相当苦労します^^;
というか、近距離では撮るのが不可能になります。

テングクワガタは確かにオオイヌノフグリに似ています
ね@@;
と、オオイヌノフグリもゴマノハグサ科。
どおりで似ているわけです^^;

ナガバキタアザミの「総ホウ片の先が尾状に伸びる」という説明ですが・・・
私は花のつけ根にある鱗の様な部分(=総苞片?)が長く尖っていることを言っているのだと思っていました。
アザミには確かに昆虫がとまっているイメージが強いですね。
それだけ美味しいのか、それとも昆虫たちにとっても目立つのでしょうか。

シロウマアサツキもエゾヒメネギと同様に可愛い花ですよねー^^
あのネギ臭を発しているとは考えられないのですが・・・
確かに、豆腐ならば持って行くことも可能ですね(笑

| Tommy | 2009/08/31 21:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/278-46274b61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。