「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の夕張岳①。

ちょっと仕事が立て込み、夜まで忙しい日が続いています(汗
また更新も遅れ気味ですが、大目に見てやってください・・・・

先週末は花の名山を2つ登ってきました。
土曜日は・・・・今年2度目の夕張岳へ。
今日はその林床で見られた花々をご報告です。

天候が思ったより悪く、暗い林内で真っ白い小さな花。
090820アリドオシラン1
アリドオシランです。
小さいですが、真っ暗な中でこの白い花は存在感十分。。
090820アリドオシラン2
小さくて可愛い花ですね^^

お次は・・・エゾスズラン。
090820エゾスズラン1
「エゾ」と付きますが、北海道限定なわけではないんですね。。
そして、あんまりスズランにも似ていない・・・・^^;
090820エゾスズラン2
ですが、すらっと伸びた茎に付いた花は、とてもランらしく美しい姿をしています。
この2枚目の子はちょっと赤みがかって、これもまた綺麗ですね。

お次は、平山でも見たエゾクロクモソウ。
090820エゾクロクモソウ
よくよく見ながら登らないとなかなか見つからない花です^^;
黒っぽい花は暗い林内だと完全に背景に溶け込んでしまいますね。

コバノイチヤクソウもあちこちで見られました。
090820コバノイチヤクソウ

白い花が続きますが・・・・コモチミミコウモリ。
090820コモチミミコウモリ
昨年の礼文島でミミコウモリを見ていたので、それに「むかご」のついた「コモチ」。
分かりやすい名前でいいですねー^^

オオバタケシマランは、登山道脇で真っ赤な実を実らせていました。
090820オオバタケシマラン
こういう実を見ると、収穫の秋が近づいていることを実感します・・・
木本の果物も、美味しい時期になってきますね^^

岩の上で特徴的な形の綺麗な花を咲かせているのはダイモンジソウ。
090820ダイモンジソウ1
やはりユキノシタ科。
可愛いです><b
090820ダイモンジソウ2
もう完全にユキノシタ科の高山植物たちにハマっています・・・・

本日最後はツルアリドオシ。
090820ツルアリドオシ
2輪ずつ咲く花がとても可愛いです。
同じアカネ科でも、クルマバソウやエゾノヨツバムグラ、エゾノカワラマツバと言った花達よりも大きな花ですね。
肉厚な感じは他とそっくりですが^^;
薄いピンク色もまた綺麗です。

蛇紋岩が露出した草原にたどり着く前の林床だけでも、これだけ多くの花達に出会えました。
ちなみに、今回から三脚を投入してみましたが・・・暗い場所での効果は絶大です。。
これから花を撮る時には手放せそうにありません^^;

| 植物 | 22:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これだけの花を写すには人知れずご苦労が^^!それも又楽し!
ですね。小さなお花を撮るのは特に難しく感じます。
やはり労を惜しまないとこんなステキな写真が写せるのですね(●^∀^)b⌒☆

ユキノシタにはまる気持ち解りますよ(^^♪

| koyuki | 2009/08/20 22:46 | URL | ≫ EDIT

>koyukiさん。
確かに苦労はしますが・・・・
でも、写真を撮るときは楽しんでいるので、時間が経つのも苦しいのも忘れてしまいます^^;

林床での三脚の効果は絶大です!
koyukiさんもマクロ撮影されるときは是非、小型の三脚を^^
小さな被写体だと、特にいいですよ!

ユキノシタ科の花たちはどうしてあんなに魅力的なのでしょう。。
最近、見つけるだけで嬉しくなります♪

| Tommy | 2009/08/21 01:04 | URL | ≫ EDIT

今夏は予想外に忙しくて嫌になります。 コメントがなかなか追い付きませんね。

2度目の夕張岳、凄いですね(@_@) 暗い林内には白いお花がよく映えます。

アリドオシラン、地面から立ち上がって一生懸命咲いていますね。
真っ白い小さなお花は、唇弁の形が独特でとても可愛いです♪
基部が膨らみ先が2裂しているのがよく分かりますね。

カキランに似た素敵なお花、エゾスズラン♪ お花が片側に寄って咲く草姿も美しいですね。
このお花も唇弁の形が面白い。 ランはよく見るとほんとに面白い形をしていますね。
うっすらと赤みがかった子もとても綺麗です☆

エゾクロクモソウ、この子は黒紫色ですね。 背景が暗いのに見事に止まって綺麗です!v-352
縁がギザギザの丸くて可愛い葉も魅力的♪ 個性的で神秘的なお花ですね。

コバノイチヤクソウ、葉の小さなイチヤクソウ、可愛い♪
茎頂に付く鈴のようなお花、カーブした長い花柱も素敵ですね。

ミミコウモリは昨年見せて頂いて、変わった名前なので覚えていました。
葉の雰囲気が蝙蝠なのでしょうね。
コモチミミコウモリ、細長く小さなお花とむかごがとても可愛いです♪

オオバタケシマランの真っ赤な実は、つやつやと綺麗で美味しそう(^^)
花柄が曲がってますね。 面白い形です。
ここに、あの変わった形のお花がぶら下がっていたのですね。
ほんと、こういう実を見ると秋を感じます。

ダイモンジソウ、素敵~e-267
このお花を見てユキノシタの魅力に目覚めたと言っても過言ではありません。
大の字を作るスマートな花弁、例によって葯の赤いポチポチが可愛いですね(*^_^*)
クモマユキノシタ・タイプのこの子、かなり好きですe-328

ツルアリドオシは真っ白なのかと思ったら、縁がほんのりピンク色、可愛いですね☆
2輪ずつ咲くラッパ状のお花は形も可愛い♪
内側に毛が生えているんですね(@_@) 肉厚な感じが良いです。

この度は三脚の威力を感じました。 どのお写真も素晴らしいですね!
でも、今まで三脚を使っていなかったというのも驚きです。
よくあんなに綺麗に撮っていましたね~(@_@)

ますます写真が上手くなって、Tommyさん、努力してるんですね。
私も色々頑張ろう・・・(^^)

| nivalis | 2009/08/28 18:40 | URL |

>nivalisさん。
夕張岳、私も1シーズンで2度登ることになるとは思ってませんでしたが・・・
それだけの魅力のある山でした。。

アリドオシラン、とても小さな花ですが暗い林内で地面を背景に、かなり目立って見えます。
花弁の形が独特なので、図鑑で見ていた名前が現地ででてきて嬉しかったです^^

エゾスズランは花の色こそ地味ですが、それがまたいい雰囲気。
最近、こういう色のランの花を診ると嬉しくなります。
花の色は変異なのか時期と共に変化するのか分かりませんが、緑色の時も、赤っぽくなってからも綺麗ですね^^

エゾクロクモソウはよくよく探すと、結構見られるんですね。
ちょっとした林縁の岩場で見かけることがおおいです。
ユキノシタ科なだけあって、毎回心惹かれ、そして写真を撮ってしまいます・・・

ミミコウモリは葉の形が羽を広げたコウモリに似ていますよね。
ですが、ぶら下がったような花もまた、とまっているコウモリの姿に似ています。

オオバタケシマランの花柄は不思議ですよね~^^:
葉に沿って90度曲がった先に、葉からぶら下がっているように見える果実。
美味しそうです。。

ダイモンジソウも人気の花ですよね。
私も大好きな花ですが、周りにファンがたくさんいます^^;
花柱の色に、アンバランスな花弁の長さがまた可愛いです。
最近、行く場所行く場所どこへ行っても見られるので嬉しいです♪

ツリアリドオシはうっすらピンク色な2輪の花が林床でも目立ちます。
この形に肉厚な感じ、憎めない可愛い花です。

暗い林内で三脚は大活躍でした。
「好きこそ物の・・・」というように、やはり自分の好きなことは楽しみながら努力できていいですね~^^
これからも楽しくやっていきますb

nivalisさんもかなりお忙しそうですね。
くれぐれも、無理をして体調を崩したりしないように気をつけてくださいね。

| Tommy | 2009/08/29 00:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/277-f02d68f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。