「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大平山の花たち③。~白っぽい花たち~

※遠征中につきタイマー投稿です。

今日の記事も時間がないので急いで貼ります!!!
まずは、オニシモツケ。
090816オニシモツケ
花も綺麗ですが、まんまるな蕾がまた可愛いんです><

マメ科では、イワオウギ。
090816イワオウギ

そして、タイツリオウギの基準変種、キバナオウギもたくさん咲いていました!
090816キバナオウギ
キバナオウギは北海道では大平山でしか見られないんですね。
にしても・・・・私にはまだ見分けられませんが--;

そして、お待ちかね・・・・
オオヒラウスユキソウです。
090816オオヒラウスユキソウ1
エゾウスユキソウに比べ、全体の綿毛が多い感じがします。。

こちらは雄花でしょうか。
090816オオヒラウスユキソウ2
綺麗に花が開いています^^

エゾウスユキソウもですが、やっぱり雰囲気のいい花です。
090816オオヒラウスユキソウ3
次はウスユキソウも見てみたいですね・・・・^^;

最後は、カラフトマンテマ!
090816カラフトマンテマ1
この花とオオヒラウスユキソウを見に登ったと言っても過言ではありません^^;
「マンテマ」と名の付く花を見たことがなかったので・・・
可愛い花ですねーー><b
090816カラフトマンテマ2

見に行った甲斐がありました・・・
090816カラフトマンテマ3

さてさて、この週末も「花の名山」巡りをしているはずです。
そろそろシギチの渡りのシーズンなので、鳥も気になるところですが・・・

| 植物 | 21:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

相変わらず楽しんでますね^^。
大平山って何処~?って南にいってらしたのですね。
オオヒラウスユキソウは今頃咲く花期の遅い花のようで・・・
ウスユキソウの仲間は微妙に異なるのでしょうね。koyukiには見分けがつきませんがみ~んな良い感じ、良い味出てますね~^^
Tommyさんはフィールドが広いので珍しい花が見られて嬉しいです。

| koyuki | 2009/08/20 22:33 | URL | ≫ EDIT

>koyukiさん。
平日の時間が減ろうとも、休日は相変わらずです・・・^^;
大平山(おびらやま)は島牧にある山です。
私も今年まで知りませんでした。。

オオヒラウスユキソウは7月末あたりから8月中旬頃が見頃のようですね。
確かにちょっと花期の遅い花ですね~
エゾウスユキとオオヒラウスユキの雰囲気は似ていますが、ウスユキソウはちょっと雰囲気が違う・・・はずです(図鑑を見る限り)。

札幌に来てから、フィールドがかなり広がった気がします。
以前から決して狭くはありませんでしたが^^;

| Tommy | 2009/08/21 01:00 | URL | ≫ EDIT

オニシモツケ、バラ科のお花なんですね。
薄いピンク色を帯びた白いお花、綺麗ですね☆
散房状という付き方、小さなお花もたくさん集まれば華やか。 ほんと蕾も可愛いです♪

イワオウギとキバナオウギ、ぶら下がって咲くクリーム色のお花が可愛い♪
お花は違うようで似ていますね。 イワオウギの方が茎が赤っぽい。
キバナオウギとタイツリオウギは勿論、イワオウギとタイツリオウギさえ見分けられそうにありません。

星形の可憐なお花、オオヒラウスユキソウe-266 雪が積もったような綿毛が綺麗v-352
綿毛はエゾウスユキソウより厚いみたいですね。
エゾウスユキソウもそうでしたが、やはり素敵なお花ですよね。
このお花を見ると、「~永久に咲けよ♪」と歌うエーデルワイスの歌を思い出します。
どこの国でも美しいお花に対する人の想いは同じようです。

そして、カラフトマンテマ☆ 大平山でも稀産とのことですが、よく見れましたね!
長いがく筒の先に5枚の白い花弁、可愛いです♪
お花だけ見るとアポイマンテマと区別がつきませんが、茎が緑色ですね。
マンテマはこれで2種、感激です!
後はチシマ、でも、その前にエゾマンテマくらい自分で見に行かなくては・・・(^^;)

| nivalis | 2009/08/24 19:13 | URL |

>nivalisさん。
オニシモツケ、全体を見ると大きくてあまり可愛い印象がないのですが、花に注目すると可愛いんですよね><
バラ科なのは知りませんでした。
昨年、摩周岳で見たときに「桜の花を連想してしまう」なんて言っていたのも、気のせいでがないのでしょうか^^;

イワオウギとキバナオウギは、現地で見れば違いは分かると思いますよ!
キバナオウギの花がふっくらと立体感ある感じなのに対して、イワオウギは扁平な花。
nivalisさんのおっしゃるとおり、がくや茎の色もイワオウギは赤っぽいです。

オオヒラウスユキソウは想像通りの綺麗な花でした。
ウスユキソウの花に惹かれる人々の思いもよく分かります。
この美しい花を盗掘する人がいるというのですから信じられません・・・
野に咲いてこそ美しい花。
日本だけでなく、他国でも盗掘問題はあるのでしょうか・・・。

カラフトマンテマは今回の登山の大目的の一つであり、見られるか不安だった花。
見つけることができて本当に良かったです。
と言っても、見つけやすい場所にあったのですが^^;
アポイマンテマとの見分けは、茎や葉の赤味の有無なのですね。。
分布は違いますが、チシママンテマとの見分けが難しそうです・・・
エゾマンテマ、未だ見ぬ花なので私も見てみたいです^^;

| Tommy | 2009/08/26 21:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/276-e92ecfb5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT