「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

礼文島の花たち⑦。

今日は都合によりタイマー投稿です・・・・
昨日のハ行続きとマ行の花たち。

海岸で見かけたヒメイズイ。
090615ヒメイズイ
ここのヒメイズイはもの凄く小さかったです。。
見てのとおり、花だけで地上部の半分を占めるほど^^;
これも風のせい??

こちらはホウチャクソウ。
090615ホウチャクソウ
名前が全然違うのに、五十音順で分類的に近い花を連続して紹介できるとは^^;

ホソバノアマナ。
090615ホソバノアマナ
また葉を撮るのを忘れました・・・・
キバナノアマナは山菜として採られることがありますが、ホソバノアマナは食べられるのでしょうか・・・?
この花も上2種と同じユリ科ですね@@;

お次は、かなーり遠いところで風に揺れているのを見つけました。
090615ホテイアツモリ
ホテイアツモリです!!!
めいいっぱいトリミングしてるので、画像が粗いですが;
ホテイアツモリと言うことは分かると思います^^;
次に出会うときは、近くでじっくり見てみたい花です・・・・

既出ですがマイヅルソウ。
090615マイヅルソウ

こちらも何度か出てきてますが・・・ミヤマオダマキ。
090615ミヤマオダマキ
こんな花がどこででも見られるのがすごいですよね・・・
砂利の駐車場なんかにも、まるで都会のセイヨウタンポポの様に生えてきています@@;

マ行最後はミヤマキンポウゲ。
090615ミヤマキンポウゲ
キジムシロも多かったですが、歩道脇には同じくらいミヤマキンポウゲも多かったです^^

さて、ようやく明日で礼文島の花の紹介を終えられそうです。
最後、ラ行と言うことは・・・・・??
他では見られない花たちを紹介できそうです^^

| 植物 | 20:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヒメイズイはほんとはもっと背が高くなるのですね。
やはり風のせいなのでしょうか。
釣鐘形のお花は可愛いですね♪ 花冠の先の緑色が綺麗です。

ホウチャクソウも同じユリ科のお花。
こちらも先端が緑ですが、ヒメイズイと違って開かないのですね。
葉の付き方も、お花の付き方も違って面白いです。

ホソバノアマナも可愛い☆
緑色の筋が入っている花弁が素敵ですよね。 とても好きなお花です♪

実は私、キバナノアマナが食べられることを知らなかったのですが、Tommyさんの記事を読んだ後、TVで、‘キバナノアマナのおひたしとエゾエンゴサクの天ぷら’というのが紹介されているのを見て、ほんとなんだと思いました。
ホソバノアマナも食べられそうですよね。

ホテイアツモリソウも見られたのですね!!
お花はレブンアツモリと同じタイプですが、葉が違いますね。
お花の色は紅紫色、綺麗ですね♪
アツモリソウのふっくらした感じはやはり素敵です☆

マイヅルソウ、ぷちぷちした小さなお花がとても可愛いですよね。
名前も素敵♪ すっきりと綺麗に撮れていますね☆

ミヤマオダマキは高山植物なのでしょう?
セイヨウタンポポみたいに駐車場に!? そんなことでいいのでしょうか。
やはりここは異国です。
花弁の上半分の白が目立ちますね。 紫色のがく片との対比がとても綺麗です☆
蕊まではっきり撮れていて凄いですね!

キジムシロと同じくらい多かったミヤマキンポウゲ! もう笑うしかないですね。
これはとても素敵な作品ですねe-265
すごく可愛いです(*^_^*)
キンポウゲの可愛らしさが溢れてv-352、構図も綺麗、素晴らしい一枚ですね!!

| nivalis | 2009/06/18 19:22 | URL |

>nivalisさん。
ヒメイズイ、昨年の浦幌で見た群生と比べると随分小さい個体ばかりでした^^;
やはり環境が環境だからでしょうか?
ホウチャクソウの花、確かに開いてない・・・・
確か、仙箪が少しだけ開くはずです^^;

ホソバノアマナは始めてみましたが、アマナの雰囲気をしっかりと持ったかわいい花ですね^^
キバナノアマナは「アマナ」という名の通り、甘い味がします。
機会があれば、是非一度ご賞味下さい(笑

マイヅルソウは撮りやすい花です^^
綺麗でたくさんある・・・本州ではこんなに普通に見られないのですが。。

ミヤマオダマキは本当にどこででも力強く根付いていました。
民家の脇、駐車場、海岸の岩場。。
本当にセイヨウタンポポ並の生命力じゃないかと思うほど、礼文島にはたくさんあります。
それほど島の環境に適合した植物なのでしょうね。
強風の中、あっちを向いたりこっちを向いたり・・・
背が高くて花が大きいので、風が強いと写真を撮るのに苦労しました><;

ミヤマキンポウゲは、歩道脇にたくさん生えていました・・・・
場所によっては全くない場所もありますが、ある場所にはたくさん^^;
ちなみにこの写真は、遊歩道のど真ん中に生えていた株です。。

| Tommy | 2009/06/19 00:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/231-9fcaa293

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。