「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

礼文島の花たち③。

昨日がア行だったので今日はカ行を攻めます。。
「五十音順なんて適当な・・・・」と言わずに、「次は○行だとあの花が出るかな~?」くらいな気持ちで見守ってやってください^^;

まずはカラフトゲンゲ。
090611カラフトゲンゲ
礼文島では平地で普通に見られるのですが、他の場所ではそうはいきません。。
まだ少し時期が早いですが、いくつかは花を付けていました^^

こちらは見慣れたキジムシロ。
090611キジムシロ1
イワベンケイの花と同様、岩っぽい場所を黄色く彩っていたのはこの花でした。
たまにはアングルを変えて・・・^^;
090611キジムシロ2

これは・・・クゲヌマラン。
090611クゲヌマラン
初めて見ましたが、すっと真っ直ぐ上へ伸びるような姿勢に、白い上向きの花。
気品を感じるランですね^^

また普通種ですが・・・クルマバソウ。
090611クルマバソウ
今はどこにいっても、道の脇にたくさんクルマバソウが咲いていますね。
葉の付き方と言い花といい、なんだか憎めない雰囲気の花です^^;

お次は私の故郷、石川県の県花でもあるクロユリ!
090611クロユリ1
とはいっても、地元の白山でこの花が咲いているのを見た記憶があまりありませんが(汗
少し花を勉強した今となっては、しっかり見ておけば良かったと後悔;
また機会があれば、白山にも登りたいな・・・・・
こちらは蕾。
090611クロユリ2
この紫→緑の地味~な色味も嫌いじゃありません^^;
石川県人だからなのでしょうか・・・・w

今日の最後はゴゼンタチバナ。
090611ゴゼンタチバナ
ほんの最近まで、「エゾゴゼンタチバナ」という種があるのを知りませんでした。。
全部ゴゼンタチバナと思ってスルーしてた可能性大です・・・
この子は間違いなくゴゼンタチバナです^^;

いつまで続くか謎ですが、お察しのとおり次回はサ行の花を^^;
今週末は用事で本州へ行かなければならないので、道北の報告は来週まで続きそうです。

| 植物 | 23:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

思いますよ~、「あのお花は最後だな~」とか。

今回はいきなり見慣れないお花、カラフトゲンゲ(@_@)
濃い紫紅色が綺麗なお花ですね。
ゲンゲってマメ科に付けられるのですね。

キジムシロ、可愛い♪
やはり、この可愛らしい形の黄色い花弁は良いですね。
横からのアングルは面白くて、とっても素敵です!(撮影ご苦労様です)
キジムシロの新たな魅力を発見しました(笑)

クゲヌマラン、美しいランですね! ギンランの変種でしたね。
確かに気品を感じます。 凛とした立ち姿、ほんとに美しいですv-352
この子は特別に美形ではないですか。 綺麗で見惚れます(*^_^*)
完璧な構図で素晴らしいですね!

クルマバソウは、葉も十文字に見えるお花も可愛いですね♪
お花を浮かせて撮っているのも素敵です☆

大人っぽい魅力に溢れたクロユリ、石川県の県花なのですか!(因みに北海道花はハマナスです)
シックなお花、とても綺麗に撮れていますね♪
お花の開き具合も丁度良く、俯き加減に咲く姿が優美ですe-420
蕾も素敵ですね☆

ゴゼンタチバナは、葉の上にちょこんと乗っているように見えるお花が可愛い☆
エゾゴゼンタチバナ、図鑑で見てみました。
違いは分かりやすそうですが、知らないと、ちょっと変なゴゼンタチバナと思うかもしれませんね。
ところで、御前というのは白山の最高峰のことなのですね!(@_@)

| nivalis | 2009/06/14 04:17 | URL |

カラフトゲンゲは礼文でしか見られないのでしょうね。
私は昨年日高縦走の折(ピパイロ~1967峰)ヒダカゲンゲの
オンパレードでした。自己主張する事無くそれで居て存在感が
あって品の良いお花でした。
日高のお花畑も大雪に負けず劣らず素晴らしいお花畑です。
しかし登山となるとお花とジックリ向き合っている余裕が
無いのが残念に 思いますが、一人では行けない
場所なもので・・・^^;。

| koyuki | 2009/06/14 16:31 | URL | ≫ EDIT

>nivalisさん。
カラフトゲンゲはこれからの時期に咲くようで、私はこの程度しか見られませんでした^^;
「ゲンゲ」は確かにマメ科の植物に付けられていますよね。
一昨年、利尻に登ったときに「リシリゲンゲ」を見つけ、調べたときに初めて知りました・・・

キジムシロはいつも上から花弁のオレンジを撮るようにしてたので、たまには・・・^^;
アングルを変えると、また違う花のように見えます。

クゲヌマランはすらっとした姿が美しい花ですね^^
本家のギンランを見たことがないので、そちらも見てみたいです。

クルマバソウは上から撮ると葉まで遠いので、よほど絞らないと花が浮いて撮れてしまします。
それはそれで綺麗ですが、肝心の「クルマバ」が分からなくなってしまいました・・・w
今度は横から葉も入れて撮ろうかな^^;

クロユリは渋い花です。。
この色合いを理解してくれる人は少ないかも知れません^^;
北海道の花はハマナスだったんですね!!
知りませんでした@@;
ハマナス、花は綺麗なのですが・・・歩いていると枝が刺さって痛いので、花以外は勘弁して欲しいです(笑

ゴゼンタチバナの「ゴゼン」は白山の「御前ヶ峰」に由来していたんですね。。
全然知りませんでした。。
そう聞くと、不思議と親近感が沸いてくるのはやはり石川県人だからでしょうか^^;

| Tommy | 2009/06/14 18:07 | URL | ≫ EDIT

>koyukiさん。
カラフトゲンゲ、一応分布には礼文島、大雪山系、日高山系とあるのですが、礼文島以外では見るのが難しいのでしょうか>;
日高縦走!!
すごいですね@@;
私もやってみたいですが、そんな体力の自信がありません;
ヒダカゲンゲがたくさん・・・・羨ましい>;
日高は大雪よりもアクセスが悪いため、なかなか素人が手を出せない分、ありのままの状態で自然が残されている印象があります。
是非一度、あの稜線上に立ってみたいものです。

| Tommy | 2009/06/14 18:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/227-81a8636d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。