「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征その④。~オオハム~

道東報告も4回目ですが・・・・
なかなか更新できずにいるため、既に1週間が経過しそうな感じに(汗
それでも少しずつ報告していきます。
今日は・・・・オオハム。
道東まで行ってオオハムか・・・・と思わず付き合ってやってください^^;

まずは最終日、釧路にて。
ラッコのくーちゃんがいる幣舞橋のふもとを探しますが、くーちゃんの姿が見あたりません。
その代わり、その場所にいたのはオオハム。
090316オオハム1
これでもノートリ。
かなり近いです。

こちらは最近撮るようになってきた・・・・正面顔。
090316オオハム2
トリミングしてますが^^;

にしても警戒心がないのか全然逃げません。。
20分くらい潜りもせずに目の前でウロウロしてました。
090316オオハム3
くーちゃんのいない幣舞橋で川の中の鳥を必死に撮っている姿は、さぞかし変な人だったでしょう・・・^^;

お次は、釧路港の西港。
こんな子がいました。。
090316オオハム4
何かが・・・変。
目の回りが黒い。。
オオハムだと思うのですが、病気か何か、異常個体でしょうか。

あとは、庶野の漁港。
ここには2羽のオオハムが入っていましたが、1羽は遠かったのでパス。
もう1羽がこの子。
090316オオハム5
写真はトリミングしてますが、これも近かったです。
釧路と違って、すぐに逃げていきましたが・・・・・

と、漁港と川で1日4羽ものオオハムを見ました。。
シロエリは0だったのですが^^;
じっくり見られて良かったです。


えと、昨日のチシマウガラスの写真。
3羽どこにいるかわかりにくかったので、正解を下の写真に載せておきます。
090316チシマウガラス1
わかるでしょうか^^;

090316チシマウガラス3090316チシマウガラス4
  右の寝ている子。  立っている子と、その右の子。

090316チシマウガラス2090316チシマウガラス5
嘴が白っぽく反射して見えるヒメウ(右は別写真)。

立っている個体の右側で寝ている子は、一応チシマウガラスですが、この写真では分かりませんよね。。
ヒメウも光の反射次第で嘴が白っぽく見えることがあるので、要注意です。

にしてもなんだか、昨年も同じようなことをしていた気が・・・・^^;
ただ昨年は、プロミナで見ていたのでかなり遠かったです。

| 野鳥 | 23:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
オオハムの正面顔、良いですねー、飽きないです。

所で、オオハムとやら、所属する種、属、チーム?を教えてくれませんか?

| 与作 | 2009/03/17 00:42 | URL |

オオハム、美しいですね~~☆
こんなに綺麗な鳥だとは・・・。 写真が素晴らしいからですよね~。
全体に褐色みがあって、上面の白い羽縁がくっきりのこの子は幼鳥でしょうか。
にび色の水面に映る姿も美しい!
この場所はそんなに水が綺麗ではないはずですが、写真は撮りようですね。

正面顔が可愛い♪ やはりオットセイでしょうか。
こんなに鮮明に見たことがないので唖然としてしまいます。
綺麗ですね~☆
これでは、最も美しいと言われているハシジロアビはどうなってしまうのでしょう。

目の周りが黒いオオハム?は病気なのでしょうか。 可哀相ですね。

「チシマウガラス・クイズ」
私が言っていたのは、解説の下段左側の嘴が白く見えるヒメウでしたから、やっちゃいましたね。
立っている子の右の子は勿論、右の寝ている子も分かりませんでした。
やっぱりkim君は凄いです!!
一体どんな目をしてるんでしょう??

| nivalis | 2009/03/17 19:41 | URL |

>与作さん。
オオハム、気に入って頂けたようですね^^
海鳥なので普段はなかなかお目にかかることができないのですが、たまに漁港内に入ってきているのを見かけます。

オオハムはアビ科の鳥です。
日本で普通に見られるアビ科の野鳥には、オオハムの他にアビ、シロエリオオハムがいます。
どの種も大きくて綺麗な鳥ですよ^^

| Tommy | 2009/03/17 21:06 | URL |

>nivalisさん。
私も間近でこんなにじっくりオオハムを見るのは初めてでした。
漁港内で見ることができても、大抵はすぐに沖へと行ってしまうので・・・^^;
上面の白い模様からして、幼鳥なのでしょうね。
水は決して綺麗ではなく、水面にビルが映るような場所ですが・・・何とかなるものですねw
正面顔はやはりオットセイ・・・・確かに^^;
ハシジロアビは未見の鳥。
漁港内ではまず難しいとは思うのですが、外海でも良いので一目見てみたいです。
今冬見れればなぁ・・・・なんて思っていたのですが、甘かったですね^^;

ヒメウもパッと見だとチシマウに見える個体もいるので、難しいですよね・・・・
私も現地でヒメウをみて悩んでいました。。
本当、kimさんの目はどんな目をしているのでしょうか@@;

| Tommy | 2009/03/17 21:11 | URL |

オオハム近いですね~!
アビ類はいつも遥か彼方にいるので、近いと嬉しいですよね。
2個体目は換羽中というわけではないのでしょうか?
確かに換羽にしては変な色のつき方ですが…。

あらら、やっぱりあの個体はヒメウでしたか。
嘴が反射して白く見えると、遠くからじゃ全然わからないですね。
3羽目はお手上げでした。やはり顔が見えていないと識別はできない鳥ですね~。

| kim | 2009/03/18 02:19 | URL | ≫ EDIT

>kimさん。
幣舞橋のオオハムは本当に近かったです^^;
外海で見るのとは嬉しさが違いますw
いつかは、夏羽の綺麗な成鳥も見てみたいものです。
2個体目ですが、初めは換羽中とも思ったのですが・・・どうも変でした。

ヒメウとチシマウは、遠目だと分かりにくいですよね;
はっきりチシマウと分かる個体もいるのですが・・・

| Tommy | 2009/03/20 01:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/179-9025930d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。