「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館遠征(前編)。

天候が微妙だったので金曜まで悩んだのですが・・・この週末は函館へ行ってきました。
金曜は仕事が終わった後に静内を出発。
Field of 北海道の管理人のkimさんを頼って函館へ。
目的は・・・・ミヤマガラスとコクマルガラス、猛禽類にカモメの勉強。。
急な私のワガママにも関わらず、なんと、kimさんに案内して頂けることになりました。

あ、内容が既出のkimさんのブログの記事とほとんど同じになる点はあらかじめご了承くださいw

土曜の朝。
起きてみると外は・・・・・雪。。
雪が積もると、餌が取れなくなるから抜けていなくなるかも・・・・と心配しながらも、平野へ向けて車を走らせます。
と、片側3車線の国道の途中の電線にカラスの群れが。。
081125ミヤマガラス1
ミヤマガラスの群れ!!
雪が降ってもまだ抜けてなくてよかったぁーー>;
と、近くには小さな個体。。
081125コクマルガラス1 
081125コクマルガラス2
淡色型・暗色型セットで、コクマルもまだ滞在してました。。
とりあえず、ミヤマ・コクマルの2種のカラスを見るという目的を達成できて一安心^^;

ちなみにこの群れ、この後に一斉に飛び立ち、農地の中に降り立つのですが・・・・・
降りてからも時折、一斉に飛び上がります。
081125ミヤマガラス2
写真を見てもわからないのですが、ハシボソやハシブトとはちょっと違った、ふわふわとした飛び方。
一体何をしているんでしょうか??
外敵が来ないか見回りをしているようにも見えましたが・・・・・・

次第に雪が強くなってきたため、砂崎方面へと移動。
その途中では、雪化粧した駒ヶ岳の雄姿をじっくり見ることができました^^
081125駒ヶ岳1 
081125駒ヶ岳2
山頂付近はもう真っ白。
にしても、この時は先ほどの吹雪が嘘のような天気です。
もちろん後ろを振り返ると、空は雪雲で真っ暗なんですが^^;

砂崎に着いて鳥を探しますが・・・・・・・・カラス、トビ、オオセグロカモメ・・・・・・
他に特筆するような鳥は見られませんでした;
近くの水産加工場でカモメの群れを見ますが・・・・・
081125カモメ群れ
カモメ、カモメ、カモメ、カモメ、カモメ・・・・・・・・・・・・
セグロやオオセグロ、ウミネコなんかも多少は混じりますが、多くはカモメ。
特に変わった種は見られません。。
あれだけの数がいたら、1羽や2羽は珍し系のカモメが混じっても良さそうなものなんですが^^;

土曜午前の最後は、高台から海を眺めて海鳥観察。
ハジロやミミカイツブリの群れ、ウミアイサの群れ、沖の方にはウトウの群れ。
オジロワシも通過。
ウミスズメやビロードキンクロなんかも見られました^^
海鳥を見たのは久しぶりな気がします。
しばらく海を眺めて、寒くなったので帰ろうと車に荷物を片付けた後。
ふと海の方を見ると、1羽の猛禽の姿が。
081125ケアシノスリ
 
081125ケアシノスリ2
それはなんとケアシノスリ!!
慌てて車からカメラを引っ張り出して、とりあえずシャッターを押しました^^;
思わぬところで思わぬ鳥に出くわすと嬉しいものですね^^
昨年は各地でたくさん見られたケアシノスリですが、私は今シーズン、これが初認。
今年もたくさん渡ってきてくれるでしょうか??

あと、函館とは全然関係ないですが・・・・・・
今朝、出勤途中に上空を通過するオジロワシを見かけました。
ようやく、静内川周辺にも渡ってきたようです^^

| 野鳥 | 20:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

2日間お疲れ様でした!
悪天候でしたが、ミヤマとコクマルをお見せできて良かったです。
アングルはやっぱり全く同じですね(笑

ケアシノスリは同じ時期に北海道各地で出たようですね。
昨シーズンのように大量に来るのか、それともぱらぱらとなのか…。
なんだか雪が多そうなので猛禽の入りが心配です。

| kim | 2008/11/27 00:50 | URL | ≫ EDIT

kim君に案内してもらえて良かったですね。 最強のガイドさんですね。
ミヤマとコクマル、どうでしたか? コクマル、可愛かったでしょうね。
雪景色の中、舞い上がる群れの写真が好きです♪ ふわふわとした飛び方というのが
何となく分かるような・・・。
常に周囲を警戒しているでしょうから、誰かが飛ぶと一斉に飛び上がるのでしょうね。

ケアシノスリの上面、くっきりと素晴らしいですね!
「白い尾羽の先端に黒い横帯、幼鳥は初列風切基部も白く、遠目には白斑に見える」
kim君に教えてもらった通りです。

雪化粧した駒ヶ岳が綺麗ですね! 山頂は思ってたよりギザギザした感じです。
同じ被写体でも撮る人によって違う個性が出て面白いですね。

| nivalis | 2008/11/27 18:05 | URL |

>kimさん。
2日間、本当にありがとうございました^^
ケアシは他の場所でも確認されていたんですね!
今シーズンは11月からこれだけの雪が降って、これからの天候が気になります。
また昨年のように、多くの冬鳥達が滞在してくれるといいですね。

| Tommy | 2008/11/27 18:41 | URL |

>nivalisさん。
kimさんの案内は本当に心強いです。
また機会があったら是非お願いしたいくらい^^;
コクマルは本当に小さいんですね。
群れの中にいても、遠くから一目でわかるほど。
カラスなのに可愛いですよねー^^
ミヤマは、おでこの部分が出っ張っててこれまたハシブトやハシボソにはないかわいらしさがありますね^^

ケアシノスリ幼鳥の初列基部の白斑は、私もkimさんに教わりました^^;
この個体では綺麗に見えますね。
今年、ケアシノスリを見たら幼鳥かどうかも確認しようと思います。

| Tommy | 2008/11/27 18:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tbc2008.blog46.fc2.com/tb.php/126-4b1d1542

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。