「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

引越休業

夏道東シリーズも一段落したので、北の離島へと突入したいところですが・・・(汗

引越が落ち着くまでは、写真整理やブログ更新をする暇がなさそうです。


無事に引越が終わり、ネットが開通すれば・・・

おそらく次の更新は8月初旬の週末でしょうか。

それまでの間、おやすみさせて頂きます。



道内滞在中は本当に色々な方にお世話になり、ここまでやってこれました。

これから本州での生活になりますが、こちらでの経験や生活を糧に活動していこうと思います!



これまでお世話になったみなさん、本当にありがとうございました。

そして、これからもどうぞよろしくお願いします!

≫ Read More

スポンサーサイト

| 雑事 | 22:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また湿原の小鳥

今日は、道東を代表する湿原の小鳥たち。


オオジュリン。

100725オオジュリン


コヨシキリ。

100725コヨシキリ


シマセンニュウ。

100725シマセンニュウ


大雨の中でも懸命にさえずるノビタキ♂。

100725ノビタキ

背景はノハナショウブだったのですが・・・(汗

| 野鳥 | 22:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また湿原の植物

道東の湿原の植物、何回やれば気が済むのかと言われそうですが(汗

少しだけ^^;


エゾカンゾウに

100724エゾカンゾウ


ネムロコウホネ。

100724ネムロコウホネ


今年は数が多いワタスゲ。

100724ワタスゲ

| 植物 | 23:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オオセグロ

今月も懲りずに東へ行っておりました。

東に行ってまで見なくても・・・と言われそうですが。
オオセグロカモメのヒナです。

100723オオセグロ1

親と違い、人相が悪くありません。
やっぱりヒナは手放しにかわいいです・・・・


100723オオセグロ2

もこもこでした^^;

| 野鳥 | 22:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撮りにくい。

撮りにくい花。
いつもどう撮るか悩みます。。


これまで出会った、撮りにくい花の中でもかなり上位に来るのが・・・

100722ヒメタケシマラン1

この花。
ヒメタケシマランです。

面白く、小さくて不思議な花なので、上手く撮りたい欲を掻きたてられるのですが・・・

① 花が真下向きに咲いている。
② 左右交互に花がついている。
③ そもそも花が小さい。
④ 時期的・環境的にブヨが多い・・・

といった条件から、非常に撮るのに苦労します。

上の写真では、この花の魅力はあまり伝わってきません・・・
といっても、いつもどうやって撮ろうか悩んだ挙げ句、まともな写真を撮れません。

小さいからと言って、近づいて撮ると・・・

100722ヒメタケシマラン2

葉や花が面白い感じに付いていることを伝えられない、何だか微妙な写真に・・・
(周りの葉がごちゃっとしているのも良くなかったですね;)


今回、やや長い時間ブヨやら蚊やらと格闘しながら、撮れた精一杯の成果。

100722ヒメタケシマラン3

うぅーん・・・・難しいξ

でも、撮るのが難しいと再挑戦したくなりますね!
次に出会った時には、必ずやその魅力を伝えられるような写真を!




ちなみに、私は大きな花も撮るのが苦手です。。
広く撮ると、背景がゴチャっとしがち。
と言って近くで撮ると、花が大きいだけに花のほんの一部にしかピンが来ない。

100721ホオ
(なんだか異国の雰囲気漂うホオノキの花)

なので、私はいつも望遠レンズで遠くから狙い撃ちです・・・(汗


Photogenicでありながら撮るのが難しい花。
撮り方を考えさせられるだけに、花の写真を撮る人にとって、とても魅力的な被写体なのかもしれません。

| 植物 | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あそびごころ

今月は少しずつ、毎日更新・・・
タイマー更新様々です。
貯まりに貯まった写真を、少しずつでも整理していかないと。。


今日は6月の道東報告が終わったところなので、報告をちょっと一休み。


何でもない、クロウスゴの花の写真。

100721クロウスゴ


しかし、角度を変えて撮ると・・・

100721クロウスゴ2

飛びモノ(正面顔)の写真になります!

・・・・見えないか;



お次はウグイス。

100721ウグイス


何だか逆光気味で暗い印象なのですが、
いつぞやのエゾムシクイ同様、HDR加工を施して・・・

100721ウグイスhdr

自然な感じはやや失われますが、写真と言うよりも絵に近い、不思議な雰囲気なります。

こういう加工は人によって好き嫌いがあるとは思いますが・・・
せっかくデジタルで撮影しているので、私はこういうのも面白くて良いと思います^^b
しかし・・・加工するのって面倒です(汗



こちらは、ゴゼンタチバナ。

100721ゴゼンタチバナ

友人:「何でこの株なの??」

Tommy:「いや、虫食いの形がマンガみたいに綺麗だから・・・」


既に遊び心とかいう次元ではないのかもしれません。。
単に、変な人なだけ・・・(汗


なんだか、今日は読み返してみても変な記事に・・・(冷汗

| HDRi | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湿原の花々

いいかげんに東の花を引っ張るのもやめないと・・・
まだまだ紹介したい気もしますが、キリがないので、今日まででやめておきます^^;

今日はこれまでに紹介していなかった湿原の花たちをいくつか。

エンコウソウ。

100720エンコウソウ

一見、エゾノリュウキンカに似ていますが・・・
株も小さく、花数も少なく、ひっそりと咲いていました。
と言っても、この大きさの黄色い花は目立っちゃうんですけどね^^;


こちらも、一見ミズバショウに見えるのですが・・・

100720ヒメカイウ

ヒメカイウです。
実は私は、この植物のことを知らず・・・。
言われれば確かに、葉の形も雰囲気も、ミズバショウと違うことがはっきりとわかります。
自分の無知さが残念・・・;

苞の裏側の緑色をしっかり見ておきたかったです。。
なんだか写真も適当に撮った感じがバレバレ・・・(汗


花ではありませんが、ワタスゲは今年は当たり年らしく、湿原を真っ白に埋め尽くすほどの綿毛でした。

100720ワタスゲ

これはこれで綺麗な風景です。


最後は、ハナタネツケバナ。

100720ハナタネツケバナ2

もっとピンク色の濃い花を想像していたのですが、多くは写真の様なほとんど白に近い個体。
それでも、アブラナ科にしてはふんわりと大きく、優しい雰囲気の花でした。


これでようやく、6月中旬の道東報告も終了・・・
完全に1ヶ月遅れのペースです・・・;

| 植物 | 23:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二叉一華

さて、道東の花も早く片付けてしまいたいところ・・・

今日はフタマタイチゲ。
kimさんがとても見たがっていた花でした。
私なんかは、この花のことをよく知らずにいたのですが・・・

100719フタマタイチゲ3


実物をみると、想像以上に可愛くて綺麗な花ですこと!@@;

葉の形も特徴的で分かりやすいですね。

100719フタマタイチゲ1


ふんわりと丸い形の花弁。
その花弁の裏は薄い紅紫色・・・

100719フタマタイチゲ2

図鑑にあるイメージとまるで別の花。
実物の方がずっと可愛くて綺麗でした!

と、よく見れば同じような写真ばかり3枚も(汗
もっと色々撮れば良かったと思っても、後の祭りです。

しかし、見られて良かったです。
kimさん、本当にありがとうございました^^

| 植物 | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東の鳥たち

道東の花もようやく折り返し地点くらいまでは紹介できたので・・・

今日は花はひと休みして、見られた鳥でも。


海では・・・

100718ハシブトウミガラス

「足ぶらん」なハシブトウミガラス^^;
リラックスして飛ぶのが好きな子なのでしょうか。。


コアホウドリもぶんぶん飛んでました。

100718コアホウドリ

写真を見ても分かると思いますが、とにかくガスが濃かったです・・・


陸の草原では・・・

100718シマセンニュウ1

シマセンニュウ。
あちこちで「チュルチュルチュルチュル・・・」と囀っていました。
他のセンニュウ達と違い、観察しやすいので助かります^^;

100718シマセンニュウ2

こんなところでも囀っていました。
元気いっぱい・・・


綺麗なベニマシコの♂。

100718ベニマシコ

実はあんまりベニマシコの写真って撮ってなくて・・・
この程度でも、地味に嬉しかったりします(汗


オオジュリンも、細い枯れ草の上で・・・

100718オオジュリン


この時期の道東の草原は、花も鳥もでなかなか飽きることがありません^^;
さらにトンボも見始めるともう大変・・・(笑
今回はちょっと時間に追われてしまったので、またゆっくり見に来たいです。

| 野鳥 | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海岸の花たち

これまでに紹介したものも海岸の花たちなのですが^^;
それ以外の花ということで・・・


まずはチシマキンバイ。

100717チシマキンバイ1

キンバイの分類はどうも苦手な私ですが・・・
チシマキンバイならばなんとか分かりそうです。

100717チシマキンバイ2

なんと言っても見応えのある大きな花@@;

キンバイと言うより、ちょっと小さめの○○キンバイソウといったような大きさです。

100717チシマキンバイ3

雰囲気のある、良い花ですね~♪


お次も黄色い花・・・

100717シコタンタンポポ

シコタンタンポポ。
この子もチシマキンバイと同様・・・花が大きめ@@;
タンポポでもあの大きさだとちょっと迫力があります。。
写真じゃ伝わりませんが^^;


最後は可愛く・・・

100717エゾイヌナズナ

エゾイヌナズナ。
海岸の岩壁のあちこちで白い花を咲かせていました。
相変わらず、写真を撮らされる花です^^;

背景に入り込んでいるイワベンケイは、そこいら中の岩壁からもこもこ生えていました・・・


道東の海岸線は入れる場所が限られていますが、ほんの一部を見ただけでも、その環境の素晴らしさには驚かされます。
人が入り込めない場所なだけに、様々な植物がありのままの姿で残っているのでしょうね。

| 植物 | 22:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湿地の花たち

名もない原野のような湿地のような場所。
ですが道東では、そんな場所でも多くの花々が見られます。


エゾゴゼンタチバナ。

100716エゾゴゼンタチバナ1

白い苞と、黒紫色の花弁のコントラストが印象的な花です。
一見、ゴゼンタチバナと似ているように見えますが、葉の付き方なんかを見ると全然違いますね・・・


100716エゾゴゼンタチバナ2

開きたての頃の苞が緑色っぽいのも、ゴゼンタチバナと同じようです^^;


こちらはオオバタチツボスミレ。

100716オオバタチツボスミレ1

何カ所もの湿地や湿原で、この子が咲いていたのを見た気がします・・・


シロスミレは、今回この一株だけしか見ませんでしたが・・・

100716シロスミレ

唇弁の紫が鮮やかな、綺麗な個体でした。


今日の最後は、もう一つスミレで・・・

100716チシマウスバスミレ

チシマウスバスミレ。
針葉樹林下の湿っぽいふかふかの苔の絨毯のあちこちで咲いていました。
時期こそ少し遅い感じでしたが、まだ見られただけでも喜ばないとですね!


道東。
鳥だけでなく、植物を見るにも本当にフィールドが広いです。

| 植物 | 23:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつか必ず

以前から、うすうす勘付いてはいたのですが・・・

来月から、東京で働くことにが決まりました。


いつか必ず通る道。

だけど、もう少し後に通りたかった道。



振り返れば、本当に短かった3年4ヶ月。

しかし、これ以上なく充実していた3年4ヶ月。

多くの方々と知り合い、多くのいきものに出会い・・・

北海道で生活することができて、本当に良かったです。



100716ケイマフリ
(3年前に出会ったケイマフリ)


「このブログをどうしよう・・・」 とか 「住む場所が決まらない。。」 とか 「引越ピンチ!」とか

思うことはたくさんあるのですが・・・


道内での残された時間は、2週間。

今は、この残された時間を大切に過ごそうと思います。


と言うことで、明日からしばらく・・・不在になります。

コメントへのレスは遅くなりますが、タイマー投稿してあるので、ブログは更新される予定です。



このブログに道内のことを書けるのはもうしばらくだけかもしれませんが・・・

もうしばらく、お付き合い頂けたら幸いです。


でも、やっぱりあと1年くらい、北海道で生活したかったです・・・

| 雑事 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪割小桜

太平洋岸になら結構多く生えていると言われているこのプリムラですが・・・
実は、まだ見たことがありませんでした・・・

100715ユキワリコザクラ1


ユキワリコザクラです。

100715ユキワリコザクラ2

しかし、ある場所にはたくさんありました・・・・


こんな断崖絶壁でも

100715ユキワリコザクラ3

力強く、その花を咲かせています。
こんなピンク色の華やかな花が、こんな環境で生息しているのを見ると、
植物の力強さを見せつけられた気がします。

100715ユキワリコザクラ4

一輪だけ花を咲かせる姿も・・・また綺麗です。


ここの場所の群生は本当に花が綺麗で、背景もどこを撮っても絵になったので・・・

100715ユキワリコザクラ5

写真を撮り続けて呼吸困難になりそうでした(汗
しかし、それほど美しい光景でした。


ユキワリコザクラ。
今回の道東行きの中でも、記憶に残る花のひとつになりました。

| 植物 | 22:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友知草

道東の花シリーズは続きます・・・
今日はトモシリソウ。

100714トモシリソウ1


キヨシソウと同じような環境にあるイメージだったのですが・・・
今回で、ちょっとイメージが変わりました。

100714トモシリソウ2


キヨシソウよりずっと数は多く、乾燥にも耐えられる感じです・・・

100714トモシリソウ3


海岸の岩場ならば結構どこででも見られる印象。

100714トモシリソウ4


場所によっては、アスファルトの割れ目から、まるでシロツメクサの様に生えていることもありました(汗

100714トモシリソウ5


トモシリソウは道東の海岸で逞しく生きています。。
この子に関しては、簡単に絶滅することはなさそうですね・・・^^;

| 植物 | 22:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瀞草

しばらく、道東の花シリーズが続きます・・・
今日はキヨシソウ。


道東の海岸の岩壁に見られるユキノシタ科の植物。

100713キヨシソウ1


運良く、2箇所で見つけることが出来ました。

100713キヨシソウ2


しかしまぁ、よくこんなところに生える植物を見つけたもとかと思うような場所に生えています^^;

100713キヨシソウ3


以前から、できれば見たいと思っていたユキノシタ科植物の1種。
今回の旅の目標の一つを達成できて良かったです。

| 植物 | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サカイツツジ

6月中旬。
実は、東の方へ行っておりました・・・

日本では道東でしか見られない、サカイツツジ。

100712サカイツツジ1


ちょっとピークを過ぎた感じでしたが・・・
アカエゾマツ林の林縁で、その美しい姿を見せてくれました。

100712サカイツツジ2


背の低い木のてっぺんにピンク色の花をつけた姿が印象的です。

100712サカイツツジ4


最近、「北海道限定」という言葉に極端に弱い私がいます・・・

| 植物 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

積丹の・・・

積丹では、久々にのんびりとした時間を過ごしました。


海に・・・

100711積丹の海


100711積丹の海2


空に・・・

100711積丹の空


エゾハルゼミ。

100711エゾハルゼミ

林の中は、尋常じゃない数のブヨに苦労しましたが・・・(汗
積丹半島、天気のいい日に行くに限りますね!

風が弱ければ、神威岬にも行きたかったのですが;

| 風景 | 22:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

335。

アマツバメを見ている時、ついでにこんな鳥も・・・

100710ミサゴ1

ミサゴ。
青い海がよく似合う鳥です。


100710ミサゴ4

この直後・・・


100710ミサゴ2

オオセグロカモメにモビングされてました(汗

100710ミサゴ3

こう見ると、やっぱりカモメって大きいですね。
ミサゴと比べても遜色ありません。

| 野鳥 | 22:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨燕

道北へ行った翌日。
私は・・・積丹半島にいました(汗

のんびりとアマツバメを観察・・・

100709アマツバメ1

群舞していました!
その飛翔の見事なこと・・・

100709アマツバメ2

そういえば、これまでアマツバメをまともに撮影したことがありませんでした。

100709アマツバメ3

そして、しばらくの間アマツバメと格闘・・・(汗

100709アマツバメ4
羽をブルッとした瞬間。

にしても難しい・・・><;
早くてピンが追いつきません。。

100709アマツバメ5

頭をかすめそうなほど、目の前をビュンビュン飛んでいるのですが^^;


下面の撮影は比較的簡単・・・とは言っても、どの写真もトリミングしているわけで。

100709アマツバメ6


またいつか、快晴の日にこの子たちに挑戦します!

100709アマツバメ7


その時までに、もう少し腕を上げなければ。

| 野鳥 | 21:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑寒別山麗

道北の帰り・・・

暑寒別山麗にぶらっと立ち寄りました。

スミレサイシンに

100708スミレサイシン


ミヤマスミレ。

100708ミヤマスミレ

どちらも西日を受けて不思議な色になっていますが^^;


フギレオオバキスミレは日陰で・・・

100708フギレオオバキスミレ



海面がオレンジ色に染まり、夕陽も美しい日でした。

100708夕陽

この連日のタイマー投稿、いつまで続くでしょうか・・・^^;

| 植物 | 22:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蛇紋岩地帯

テシオコザクラを見に行く途中に見られたのは、エゾミヤマクワガタだけでなく・・・

100707アポイタチツボスミレ2

最近、どこかで見たような花・・・

アポイタチツボスミレです。

100707アポイタチツボスミレ1

「アポイ」という名は付きますが、アポイ岳固有種ではなく、道内の蛇紋岩地帯に隔離分布しているのでしょうね。
アポイよりも断然個体数が多いようにすら感じました。

アポイタチツボだけでなく、

100707アイヌタチツボスミレ

アイヌタチツボスミレや

エゾアオイスミレも見られました。

100707エゾアオイスミレ

さすがにエゾアオイは時期が遅く、綺麗な花は少なかったですが・・・・
見たことが無かった花なので、見られて良かったです^^

こちらは、

100707ヒメナツトウダイ

ヒメナツトウダイ。
あまり目立たない色ですが、この形なので意外と目にとまります。
昨年覚えたせいか、今年はいろんな場所で見かける気がします。


最後に、まだ蕾でしたが・・・

100707オゼソウ

この地域の個体はテシオソウと呼ばれることもある、オゼソウ。
この植物も、北海道では道北限定、本州では尾瀬限定と、隔離分布しています。
どうしてこのような分布になるのか気になります・・・

美しく開花した姿も見たかったです。
・・・テシオコザクラだけで満足しなければならないところですが^^;


移動を含め、24時間での道北遠征でしたが、大満足の内容でした^^
kuraさん、本当にありがとうございました!

| 植物 | 22:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エゾミヤマクワガタ

テシオコザクラの群生地へ向かう途中。

100706エゾミヤマクワガタ

エゾミヤマクワガタが群生していました。

100706エゾミヤマクワガタ2

こちらもちょうど見頃のようで・・・
紫色の花を惜しげもなく見せてくれました。


上のような花付きの良い株も好きですが・・・

100706エゾミヤマクワガタ3

どちらかというと、これくらいの小さくて収まりのいい株の方が好きだったりします^^;

| 植物 | 22:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天塩小桜

ユキワリコザクラ、ソラチコザクラ、ユウパリコザクラ、エゾコザクラ、ヒダカイワザクラ、サクラソウ、オオサクラソウ、クリンソウ。
北海道に来て、種としては8種のプリムラを見てきましたが・・・

未だ見ぬ白いプリムラを求めての今回の道北行、一番の目的はこの花でした。

100705テシオコザクラ1

テシオコザクラ。


実は昨年もこの花を見に道北を訪れたのですが、残念ながら場所がわからずξ
しかし、今年は・・・

100705テシオコザクラ7

満開!!


そして、こんなに群生しているとは思ってもいなかったので・・・

100705テシオコザクラ2

あまりの光景に感動しました・・・


100705テシオコザクラ3

花もほとんど傷んでいなかったので、どの花を見てもphotogenicで。


100705テシオコザクラ4

どの花をどう撮ろうかと悩んで撮っているうちに時間は過ぎ・・・


100705テシオコザクラ5

気付けば、この群生地でやや2時間もの時間を費やしていました(汗


100705テシオコザクラ6

濃い緑の葉に、赤い茎、中心が黄色で純白の花。
テシオコザクラ、本当に美しい花でした。
同行してくれたkuraさん、ありがとうございました!

| 植物 | 23:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道北の鳥たち

アポイの翌週、6/5。
金曜の夜に出発し、土曜の夜までに札幌に帰るという強行な旅をしてきました・・・

早朝、まずはサロベツへ・・・

行く途中で、コシアカツバメを発見。

100704コシアカツバメ1

こんなところで繁殖してるんでしょうね@@;
2羽で電線にとまっていました。


オオジシギはいろんなことを主張してました。


ようこそサロベツへ!

100704オオジシギ1


モービル厳禁!

100704オオジシギ2


眠い・・・

100704オオジシギ3


一日休んで大分良くなりましたが、風邪を引いてダウン中です--;
せっかくの週末が・・・><

| 野鳥 | 22:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒメチャ

アポイ岳で、こんな蝶に出会うことが出来ました。

100703ヒメチャマダラセセリ

ヒメチャマダラセセリ。
国の天然記念物であり、キンロバイを食草とするアポイ岳固有種。

快晴で暑かったせいか、登山道脇の地面で給水していました。

そういえば、昆虫の写真ってあまり載せたことが無かった気が・・・
ほとんど撮ってもいないのですが(汗

| 動物 | 23:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アポイの花たち③

※今月はタイマー投稿ばかりですが、なるだけ更新します!

今日はアポイのプリムラ2種。

前日、違う場所で見たヒダカイワザクラ。

100702ヒダカイワザクラ1

礫地の岩の隙間から力強く花を咲かせるその姿は、またちょっと印象が違います。


サマニユキワリも、今が旬と言わんばかりに咲いていました。

100702サマニユキワリ1


咲き始めなのか、生き生きとした雰囲気がいいですね!

100702サマニユキワリ2

| 植物 | 22:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アポイの花たち②

今日はスミレを。

フイリミヤマスミレやアイヌタチツボスミレも咲いていたのですが、
やっぱりここに来たら・・・
100701アポイタチツボスミレ
アポイタチツボスミレ。

そして、
100701エゾキスミレ1
エゾキスミレ。

どちらも、小さくて色の濃い葉の上についた花が可愛い・・・

100701エゾキスミレ2

見頃の時期にこの花を見られただけでも、満足満足^^

| 植物 | 22:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。