「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

爪の長い・・・

先週末の鵡川も、気付けば4回に分けての報告に^^;
他にネタがないので引っ張り気味です。
それでも今日で終わらせないと・・・

アトリ類の少ない今冬。
それでも、シメだけは例外のようで・・・
100318シメ
あちこちで見かけました。。

あと、もう抜けてしまったかと心配していたこの子。
100318ツメナガホオジロ1
ツメナガホオジロ。
まだ残っていてくれたんですね。
この写真だけはノートリです^^;

まだまだ冬羽の子もいれば・・・
100318ツメナガホオジロ2

かなり夏羽が混じった子も。
100318ツメナガホオジロ3
岩の後ろに隠れてないで出ておいで-;
1月には30羽以上の群れ見ていたのですが、この日は10羽だけでした。

しかし、このツメホ達、いつもとはちょっと違う場所にいました。
いつもいた場所では、2台の単車が大きなエンジン音を鳴らして走り回っていました。。
当然、小鳥どころか猛禽も見ることができず・・・
ちょっと今後が心配です。

最後は、数千羽のマガンの中からようやく見つけた1羽のシジュウカラガン。
100318シジュウカラガン
カリガネを探そうと必死でしたが・・・見つけるのは至難の業ですね;
もう少し鍛錬しなければならなさそうです。。

| 野鳥 | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月