「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千島鵜烏

2月に道東を訪れた際にも見たのですが・・・

今回もしっかり観察できました。
チシマウガラスです。
100330チシマウガラス5
しかも美しい成鳥夏羽!

1羽見て満足満足。
・・・・と思っていたら、違う日には
100330チシマウガラス6
・・・・・・・・・・?!
岩陰から顔の赤い子が・・・@@;
まさか、成鳥夏羽を2羽同時に見ることができるとは。。

岩陰にならないよう、角度を変えて見ると
100330チシマウガラス2
口をパックリ^^;

と、しばらく見ていると
100330チシマウガラス3
・・・・・・・?!

いつの間にか左側に幼鳥が・・・。
成鳥×2に幼鳥×1。
3羽同時にファインダーに入ったときにはさすがに焦りました。。
焦ったおかげで、3羽が同時に顔を上げている写真がないという・・・;
日本でもこんな光景が見られることがあるんですね。

こちらも成鳥1と幼鳥1。
100330チシマウガラス4
うっすらとでも太陽光が当たると、金属光沢が綺麗です。
ヒメウと違い、成鳥の羽は茶色っぽいんですね。

青い海と波しぶきをバックに・・・
100330チシマウガラス1

夏羽の成鳥2羽を含む、3羽のチシマウガラス。
今回の道東、これを見られただけでも来た価値があったのかもしれません^^

ちなみに、2月に成鳥冬羽と思って見ていた個体は、今見直してみるとヒメウにしか見えません。。
まだまだ識別能力が足りないようです・・・
スポンサーサイト

| 野鳥 | 22:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海秋沙

道東は悪天候でしたが・・・
そんな時は漁港巡りに限ります。

漁港内も波が激しいせいか、ウミアイサが陸に・・・

100329ウミアイサ1
ウミアイサの♂をこれだけ近距離でじっくり観察したのは初めてかも。

頭隠して・・・
100329ウミアイサ3
何だかかわいいです。

風に煽られてぺたりと座り込んでしまいました。。
100329ウミアイサ2
強風で自慢の冠羽が逆立ってます^^;

♂だけではありません。。
100329ウミアイサ4
カモメたちの群れに混じってました^^;

こちらも強風で冠羽が逆立って・・・
100329ウミアイサ5
まるでアトムの様に(笑

せっかく近かったので、いつもより大きな図鑑的写真を。
100329ウミアイサ
鮮やかで美しいですね!

ウミアイサ。
冬の北海道では普通種とはいえ、これだけじっくり観察できると嬉しいですね♪

| 野鳥 | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荒天の道東

既に道東から帰ってから1週間が経とうとしていますが・・・
未だに鳥の写真に手を付けられません。。

ということで、ひどい天候だと道東がどんな感じなのかをお伝えします^^;

納沙布岬は・・・
100328荒波の納沙布
荒波。
スコープを覗いて海鳥を探している場合じゃありません。。

走古丹は・・・
100328暗雲の走古丹
なんだか押しつぶされそうな暗雲。。
この直後、一帯は吹雪に飲み込まれました。
この10分くらい前までは快晴だったのですが。

それでも意外と・・・
100328日没の雪原

夕陽はとっても綺麗でした!
100328沈む太陽


早く鳥たちの写真を整理しないと・・・
少しずつでもアップしていこうと思います。

| 風景 | 18:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今冬5度目の道東

更新が滞っておりました。

先週末は、連休を利用して・・・・
また東へと行ってきました。

100325タンチョウ


強烈な低気圧の影響で、かなり右往左往した週末でしたが^^;
いろんな意味で勉強になる旅でした。

年度末ということもあり、ゆっくり写真整理する暇もなく・・・・
とりあえずFNだけでも。
コメントやメールを頂いているにもかかわらず、レスが遅くなっており、申し訳ありません;

FN(3/20~23 霧多布~根室半島~走古丹~野付~浦幌)
アビ、オオハムsp、ハジロカイツブリ、アカエリカイツブリ、チシマウガラス、ヒメウ、ウミウ、オオハクチョウ、マガン、ヒシクイ、ハクガン、マガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、シノリガモ、クロガモ、コオリガモ、ビロードキンクロ、ウミアイサ、カワアイサ、ハシブトウミガラス、ケイマフリ、ウミバト、ウミスズメ、コウミスズメエトロフウミスズメ、ウトウ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコ、ワシカモメ、シロカモメ、カモメ、ユリカモメ、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、オジロワシ、オオワシ、トビ、ノスリ、ハヤブサ、アカゲラ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、スズメ、ミヤマカケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計60種

| 野鳥 | 01:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとごと

忘れていましたが・・・
私の職場では4月の人事異動の全容が明らかになりました。


私は、北海道に残留。

しかし、仲の良い友人が数人、東京へと旅立つことに。


「人事」。
「じんじ」とは読まず「ひとごと」と読むのが適当だと感じる私。
職場のためとはいえ、多くの人達が自分の意に反した場所・ポストへと動かされます。
まるで他人事の様に。

今はとりあえず、4月にまだ北海道にいられることを喜ばなくてはなりません。
しかしこの1年は、常に「いつ北海道から追い出されてもおかしくない」と思いながら過ごさねばなりません。


となると・・・これまで以上に、毎日を大切に。
今過ごしている季節を、再びこの地で過ごすことが出来ないかもしれないと思うと・・・
もう、1日も無駄にはできません。。

来年度も、どうやら休んでいる暇は無さそうです。


ということで、今日の記事はタイマー投稿^^;
この週末も、道内のどこかに出没しているはずです・・・(笑

| 雑事 | 22:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

爪の長い・・・

先週末の鵡川も、気付けば4回に分けての報告に^^;
他にネタがないので引っ張り気味です。
それでも今日で終わらせないと・・・

アトリ類の少ない今冬。
それでも、シメだけは例外のようで・・・
100318シメ
あちこちで見かけました。。

あと、もう抜けてしまったかと心配していたこの子。
100318ツメナガホオジロ1
ツメナガホオジロ。
まだ残っていてくれたんですね。
この写真だけはノートリです^^;

まだまだ冬羽の子もいれば・・・
100318ツメナガホオジロ2

かなり夏羽が混じった子も。
100318ツメナガホオジロ3
岩の後ろに隠れてないで出ておいで-;
1月には30羽以上の群れ見ていたのですが、この日は10羽だけでした。

しかし、このツメホ達、いつもとはちょっと違う場所にいました。
いつもいた場所では、2台の単車が大きなエンジン音を鳴らして走り回っていました。。
当然、小鳥どころか猛禽も見ることができず・・・
ちょっと今後が心配です。

最後は、数千羽のマガンの中からようやく見つけた1羽のシジュウカラガン。
100318シジュウカラガン
カリガネを探そうと必死でしたが・・・見つけるのは至難の業ですね;
もう少し鍛錬しなければならなさそうです。。

| 野鳥 | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高麗雉再び。

マガンを探しているときに、また鵡川でこんな子を見つけてしまいました。

コウライキジの♂です。
100317コウライキジ
白い首輪がなければ気付かなかったのですが・・・^^;
風を避けるように畑の脇の側溝でうずくまっていました。

しばらくすると、ゆっくりと前進。
100317コウライキジ1
繁殖期が近づき、顔の赤い部分も大きくなってますね!

1月に見たときと同様、すごく愛想のいい子でした。
同じ鵡川でも、場所は全然違うのですが^^;
100317コウライキジ4
順光だと、羽の模様の美しさが際だちます。

順光でなくても、光沢のある羽のお陰で面白い写真になります。
100317コウライキジ2

そして、外来種と分かっていても、綺麗だとついつい撮ってしまいます^^;
100317コウライキジ3

今年に入って、どうやら鵡川ではコウライキジに縁があるようです。
写真に撮れる距離ではありませんでしたが、14日には♀も見かけました^^;

| 野鳥 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鵡川近辺の猛禽たち

鵡川へは雁をメインで見にいったのですが、もちろん他の鳥たちも見てました^^;

今日は猛禽でも。

ハイイロチュウヒ♂。
100316ハイイロチュウヒ1
時間的にそろそろ撤退かな・・・と思っていたとき、車道脇に突然現れました@@;
交差点で車の止め場所に困っているうちに、強風に煽られてどこかへ飛んでいきました;
近かっただけに・・・もう少ししっかり撮れたら良かったのですが^^;
ハイチュウ♂は2羽確認。

畑でガンを見ていると・・・
100316ハヤブサ
畦にハヤブサが一羽^^;
手前に羽毛が散らばっているところを見ると、食事の後なのでしょうか。

プロミナでマガンを覗いていると、背景に猛禽が・・・・
100316ケアシノスリ
ケアシノスリです!
一時期と比べると、かなり数が減ってしまったと聞いていたので、会える期待はしていなかったのですが。
♂成鳥と思われます。
逆光でも、少し遠くても、見られて良かった~♪

一時期と比べると数は少ないですが、まだまだ猛禽も見られそうです^^

| 野鳥 | 23:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雁達の季節。

今年も北海道に春のガンの渡りの季節がやってきました。
ということで・・・・
この週末は鵡川辺りをうろうろしてみました^^;
マガンの数は数千羽。
私が見ただけで、5千羽程度はいたでしょうか。

青空バックに飛ぶ姿も綺麗です。
100314マガン1

あちこちの畑にいるわいるわ・・・
100314マガン2

飛翔姿も綺麗ですね!
100314マガン3

夕陽をバックに・・・
100314マガン5

仲良く並んで^^;
100314マガン4

夕焼けの飛行機がチャームポイント・・・
100314マガン6


帰宅時、高速道路を走行中にマガンの大編隊と並行して走行。
運転しながら、次々と塒へと向かうマガンの編隊の数々に、感動してしまいました。。
下から見上げるではなく、高速道路上の高い位置から見るマガンの編隊は、立体的で(といっても伝わらないかもですが^^;)とても美しかったです。

ガンの渡りの季節。
これから4月末まではガンを楽しむことが出来そうです♪


以下はちょっと写真展示の宣伝です。
気になる方はどうぞ・・・

≫ Read More

| 野鳥 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帯広の鳥たち

3/7は、ぶらぶらと半日間、帯広散策。

北海道の内陸では珍しく、冬でも淡水ガモが見られます。
100310アメリカヒドリ
中にはアメリカヒドリの姿も・・・

比較的人に慣れているのか、カワアイサもこの距離で逃げません。。
100310カワアイサ

ミコアイサはちょっと警戒心が強かったですが^^;
100310ミコアイサ

身近な公園も多く、小鳥を見る場所もたくさん。
帯広っていいとこです。

コゲラ。
100310コゲラ
この子、何だか羽がふわふわしてる気が・・・・
コゲラってこんな白い羽が多いんでしたっけ??

最後はシマエナガ。
100310シマエナガ
やっぱり私の近くには来てくれません。。
この子もやや距離がありました・・・・
今度はもう少し近くでじっくり撮らせてね~^^;

| 野鳥 | 23:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オカヨシ&チョウゲンs。

3月6日。
帯広から遠くない場所で^^;

本州にいた頃はよく見ていたのですが、北海道ではあまり見た記憶がないオカヨシガモ。
100310オカヨシガモ1

オナガガモと仲良く採餌してました^^;
100310オカヨシガモ2

気付けばすぐ近くの電柱の上にいたコチョウゲンボウ♂。
100310コチョウゲンボウ
気付いたときにはこの位置だったので・・・電線をどうしても避けられません^^;
せっかく可愛い顔してこっちを見てくれてたのですが・・・・

そして、チョウゲンボウも。
100310チョウゲンボウ
ちょっと遠いです。。

猛禽を見ていると、最近の鵡川・勇払がどうなっているか気になってきます。
もうガンもかなりの数が入っているのでしょうね!
今週末辺り、久しぶりに偵察に行こうかな・・・^^;

| 野鳥 | 22:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

姫羽白。

この週末もちょっと東方へ出掛けておりました。

とある川にて・・・・
100307ヒメハジロ1
ヒメハジロの♂です!こうしてみると、頭でっかち・・・・
11月の道東で見たときよりもずっと近い距離。
双眼鏡でも判別できる距離でした!

とはいっても、かなり大トリしてようやくこの程度の写真ですが^^;
100307ヒメハジロ2

なんだか、バシャバシャとせわしなく飛び回っておりました。
100307ヒメハジロ3
足は赤いんですね@@;

前ならえ。
100307ヒメハジロ4

ホオジロガモの中に1羽だけ。
ライファーの時が豆粒だっただけに・・・しっかり見れる距離で出会えて嬉しかったです^^♪
ヒメハジロ、やっぱり可愛いカモですねー><b

| 野鳥 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道南ぶらり。

道東報告おかげで2週間くらいずれてますが。。
2/20~21は道南へ行ってました。

なぜか・・・シロチドリ。
100305シロチドリ
厳冬期の北海道でこの鳥を見るのって初めてかも・・・・
あ、ハマシギも4羽くらいいました^^;

漁港では、道南名物のコクガン。
100305コクガン

ハジロカイツブリも何度か見ることがありました。
100305ハジロカイツブリ2
(私の殺気を感じて焦っているようにみえるのは気のせいです・・・)

この子はちょっと夏羽混じり。
100305ハジロカイツブリ
反対側はまだ飾り羽が付いていませんでした。
夏羽の綺麗な姿も近くで見たいですね~!

ビロードキンクロ。
100305ビロードキンクロ♂
外海のビロキン的には遠くない距離・・・(トリミングしてますが・・・)
漁港脇で波も無く、♂も♀も数羽ずついたので、観察にはいい場所でした!

ワシを求めてちょっと上流へ向かったところで出会ったキタキツネ。
100305キタキツネ
最近、キツネに惚れ直し中です^^;

そして最後は偶然出会えた・・・・
100305フクロウ
フクロウです。
運転中、道路脇の木に止まっているのを見つけてUターン^^;
うろの中にいないこの子を自分で発見したのは初めてかも・・・
こういう出会い方をするとまた嬉しいですね♪

のんびり道南旅、楽しかったです^^
お世話になった皆さん、ありがとうございました!

(FN 2/20~21 長万部~鹿部)
オオハム,アカエリカイツブリ,ミミカイツブリ,ハジロカイツブリ,ウミウ,オオハクチョウ,コクガン,ヒシクイ,オナガガモ,ヒドリガモ,マガモ,カルガモ,スズガモ,キンクロハジロ,シノリガモ,クロガモ,ビロードキンクロ,ホオジロガモ,ウミアイサ,カワアイサ,カモメ,セグロカモメ,オオセグロカモメ,ワシカモメ,シロカモメ,アオサギ,シロチドリ,ハマシギ,オオワシ,オジロワシ,トビ,フクロウ,ハクセキレイ,アカゲラ,コゲラ,ヒヨドリ,ツグミ,ハシブトガラ,シジュウカラ,ベニマシコ,カワラヒワ,シメ,ミヤマカケス,ハシブトガラス,ハシボソガラス 計45種

| 野鳥 | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月の道東⑧-知床の風景-

更新が滞っておりました・・・
週末、東京へ異動した職場の友人が北海道へ遊びに来るということで、富良野まで出向き・・・
帰ってきてからは、月曜~今日まで風邪でダウン--;
丸2日間布団の中だったせいか、体のあちこちが妙に痛いです。。

さて、2月の道東報告もそろそろ終わらせないと・・・
2/14、流氷クルーズ~ウトロ側の海岸の風景です。

100303国後島
流氷に浮かぶ国後島。
天気が良いときにクルーズに乗ると、かなりハッキリとその姿を見ることができます。

100303知床連山1
海上から・・・知床連山。
やっぱり、山は青空の日に撮るに限ります!
右側の海水面に見える変な模様は一応、流氷・・・

100303流氷1
こちらは薄~い流氷と一緒に・・・

100303氷上のカメ
流氷を進むカメ。
何度見ても、よくできた岩です。。

100303流氷2
オレンジにも、薄いピンクにも水色にも見える流氷と海水面。
不思議な色合いです・・・

100303流氷3
夕暮れのオホーツクの海岸線。
写真ではうまく表せらせませんが、流氷の隙間でキラキラ光る水面がとても綺麗でした!

100303斜里岳
最後に・・・斜里岳。
キタキツネでもいればなぁ・・・なんて思いながら^^;

と、これにて2週間引っ張った道東の報告もようやく終了!
ここしばらくは、ウトロ側も羅臼側も流氷が陸から離れてしまっているようで・・・
そう思うと、ちょうど接岸している時期に行けたのは運が良かったです。

| 風景 | 20:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。