「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コミミ他。

今日は日付変更線との戦いに敗れました・・・
明日一日で今週の業務終了と思って@1日乗り切らねば^^;


先週末の鵡川の残りの写真達をば・・・

上空を通過したガンの群れは
100128マガン
マガンの群れでした。
どこで越冬している子達なのでしょうか?

こちらは車の真横にいたツグミ。
100128ツグミ
今年はツグミもあまり多くない気がします。

あとはやっぱり・・・
コミミ。
100128コミミズク1


コミミ。
100128コミミズク2

コミミ。
100128コミミズク4
日中は草むらの中でおねむの様です・・・・

最後もコミミ^^;
100128コミミズク3

やはり先週末も、鵡川はコミミ祭にケアシ祭が開催中でした^^;

今週末は久しぶりに海を越えて来ようと思います・・・鳥目当てではありませんが。
スポンサーサイト

| 野鳥 | 01:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「祭り」以外の猛禽たち

この2週間で、祭りの開催されていたコミミ、ケアシ以外では・・・

チョウゲンボウ。
100127チョウゲンボウ
♂♀1羽ずつは確認しました。
チョウゲンボウはほぼ毎日1回は見ていたような??

こちらはコチョウゲンボウ♂。
100127コチョウゲンボウ
コチョウゲンボウは年末にツメホと一緒に見て以来。
1分程でロストしてしましましたが・・・
コチョウゲンボウは24日のみ。

オオタカ成鳥。
100127オオタカ
オオタカは24日の早朝に一度見ただけ。

ハイチュウは、23・24日は♀しか見ていません。
100127ハイイロチュウヒ1
ネズミを引っ掴んで・・・これから食事なのでしょう。

♀は何度も見たのですが・・・
100127ハイイロチュウヒ2
撮影の難しい鳥です;


あと、大切な子を忘れてました・・・
100127ノスリ
トビに匹敵するくらい(と言ったら言い過ぎですが)、とても多かったノスリ。
たまには撮ってあげないとですね^^;

あとは、ハイタカ成鳥、オジロワシ成・幼、オオワシ成鳥。

ハヤブサが出れば、見られそうな猛禽全て、という感じでした。
ケアシ、コミミだけでなく、色々と楽しめるのは嬉しいですね♪

| 野鳥 | 23:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケアシ祭。

※出張中につきタイマー投稿です。

コミミ祭が開催中な時、密かに開催されていました・・・
ケアシ祭。

コミミ祭と比べると、人は少なめ、行列もありません。
ですが・・・・
内容は充実していました!

100126ケアシノスリ1
♀成鳥と思われる子。
早朝だったせいか、この距離でも逃げる気配がありません。

同個体の横向き。
100126ケアシノスリ2
ノスリのように、下をじぃー・・・っと見てます。

こちらは幼鳥。
100126ケアシノスリ3

同個体の上面のパターン。
100126ケアシノスリ4
初列の明瞭な白帯、尾羽の不明瞭な黒帯。
典型的な幼鳥です。

この子は・・・・
100126ケアシノスリ5
これこそ!と言う感じの♂成鳥!
バリッとした感じの白黒のコントラストが本当に美しいです!
尾の黒帯は下面までしっかり3本。
100126ケアシノスリ6
良い個体を見られました^^

この子も幼鳥。
100126ケアシノスリ7
警戒心というものをどこかに忘れてきた個体のようで。。
これでもノートリ。

おっと失礼・・・・(笑
100126ケアシノスリ8

これ以外にも2~3個体確認。

ケアシ祭。
非常に内容の充実した、楽しい祭でした♪

| 野鳥 | 21:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高麗雉

23日。
1週間前の祭りのことが忘れられず、結局この週末も鵡川で鳥見^^;
早朝に札幌を脱出し、向かったわけですが・・・

愛想のいいこんな子が。
100125コウライキジ1
綺麗なコウライキジの♂。
にしても近すぎ・・・・
ノートリなどころか、400mmだと長すぎて220mm。

400mmまで伸ばすと
100125コウライキジ2
こうなります^^;

そして、尾が長いので油断するとこうなります・・・
100125コウライキジ3
尾の先端が~;
こういう時、視野率100%のカメラが欲しくなります。。

縦位置だと綺麗に収まるんですけどね^^;
100125コウライキジ4
背景がごちゃっとして残念・・・

あくびでしょうか・・・・鳴き声は聞いていません^^;
100125コウライキジ5
瞬膜も閉じてますね(笑

実はまだ写真をほとんど撮ったことのなかったコウライキジ。
100125コウライキジ6
今回、じっくり見られて満足です^^♪

| 野鳥 | 23:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コミミ祭。

今日は1/16,17の続き。
鵡川が凄かったのは、先日お伝えした以外に・・・・
100124コミミズク1
コミミが多いこと多いこと。。

私など、コミミをじっくり見たこともほとんど無かっただけに・・・
100124コミミズク2
嬉しかったです><

あまりにも多いので、ハイチュウ♂をファインダーで追っかけていると
100124コミミズク3
こちらを向いたコミミが気付かずに入っていたり^^;

杭にぽつんと・・・・
100124コミミズク4

夕陽を浴びて綺麗です。
100124コミミズク5

コミミズク祭。
この子達を見に来た人もたくさんでしたが、それだけ魅力的な鳥であることは間違いありません。
そして、私もその虜となった一人なわけです^^;

| 野鳥 | 20:49 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鵡川が・・・

先週末にゆっくり鵡川へ行ってきたのですが。。

ケアシノスリは・・・成鳥2,幼鳥1。
100122ケアシノスリ1
幼鳥。


100122ケアシノスリ2
こちらは♂成鳥(訂正の情報ありがとうございました)!
遠いです^^;

ハイチュウも何度も・・・
100122ハイイロチュウヒ1
♀タイプに

100122ハイイロチュウヒ2
♂成鳥も!

さらには・・・・
100122チョウゲンボウ1
チョウゲンボウの♂。

愛想のいい子でした^^
100122チョウゲンボウ2
おそらく上と同一個体。
今年は道内あちこちでチョウゲンボウを見ます。
コチョウゲンボウより多い気が・・・
飛来数が多いのでしょうか?

私以外、見向きもしていませんでしたが
100122ミヤマガラス
でこっぱちなカラスもいました^^;
ブト&ボソの群れの中に2羽確認。
鵡川でミヤマガラスを見たのは初めてだったりします。

もちろん、いつものツメホも健在。
100122ツメナガホオジロ1
30~40羽の群れは間違いなくいます。
他にも小さな群れを見たのですが、その群れの個体と同一かどうかは不明。

草陰から様子をうかがってなかなか出てきてくれなかった子。
100122ツメナガホオジロ2
やっぱり可愛いです!

これだけでも満足なのですが・・・・
今年に入って、鵡川が熱いです!

| 野鳥 | 00:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は・・・

ちょっと早く仕事終了!
ということで、週末に備えて体力温存です^^;

100121フクロウ

このフクロウと同様、眠い眠い・・・・。。

| 野鳥 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東小回り旅③ -オホーツク沿岸の鳥たち-

1/11。
年末と同じようなルートでウトロ→網走へと向かいます。
まずは宇登呂漁港にて。
100120ビロードキンクロ
ビロードキンクロの♀です。
♀を近くでゆっくり見たことがなかったので、地味に嬉しかったり^^;
次列風切の白がよく目立ちます。

お次は・・・
100120ワタリガラス
この写真で分かる方がどれだけいるかわかりませんが・・・
一応、ワタリガラスです^^;
あの特徴的な鳴き声にくさび形の尾。
エゾシカの屍肉に群がるハシブトガラス達の近くを飛び回っていました。

知布泊の漁港では
100120ウミスズメ
ウミスズメが1羽ぷかり・・・
漁港の中で見たのはやや1年ぶり。
やっぱり可愛いですね-^^

海は比較的荒れていたのですが、斜里漁港は海ガモが多少入っているだけで、ウミスズメ類は皆無。
カモメもピンクの子はいませんでした。。

網走漁港ではいろいろ見られましたが・・・
ケイマフリ。
100120ケイマフリ
冬羽を近くで見たのは初めてです。
匍匐前進に気付かれ、若干遠い写真になってしまいました。。

最後にチェックした場所では、ハシブトウミガラス。
100120ハシブトウミガラス
首をすぼめて・・・足元でぷかぷかと^^;

近いのですが、逆光気味で撮影が非常に難しい状況。。
100120ハシブトウミガラス3
これが精一杯でした><;

ハシブトウミガラスも近くで見たことがなかったので感激。。
100120ハシブトウミガラス2
やっぱりウミスズメ類は可愛いですね><b

と、これにて3連休の鳥見報告は終了。
いつもの道東鳥見に比べるとゆっくりとした旅でしたが、楽しかったです♪

| 野鳥 | 00:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道内小回り旅② -丹頂と鷲-

早朝の音羽橋にて。

日の出前。
100119タンチョウ1
寒々とした空気が伝わってきます。

そして、日の出後。
100119タンチョウ2
景色が一変します。

「けあらし」の中を舞うタンチョウ達。
100119タンチョウ3
美しい光景です。

こちらは飛翔。
100119タンチョウ4
うまく撮れませんでしたが・・・^^;

最後に、下面に夕陽を浴びて飛ぶオジロワシ。
100119オジロワシ
もう少し、考えた写真を撮れないものかと思うのですが・・・
構図がかなりワンパターンになってしまっている気が。。

こういう好みなので仕方がないのかもしれませんが^^;

| 野鳥 | 00:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道内小回り旅① -小鳥たち-

1/9~11日の3連休。
どこに行こうか迷っていましたが・・・
札幌→鵡川→釧路→霧多布→ウトロ→網走→札幌というルートで、道内を小回りしてきました^^;
3回ほどで報告を・・・・

今日は小鳥たち。
と言っても、やっぱり今年の冬は小鳥が少ないです;
なので、報告もほとんどないのですが・・・

まずは出発の鵡川では、毎度おなじみ。
100118ツメナガホオジロ1
ツメホちゃん。
年末に12羽と言っていましたが・・・増えてました!
中には少しずつ夏羽っぽくなってきている個体もいるようです(右端の子とか)。

この日確認出来たのは35羽。
100118ツメナガホオジロ2
カワラヒワが1羽混じっているのは秘密です^^;

あとは、霧多布で・・・
100118ハギマシコ
ハギマシコ。
こっちも30羽程度の群れでした。
年末に訪れた時には見かけなかったので、年末年始の寒波で移動してきたのでしょうか。

少しでも小鳥たちが増えるといいですね。
ベニヒワやイスカ、今季も1度くらいは見たいものです><b

※携帯ですが、とりあえず仮復旧しました^^;
 代替機を利用しているため、メールも電話も利用可能です。

| 野鳥 | 00:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

壊し・・・・

ました。

・・・生活必需品、携帯電話。

氷の上に落として踏んで、液晶が美しいことになっています。
100117液晶死


と言うわけで、携帯メールでの連絡が途絶えますのでご了承下さい;
液晶が死んでも中身は生きているので、電話を受けることは出来ますが^^;

ショップに行けば、アドレス帳くらいは救出できるのかな。
@2週間ほどで機種代金を払い終えるので、ドコモに乗り換えような・・と考えていた矢先の破損。

思えば先代の携帯も、買ってから2年経つ2週間前に、スキー場の雪の中へと消えていきました。
どうやら、私の携帯は2年間保持されるのが嫌いなようです;

野外での写真をアップしたいのですが、なかなか写真の整理がつかず。
今しばらくお待ち下さい・・・・・・・

| 雑事 | 23:04 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

橋の上。

ちょっと更新が滞っていました;
ここ最近、帰宅が日付変更線との競り合い・・・・
今日は久しぶりに、友人たちと出掛けていたので遅くなりましたが^^;

先週末、鶴居の音羽橋の上に立っていました。
100114音羽橋
・・・・・夜の10時過ぎですが^^;

その9時間後。
100114音羽橋2
毎回同じような景色を撮ってる気がしますが^^;
美しい風景です。

| 風景 | 01:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年初鳥見 -後編-

タイマー投稿はやっぱり便利です・・・

1/3午後。
雪はますます強まるばかり。
しかし・・・鳥見は続行ですb

アオサギも・・・
100109アオサギ

スズメも・・・
100109スズメ

キジも・・・
100109キジ

午前に見たハヤブサも・・・
100109ハヤブサ2
みんな真っ白です^^;

こちらも北海道では珍鳥のタゲリ。
100109タゲリ2
背中や頭に雪が積もっています。。

ハス田では・・・
100109タシギ
タシギの群れが採餌中。

「早く雪止まないかな・・・」
100109タシギ2
と、心の声が聞こえてきそうです^^;

最後はミサゴ。
100109ミサゴ
北海道ではこの季節に見ることは難しいですね。。
雪景色の中のミサゴも、本州ならではなのかもしれません。

さて、年末年始に撮り貯めた写真達もこれでおしまい。
と、またこの3連休で少し撮って来る予定です。

FN(1/3 河北潟)
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、スズガモ、キンクロハジロ、カモメ、コサギ、アオサギ、オオバン、クイナ、タゲリ、ケリ、イソシギ、タシギ、ミサゴ、トビ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、キジ、キジバト、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、ウグイス、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計45種

| 遠征記録 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年初鳥見 -前編-

帰省中のこと。
一応カメラと双眼鏡を持って帰省はしていたものの・・・
さすがに今年も帰省してまで鳥見する機会はないのかな、なんて思っていた矢先のこと。
知り合いのYさんから鳥見のお誘いが!
ということで・・・喜んで河北潟へ鳥見に行ってきました^^;

1/3。
現地に到着しようというとき、目の前に現れたのは・・・ハイイロチュウヒ♂!
100108ハイイロチュウヒ
今シーズン、まだ北海道でも♂は見ていなかったのですが。。
新年早々、こんな鳥から鳥見が始まるなんて、縁起がいいですね^^

お次は・・・
100108ハヤブサ1
ハヤブサ。
これまたなかなか近い距離(写真はトリミングしてますが)。

コハクチョウに・・・
100108コハクチョウ

北海道では数の少ないセグロセキレイ。
100108セグロセキレイ
尾羽に積もった雪がチャームポイントです^^;

ノスリもたくさんいました。
100108ノスリ

この日、午前はこんな天気だったのですが・・・・
段々と雪がひどく降ってきました。
後編は午後の様子を^^;

正月ぼけが抜けきらないまま、明日からまた3連休。
またちょっと道内を小回りしてくるかもしれません。。

| 遠征記録 | 20:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月の道東⑥ -オホーツク海側の鳥たち-

12/29。
最終日はオホーツク海側を見て札幌へ戻ることに。

斜里漁港で“極北の天使”を・・・・なんて考えていたのですが。。
その考えは甘く、ものすごーく穏やかな日に^^;
ウトロ漁港から網走港までじっくり巡りますが、ヒメクビワはおろか、ウミスズメ類の1羽も見られません。。

まぁ時にはそんな日もありますよね^^;
それでも、道中のナナカマドでは
100107キレンジャク
キレンジャク(ひどい枝被りですが・・・)

ただのツグミかと思って一度通り過ぎたのですが
100107ハチジョウツグミ
綺麗なハチジョウツグミです。
これまた枝被り・・・
かなり綺麗な個体だっただけに、惜しいです><

涛沸湖では・・・
100107ホオジロガモ
目の前にホオジロガモ^^;
なんだかこの体勢が好きなようで。。
嘴を水面につけてはバチャバチャやってました。

100107ホオジロガモ2
綺麗な♂です。

道東鳥見の〆は
100107サロマ湖
夕暮れのサロマ湖。

5日間という長旅でしたが、とても満喫できました^^
kuraさんもN氏も、本当にありがとうございました!

さて今週末はどこへ行こうかな・・・^^;

| 野鳥 | 21:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月の道東⑤ -走古丹・野付-

12/28。
この日は、走古丹・野付経由でウトロまで移動。
走古丹では、ケアシノスリ成鳥も確認。
根室の個体よりも尾羽のバンドがくっきりとした綺麗な個体でした。
遠かったのでまともな写真が撮れていませんが・・・^^;

あとは、わしわししてました・・・
100106オジロワシ1

100106オジロワシ2

野付半島では・・・やっぱりワシ^^;
100106オオワシ

オオワシの顔がなんとなく間抜けなのは、「鼻の穴が大きいから」という説があったのですが・・・
100106オオワシ3
鼻の穴の見えない正面顔でも、十分に間抜け顔です(笑

トドワラを背景に・・・
100106オオワシ2
風も強く、非常に寒そう。

カモメは8割がシロカモメと言っていいくらい。
100106シロカモメ
みんな目つきが悪いです^^;

あと、今回の旅の数少ない小鳥の1種。
100106ハギマシコ
ハギマシコです。

今年は道東ですら、小鳥はかなり少ないようで・・・
霧多布でも、根室半島でもハギマシコを見ることはありませんでした。
ツメホやユキホはもちろんのこと、ベニヒワ、イスカやアトリ、シメさえも・・・
小鳥はちょっと寂しい冬になりそうですね;

| 野鳥 | 20:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月の道東④-根室半島の鳥たち-

12/27。
花咲港でオオホシハジロを見た以外には・・・
100105ヨシガモ
ヨシガモ(これも花咲港)。去年も花咲港で見たような。
北海道ではあまり多くは見かけないカモです。
♀もいたのですが、撮り逃しました^^;

友知周辺では、チョウゲンボウ♀。
100105チョウゲンボウ
電柱LOVEな子でした。

納沙布の周辺では、ケアシノスリ。
100105ケアシノスリ
成鳥でしょうか。
写真には苦しい距離でしたが、とても綺麗な個体でした。
成鳥を見たのは初めてな気がします。
同じ場所でコミミズクも飛んだのですが・・・写真を撮る前にロスト^^;
コミミは今シーズン初見でした^^

岬から海をのぞけば、えりもに引き続き・・・
100105ウミバト
ウミバトです(あまりに遠いので、写真では分からないでしょうけれど^^;)。

あと、道東と言えば毎度おなじみ・・・
100105コオリガモ1
コオリガモです。
♂はあまりに近かったので、顔をアップで^^;

♀は眠そう・・・
100105コオリガモ2

これは!と言う種こそ見られなかったものの、内容の濃い鳥見ができました^^
さすがは根室半島・・・といったところでしょうか。

| 野鳥 | 20:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月の道東③ -オオホシハジロ-

タイマー投稿って便利です・・・

12/27。
この日は根室半島をぐるっと1周。

今日は花咲港のカモをいくつか。
クロガモがスロープに上がっていると思ったら・・・
100104クロガモ
この子、体に釣り糸が絡まっている様子;
飛ぶことや潜水することはできるのでしょうか。
ちょっと心配です・・・

あと、別の場所のスロープには
100104オオホシハジロ1
オオホシハジロです。
昨年同様、根室半島に来ているんですね。

まだ換羽が完全ではないようですが・・・
100104オオホシハジロ2
天使の羽のような^^;

越冬するのでしょうか??
100104オオホシハジロ3

オオホシハジロは昨年の道東に引き続き、今年で2回目。
こんな珍鳥が2年続けてみられるのも、道東の魅力ですね。

| 野鳥 | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月の道東② -霧多布の猛禽たち-

12/26。
朝、釧路港をチェックするも・・・もやのかかった港の中では、ほとんど何も見ることができず。
霧多布へと車を走らせます。
まず、湿原をチェック。
オオワシ、オオワシ、オオワシ、オオワシ、オオワシ・・・・・・・・
一体、何羽いるのでしょうか。。

100103オオワシ1
縦に3羽並んでとまっていた面白い木^^;

こちらは全く同じ場所からもっと近い場所で
100103オオワシ2
奥にいる1羽がチャームポイントです。

湿原の個体はみんなオオワシの成鳥。
この周りだけで十数羽は確認でき、幼鳥やオジロワシは一羽も見ませんでした。
この時期はそういう傾向があるのでしょうか?

次に、岬の方へ海鳥を見に行くと・・・
100103ハヤブサ
毎度おなじみ、霧多布のハヤブサです^^;
昨年、一昨年と同じ個体でしょうか。。
電柱の真下まで行っても全く逃げる気配がありませんでした・・・
片足はお腹に引っ込めてぬくぬくとしています。

夕暮れには、ハイイロチュウヒが2羽。
100103ハイイロチュウヒ1
1羽は遠くて撮れませんでしたが、この子は比較的近いところを飛んでくれました。
♂の若い個体でしょうか。
尾羽に一枚、グレーの羽が混じっています。

100103ハイイロチュウヒ2
こういう個体を見ると、渡って来ている個体は♂が少ないというだけでなく、若い個体が多いというのも一因なのかもしれませんね。
もちろん♂と♀で越冬地が微妙に異なる、と言うことも否定はできませんが。


この日の最後は、ちょっと面白い写真。
「ワシってエゾシカを襲って食べることないのかなー??」なんて話を車内でしていたまさにその時。
こんな光景が目に飛び込んできました。
100103オジロワシ
若いオジロワシと、それを見て逃げまどうエゾシカの群れ。
写真のアングルでこの様に見えるのではなく、本当に逃げていました。。
逃げるということは、やはり襲うことがあるのでしょうか??
いくらワシでも、さすがに1羽だと苦しい気がしますが・・・

ワシが生きたエゾシカを襲うという話をご存じの方がいたら、是非教えてください^^;
明日は札幌へと帰還する予定です・・・

| 野鳥 | 19:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月の道東① -アビ-

今日から何回かは道東鳥見のご報告。
今回は、sepak鳥in函館のkuraさんと職場の友人N氏と3人での鳥見。
毎日移動していたので、なかなかの長距離移動の旅となりました。

12/25。
札幌を出発し、日高経由で釧路に向かうことに。
途中で襟裳岬に立ち寄ったのですが・・・
本当にえりもなのか信じがたいほどの晴天&無風。
そして、海鳥の多いこと!@@;
ウミバト5羽、ケイマフリ10羽+等々、ウミスズメ類もなかなか豊富でした^^
ハヤブサも2羽ばかり確認(遠かったですが)。

近くの漁港をいくつか見るも、海鳥はかなり少なく・・・・
ちょうど日没の時間頃に「今日はここで最後かな~」と言って入った小さな漁港。
壁沿いにぷかぷか浮かんでいたのは、、、
100102アビ1
アビです!
400mmだと完全にフレームアウトする距離。
この写真は100mmのノートリ、と言えばどれだけ近いかわかることでしょう。

それでも400mmまで伸ばして、トリミングしてみると。
100102アビ2
私の姿が微妙に目に映り込んでいる様に見えるのは気のせいです。
そしてよくよくみると、図鑑のようにちゃんと目は赤いんですね。

にしても近い近い近い。。
100102アビ3
400mmノートリでこの距離。

目を閉じた表情もかわいいですね^^
100102アビ4
背中の模様も綺麗です。

夕暮れ時の光を受けた水面と波紋も・・・また良い雰囲気です。
100102アビ5

最後は正面顔で。
100102アビ6

思えば今回の旅、一番シャッターを切った回数が多かったのはこのアビだった気がします^^;


なお、今回の旅のFNは以下のとおり。
忘れている種があるかもしれませんが・・・

FN(12/25-29 道東(様似~えりも~釧路~根室半島~野付~ウトロ~斜里~サロマ湖))
アビ、シロエリオオハム、オオハム、カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ウミウ、ヒメウ、オオハクチョウ、コクガン、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、オオホシハジロ、ホオジロガモ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、コオリガモ、クロガモ、ビロードキンクロ、ウミアイサ、カワアイサ、ウミガラス、ケイマフリ、ウミバト、ウミスズメ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ワシカモメ、シロカモメ、カモメ、ユリカモメ、タンチョウ、オオバン、ハマシギ、オジロワシ、オオワシ、トビ、ケアシノスリ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、オオタカ、ハイタカ、ハヤブサ、コチョウゲンボウ、チョウゲンボウ、コミミズク、アカゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、キレンジャク、ミソサザイ、ツグミ(ハチジョウツグミ)、ハシブトガラ、シジュウカラ、シマエナガ、ゴジュウカラ、カワラヒワ、ハギマシコ、スズメ、ミヤマカケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ワタリガラス 計72種

| 野鳥 | 16:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本年も・・・

「 空。」をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

今年の干支は寅ということで・・・

年賀トラフ

トラフズク。
今年は会えるかなぁ・・・
なんて言ってたら、トラツグミがひょこっと出てきそうですが^^;

今年もまたアクティブに活動していきたいと思います!

| 雑事 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。