「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

そんな時、私は・・・・

kimさんやkuraさんが脚の赤い小さなカモメを見ていた・・・・


そんな時、私は・・・・・

道南にいました。

天気予報は暴風雨。
行かないという選択肢もあったのですが、鳥を見られずとも、道南の皆さんにお会いできるだけでも十分かな、なんて思いで向かったわけですが^^;

そして土曜の朝、kimさんと落ち合って鳥を見始める予定・・・・だったわけですが
合流する前にkimさんからかかってきた電話。。


「途中の漁港でアカアシミツユビが出ました!!」


なにぃぃぃぃぃーーーーーーーーーー><
とりあえずその漁港へ直行。。。

着く直前にkimさんに電話すると、
「3羽見られていたけれど、今はいったん飛んで見つかっていない。。」

嫌な予感がよぎります。

現地に到着して、必死に探し回るものの・・・・・

091116ミツユビカモメ1
こんな子や・・・・(頭だけをチラッと見ると焦ります。。)

091116ミツユビカモメ2
こんな子達や・・・・(なぜかみんな正面向き)

091116ミツユビカモメ3
こんな子達や・・・・(なぜかみんなうずくまり)

091116ミツユビカモメ4
こんな子ばかり(典型的なミツユビです^^;)。

目的の鳥は見つかりません。

やや数十分して、見つからずに諦めていたとき、次にkuraさんから情報が

「20分くらい南下したところの漁港にも1羽見つかりました!」

・・・・・とにかく現地に向かいます。。

現地に到着し、kuraさんに教えてもらった先をスコープで覗くと・・・・・

その鳥は、海の上に浮かんでいました。。
特徴的な形の真っ白な頭に黒い班。
とりあえず見られたことでホッと一息。

そして、まずは証拠をと車にカメラを取りに向かいます。
しかし、戻ってくると・・・・

いない?!

周りを探しますが、やっぱりいません;
そう、不覚にも獲物を撮り逃したのです。。

しかし・・・・アカアシミツユビカモメなんて、私程度の識別能の人間には、見られるだけでも奇跡のような鳥。
一瞬でもそれを見られた運と、見つけてくださった皆さん、そしてお世話になった道南の方々にも感謝しなければなりませんね。
でなければ、間違いなく見ることすら叶わなかった鳥なのですから。。

お世話になった皆さん、2日間本当にありがとうございました><b

| 野鳥 | 22:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月