「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤岳→緑岳①。

9/21。
高原温泉の翌日は、銀泉台から高原温泉まで、赤岳→緑岳の縦走を試みました。
実は、一昨年に歩いたコースと全く同じコース。
しかも銀泉台から小泉岳分岐までは今年3度目です^^;

まずは銀泉台の駐車場に着いたところで・・・
090929銀泉台1
紅葉ではありませんが、早速の絶景です^^
薄曇り・・・・天候まで一昨年に似ています^^;

登り始めてすぐに見られるのは、銀泉台の紅葉。
090929銀泉台2

ちょうど見頃を迎えていたようです^^
090929銀泉台3

さらに、登山道の途中では・・・・
090929アオノツガザクラ
アオノツガザクラの大群落。
雪渓が遅くまで残っていた証拠なのでしょう。
他にも、エゾコザクラにエゾヒメクワガタ、ミヤマキンバイ、ジムカデ、チングルマ、ヨツバシオガマなんかもあちこちで見られました。
こんな時期までしっかり花が残っていることがあるものなんですね@@;
紅葉の時期にこれだけの花が見られるとは思ってもみなかったので、当然マクロレンズは持っていませんでしたが;

チングルマは大半が美しい綿毛になっていました。、
090929赤岳1

綿毛もですが、真っ赤な葉もとても綺麗ですね^^
090929赤岳2

赤岳山頂までは2時間20分程度。
090929赤岳山頂
今年3度目の景色。
しかし、今回はなんだかやけに白い雪が見えますね^^;
例年より2週間早かったという初冠雪の雪が残っていました。

この表大雪の風景は、いつ見ても大雪山系の雄大さを伝えてくれますね。
スポンサーサイト

| 風景 | 23:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高原温泉の紅葉②。

昨日は単発の写真達だけだったので、今日はパノラマな写真達を。
枚数は少ないですが、つなげた枚数は多いのでご勘弁を^^;

まずは、早朝の高原温泉の駐車場から高根ヶ原方面。
090928高原温泉1
赤みがかった朝日に照らされる紅葉もまた綺麗です。

こちらは緑沼。
090928高原温泉2
針葉樹の深緑と混交した紅葉、そして青空。
こんな風景には感嘆の声というよりも、声が出ずに溜息が漏れてしまいます。
静かに眺めていたい風景ですね。

こちらは大学沼から少し登った場所から。
090928高原温泉3
あまりにも鮮やかな色の景色です。
ですが、写真の色について、濃さや彩度、コントラストは未調整です。
バックの山々と手前の峰沿いの紅葉がまるで別写真で合成したようにも見えますね^^;
決してそうではありませんので・・・w
ただ、500kbまでしかアップロードできないので、かなり画質を落としています;
せめて1枚1MBくらいまでアップできるといいのですが。。

最後は、緑岳の麓の絨毯を望遠で・・・・
090928高原温泉4
今年もこんなに美しい景色を見ることができて、私は運が良いのでしょうか。
また来年も・・・・・3回目でも、是非訪れたい場所です。

しかし、紅葉の名所であるこの高原温泉近辺は、ヒグマの生息地。
非常に生息密度の高いこの場所にこれだけの人が入り込んでいるにも関わらず、未だに事故はありません。
入山者全員にレクチャーをする、ヒグマ情報センターの方々の努力の賜物なのでしょうか。
今後も、人とヒグマとがうまく付き合っていける場所であり続けてほしいですね^^

| 風景 | 21:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高原温泉の紅葉①。

9/20、高原温泉沼巡りに行ってきました。
昨年行った時にその美しさに魅了され、今年も行こうと思って行った場所。
今年も期待通り、とっても綺麗でした^^

枚数が多い&時間がないので、とりあえず貼り貼り。
090927高原温泉1

これは水面に映った景色・・・・
090927高原温泉2

青空が背景だとやはり綺麗に写ります。
090927高原温泉3

途中から、段々と雲が広がってきましたが・・・・
090927高原温泉4

何だか、昨年も同じような写真を載せた記憶があります^^;
090927高原温泉5

緑岳をバックに
090927高原温泉6
モザイク状に彩られた絨毯の様に・・・

本当に綺麗です。
090927高原温泉7

エゾオヤマリンドウも少し時期遅れでしたが、まだ咲いている花がありました^^
090927高原温泉8

高原温泉の紅葉はやはり必見です。。

| 風景 | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なっきー。

9/19。
移動日だったのですが、思ったより早く着いたので、なきうさぎでも探しに・・・と言うことに。
待つこと約30分。
でてきました・・・・・
090925ナキウサギ1
なんとも愛らしい姿。
今年、まだ一度も見ていなかったのですが、これでしっかり見れました^^

にしても、冬毛に生え替わる季節なのでしょうか。
090925ナキウサギ2
なんだか変な模様です^^;

紅葉の報告と言っておきながらなっきーなわけですが・・・・
明日以降こそ、紅葉の写真を^^;

| 動物 | 23:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪紅葉巡り。

しばらく更新していませんでしたが・・・・
この5連休、大雪山系へ紅葉巡りに行ってきました。
天候にも恵まれ、最高のシルバーウィークになりました^^
ということで、今日からしばらくはそのご報告を・・・・

とは言っても、なかなか写真の整理が・・・・
090923紅葉1

ということで、今日は2枚だけ^^;
090923紅葉2
ミネカエデにナナカマドに、美しい紅葉でした。

明日以降、じっくり更新していこうと思います。
今日はぐっすり眠れそうです^^;

| 風景 | 20:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トウネンとミユビシギ。

昨日もいつもの浜へシギチ観察に。
数は先週より多かったものの、多く見られたのは表記の2種ばかり^^;
ということで・・・
090912トウネン1
トウネンです。。

愛想が良くていいですねー^^
090912トウネン2
トリミングしてますが・・・
可愛いことに間違いはありません。。
どちらも幼鳥でいいのでしょうか。

お次はミユビ・・・
トウネンと同じような構図ですが^^;
090912ミユビシギ1
こちらも幼羽。
綺麗なまだら模様ですね~^^
090912ミユビシギ2
成鳥には成鳥の、幼鳥には幼鳥の美しさがあります。
私にはまだまだ見分ける力が足りませんが・・・。
少しずつでも、換羽段階なども見分けられるように努力します^^;

| 野鳥 | 19:45 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キョウジョシギ@石狩。

オオソリハシシギ以外にも、もちろんシギチは見られました。
ただ、ちょっと時間がなかったのでゆっくり写真を撮る暇はなかったのですが・・・・
090910キョウジョシギ2
キョウジョシギです。オオソリハシシギ同様、この子も幼鳥でしょうか?
1羽で何かをついばんでいました^^;
090910キョウジョシギ
昔、キョウジョシギは小さい鳥なんだと勝手に思いこんでいて・・・・
実物を見ると、意外とトウネンなんかと比べて大きかったことに驚いた記憶があります^^;

他には、メダイチドリ、トウネン、ソリハシシギなんかが見られました。
今週末も行こうか・・・迷うところです^^;

| 野鳥 | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オオソリハシシギ@石狩。

9/5(土)。
市内でいろいろ用事を済ませた後、石狩の海岸へシギチを見に行ってきました。
あまり種数は見られませんでしたが、この子の写真だけはしっかと撮ってきました^^;
オオソリハシシギです。
090908オオソリハシシギ1
後の子の正面顔が気になって仕方がありません・・・・w

090908オオソリハシシギ2
その名のとおり反り返った嘴を器用に使い、餌をほじくり取っていました。

たまには縦位置で撮ってみてもいいですね^^
090908オオソリハシシギ3
ここまで3枚はノートリ。
シギチはゆっくり近づけばかなり近い距離でゆっくり観察できるので嬉しいですね^^

この写真はさすがにトリミングしてますが・・・
090908オオソリハシシギ4
嘴の根元の方をよく見ると、「返し」の様なギザギザになっています。
これのお陰で、つまみ出した餌を落とさずに食べることができるのでしょうね。

| 野鳥 | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渡島半島。

日高からの帰りのこと。
登山を終え、海岸線を走っているときに目に飛び込んできたのは綺麗な夕焼け。
しかし、それだけではありません・・・・

090907渡島半島from新冠

なんと、渡島半島です。
一番左のポコッとした山は駒ヶ岳でしょうか。
静内に2年間住んでいましたが、樽前山が見えたことはあっても、駒ヶ岳を見たことはありませんでした。
この日はよほど空気が澄んでいたんですね。
・・・思い返せば、初めて北海道で生活するにはこれ以上ない環境が揃っていた静内。
今でも、また住んでもいい街だな、と思います。
静内は私の第3の故郷となりそうです^^;
故郷がいくつあっても足りなくなりそうですが・・・・(笑

| 風景 | 23:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の味覚。

※外出中につきタイマー投稿です。

たまには息抜きな記事を・・・・^^;

こんなものが届きました。。
秋の味覚
梨=石川県産。 ぶどう=大分県産。
写真に写っている子達は既にこの世に存在しませんが(笑

梨は大量に届けていただいたので、毎日1個以上食べていても、まだ何個か残っています^^;

ちなみに、どちらもすごく美味しかったです・・・・・
北海道ではどちらも高価なので、嬉しい限り。
やっぱり秋は食欲の秋ですね!
ごちそうさまでした^^

梨も好物ですが、梨のシーズンが過ぎればりんごの時期。
中学の頃から大学までは、シーズンには毎日欠かさず1個食べていたと言っていいほどの大好物。
今年の秋冬も、「an apple a day」 しようかな・・・・^^;

| 雑事 | 20:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日高の山にて②。

樹林帯を抜け、ハイマツやお花畑の広がる標高まで上がると、見たことのある花達が迎えてくれます。
まずは「ミヤマ」3種。

ミヤマリンドウに・・・・
090904ミヤマリンドウ

ミヤマアズマギク。
090904ミヤマアズマギク
結構花期の長い花だったんですね~
背景にはミヤマリンドウもたくさん咲いています。

そして、ミヤマアケボノソウ。
090904ミヤマアケボノソウ
日高の山でも見られるとは、運が良かったです^^
夕張で見納めだと思っていました。

お次は・・・キク科を3種。
ナガバキタアザミ。
090904ナガバキタアザミ
お花畑の様にに、ミヤマアキノキリンソウと競うようにたくさん咲いていました^^

花期は完全に過ぎていたのですが・・・ウスユキトウヒレン(自信なし)。
090904ウスユキトウヒレン

そして、タカネニガナです!
090904タカネニガナ
これまでもハナニガナだと思って見過ごして来たことがあるかもしれませんね^^;
花はハナニガナにそっくりです。

あと、濃い紅色のはなをわずかに残していたエゾツツジ。
090904エゾツツジ
単独で咲いていても、やはりこの色は目立ちます^^;

コの子はムカゴトラノオでいいのでしょうか。
090904ムカゴトラノオ
花だけ撮って、葉を取り忘れていました・・・;

岩陰では、オオイワツメクサが顔を覗かせています。
090904オオイワツメクサ

あと、とても綺麗だったチングルマ。
090904チングルマ
晩夏~秋を感じます。

最後は、岩にしがみついていたコヒオドシを。
090904コヒオドシ

沢に、山に。
日高を堪能できた夏休みでした♪

| 植物 | 21:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日高の山にて①。

渓流の次は日高の山の花々を。
樹林帯では、最近おなじみの顔ぶれになってきましたが・・・
090903ミヤマアキノキリンソウ
ミヤマアキノキリンソウに

エゾスズラン。
090903エゾスズラン
相変わらずひっそりと綺麗な花を咲かせています。
090903エゾスズラン2

見事な青い大きな花を咲かせているのは、ヒダカトリカブトでしょうか。
090903ヒダカトリカブト
花の中を拝見して同定する気にはなれませんでした・・・^^;

そろそろ見納めのコバノイチヤクソウ。
090903コバノイチヤクソウ

エゾヒメクワガタも花期の長い花ですね。
090903エゾヒメクワガタ
まだまだ青く可愛い花を見せてくれました^^

そして、樹林を抜けた沢沿いには・・・・
090903タカネトウウチソウ?
葉を取り忘れたのですが、タカネトウウチソウでしょうか。
1週で2種のトウウチソウを見られて・・・足を運んだ甲斐がありました^^

樹林下では花以外にも・・・・
090903エルタテハ
エルタテハの姿も見ることができました。
本州にいるときはあまり見たことのなかった蝶です。
090903エルタテハ2
羽裏の「L」の字もしっかりと確認。

タテハチョウの仲間は成虫で越冬するはずですが・・・・
本州ならともかく、北海道の山奥でも越冬していると思うと凄いですね。
どこでどのようにして寒さを堪え忍んでいるのでしょうか。

| 植物 | 21:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日高の渓流にて②。

エゾトウウチソウを求めて何カ所か巡った沢では、他にも色々な花たちが・・・

黄色い花弁に黒や赤の葯が映えるエゾノキリンソウ。
090901エゾノキリンソウ
岩だけでなく、コンクリートの割れ目からも生えていました^^;

湿り気のある岩で目立たない花を咲かせているのはエゾクロクモソウ。
最近、よく目につくようになりました。
0900901エゾクロクモソウ
こちらは花が緑色のタイプ。

こちらは赤色のタイプ。
090902エゾクロクモソウ2
どうしてこれほど色が違うのか不思議です。

こちらはアカバナの仲間。
イワアカバナでしょうか。
アカバナ?
アカバナも種を判別しようとすると難しいですね。
図鑑を眺めても眺めても確信が持てません・・・

次は、ここ最近、毎回のように報告されているダイモンジソウ。
しかし、この場所の群生は凄かったです。
090902ダイモンジソウ1
見てのとおり、岩を覆い尽くす程の密度で群生したダイモンジソウ。
見事な光景でした。

そのダイモンジソウの群生の下ではウスキツリフネの群生。
090902ウスキツリフネ
キツリフネ、花の色が変わるとこれほど印象が変わるものなんですね@@;
こんな斑点模様があることも知りませんでした。

岩場に咲いていたのは・・・ヤマルリトラノオでしょうか。
ヤマルリトラノオ
大平山の時のように群生はしていませんでしたが、まだ綺麗な花を咲かせていました。

さて、今日の最後は・・・・岩場に咲く鮮やかなピンク色の花。
090902カラフトミセバヤ1
カラフトミセバヤです!
札幌近郊では、盗掘により登山道沿いから姿を消しつつあると聞いたのですが・・・・
日高の山奥でもひっそりと咲いていたんですね^^
一瞬、ヒダカミセバヤかとも思ったのですが、葉に鋸歯がないので、カラフトミセバヤで良さそうです。
これだけ鮮やかで綺麗だと、次はヒダカミセバヤも見てみたいですねー^^
「見せば哉」という名の由来も納得できる美しさでした。

| 植物 | 21:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日高の渓流にて①。

8/22~25は夏休みを利用して、古巣である静内を拠点に、日高地方へ出掛けてきました。
8/22はこれまで報告したとおり、アポイ岳に登ってきて・・・
今日からは、22~25日に見たものの報告です。

向かった場所は・・・・沢。
目的はこの花、エゾトウウチソウです。
エゾトウウチソウ1
日高山脈の固有種。
これだけ群生していると見事ですね!
エゾトウウチソウ2
沢沿いの岩渓に咲くピンク色の花がとても綺麗です。
こんな花ですが、バラ科なんですね。
エゾトウウチソウ3
ワレモコウもバラ科、分類的に近いのでしょうか??

最後は花のアップを。
エゾトウウチソウ4
これだけ見事に咲いているのを見ることができ、見に行った甲斐がありました。


エゾトウウチソウを見ていると、すぐ近くにもう今年は見られないだろうと諦めていた花。
チシマゼキショウです。
チシマゼキショウ1
これまた岩肌からぶら下がるように生えていました^^;
礼文島で見た株よりかなり花と花とが離れていて、随分様子が違うように見えます。
花も真っ白ですし・・・
チシマゼキショウ2
それでも可愛い花ですねー^^

こちらは、日高地方の山地では結構普通に見られるラン科の花。
ミヤマモジズリ1
ミヤマモジズリです。
ちょっとした岩の上なんかにスッと生え、ピンク色の可愛らしい花を見せてくれます。
ミヤマモジズリ2
しかし、この花の形を見てタコウインナーが頭に浮かぶは私だけでしょうか・・・・
とても綺麗な花なのですが、私の想像力でそれをぶち壊してしまいます(汗

先週末、活動を休止したおかげでそろそろネタが尽きてきそうです・・・・

| 植物 | 23:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。