「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アポイの花たち①。

久々の更新です・・・・
8/16、夕張岳に登った翌日はアポイ岳に登ってきました!
ですが、ちょっとした手違いで8/22にもアポイ岳に登ることに・・・・・
そう、1週間で2度同じ山に登ることになってしまいました^^;
ということで、今日からのアポイ岳報告は2回登った分をまとめてアップしますのでご了承を。

夕張岳同様、8月も中旬過ぎだとちょっと遅いかな・・・なんて思いながら登ったのですが、
さすがは夕張岳同様に花の名山、アポイ岳。
多くの花々が迎えてくれました。
今回は分類群ごとにアップしていきます。
まずは、キク科。
090827アポイアズマギク
いきなり謎の花ですが・・・
おそらくアポイアズマギクなのでしょう。
花のに茎が隠れているのかと思ったのですが・・・どうやらそうではなさそうです。
時期的にもかなり遅いですね。
なんだか変な子です。

時期はずれの子が続きますが・・・
エゾタカネニガナでいいのでしょうか。
090827エゾタカネニガナ
アポイアズマギク同様、この子も1株だけ咲いていました。

こちらはタカネヤハズハハコの品種、アポイハハコ。
090827アポイハハコ
葉の先が丸く、背が高い品種とのことですが、確かに・・・・。
そして、アポイハハコと言えば、葉の触感。
若芽の頃はとてもふわふわしていたのですが、やっぱり大きくなるとあの感触はなくなるのかな・・・と思って触ってみると。。
やっぱりふわふわなんですね^^;
やはり、私の中では「アポイフワフワ」という名前で整理されそうです。。

ヒダカトウヒレンもかろうじて・・・^^;
090827ヒダカトウヒレン
まだ咲いていてくれてよかったー><

お次はキキョウ科
モイワシャジンと・・・・
090827モイワジャシン

ハクサンシャジン。
090827ハクサンシャジン
よく似た2種ですが、がくの裂片で見分けるのですね。

マツムシソウ科からは、エゾマツムシソウ。
登山道のあちらこちらで綺麗な紫色の花を咲かせていました。
090827エゾマツムシソウ
しかし、どうして”マツムシ”ソウと呼ばれるのでしょうか・・・^^;

ゴマノハグサ科ではエゾコゴメグサ。
090827エゾコゴメグサ
白い花弁の真ん中に、黄色いぼかしと赤紫の葯がとても印象的。
なかなか他の花では見られない色の組み合わせですね^^;

シソ科ではイブキジャコウソウ。
090827イブキジャコウソウ
エゾコゴメグサと似たような形と大きさの花をつけていますが、こちらはピンク一色。
にゅっと突き出た蘂がなんだか面白いです。

アポイ岳の花報告も、4回くらいは続きそうです・・・
スポンサーサイト

| 植物 | 22:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。