「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二回・・・赤~白縦走⑤。

今回の登山は花や鳥や動物も良かったのですが・・・・
山に登ってから天候が良い方に急変したことには本当に驚かされました。
真っ白な世界から一変、雲一つない快晴の青空に。
ということで、今日はそんな風景の写真を数枚。

赤岳登山道から望む北大雪山系の山々。
090731北大雪from赤
ニセウカウシュッペに比麻良山、比麻奈山、平山も見えているはずです。

こちらは赤岳→白雲岳縦走路から、黒岳方面の展望。
090731黒岳from白雲縦走路

次は、白雲岳分岐→白雲岳避難小屋ルートから、避難小屋方面。
090731白雲避難小屋from白雲沢

そして最後は・・・・白雲岳山頂から、旭岳・トムラウシ方面の大パノラマ。
090731白雲パノラマ
まさかこんなに素晴らしい景色が見られるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです。
しかし絶景ですね!!

さて、今年はこれで秋の紅葉シーズンまで大雪山系はお預けでしょうか。
2度同じルートを歩いても、全く飽きません。
また来年も来たいと思うくらい素晴らしい登山でした^^
スポンサーサイト

| 風景 | 20:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二回・・・赤~白縦走④。

今日で赤岳~白雲岳縦走の花たちは最終回。
白雲岳の避難小屋、小泉岳山頂経由でぐるっと赤岳山頂まで戻るルートを選択。

つい先日まで雪渓に覆われていたのか、沢沿いの登山道沿いにはエゾコザクラやキバナシャクナゲが競うように咲いていました。
避難小屋周辺では、キバナシオガマやチシマキンレイカ、エゾタカネツメクサと言った花々が咲き乱れています。
090730ミヤマアズマギク
他ではなかったミヤマアズマギクも、ここでだけ見られました。

小泉岳までの登りの途中では、ホソバイワベンケイに・・・
090730ホソバイワベンケイ

時期が終わりかけだったチョウノスケソウも、まだ見られました。
090730チョウノスケソウ
前回来たときには、チングルマと勘違いして見逃していたに違いありません・・・・><;

そして、リシリリンドウ!
090730リシリリンドウ

写真では表現できていない、深い青色がとても綺麗でした。
090730リシリリンドウ2
今回だけでリンドウを3種。
リンドウやキキョウの青い花も好きなので、嬉しかったです^^

さて、赤岳の山頂に戻って一休みしていると、なにやら岩陰をコソコソと動く生き物がいます。
090731エゾシマリス1
エゾシマリスの親子ーー!>▽<
すぐにカメラを向けますが、親子をまともに撮れたのはこの1枚だけ^^;
すばしっこいのです。

その後も近くをうろうろしているようでしたが・・・・
090731エゾシマリス2
親子では撮らせてくれません^^;
でも、やっぱりシマリスは可愛いですね~♪

この子はなにやらを一生懸命食べていました。。
090731エゾシマリス3

平山もいい山でしたが・・・・
赤岳~白雲岳も、やっぱりいい山です^^b

| 植物 | 20:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二回・・・赤~白縦走③。

赤岳の山頂から、白雲岳の山頂に向けて歩き始めます。
前回は全てエゾタカネツメクサと思ってエゾミヤマツメクサを撮影していたので、今回は意識してエゾタカネツメクサを^^;
090729エゾタカネツメクサ
何度も何度もエゾタカネとエゾミヤマの違いを見ようとしましたが、難しいですね・・・><
葉の形と縁の毛の有無、花弁の丸み・・・・少しずつ分かってきた気がします。
また見に行って復習しないと・・・(笑

と、小泉岳との分岐の辺りで、急に霧がが薄くなったと思うと・・・
みるみるうちに山にかかっていた雲たちが消えて行くではありませんか。。
信じられませんが、ここに来て天候は快晴!!
花のピーク、景色も最高となると・・・テンションが上がらずにはいられません^^;

前回の登山で見つけていたものの、写真を撮り忘れていたキバナシオガマ。
090729キバナシオガマ1
平山のタカネシオガマに続き、珍し系のシオガマ。
特に、黄色い種のシオガマは他に思いつきません。

天候が良くなったおかげで、こんなショットも・・・・
090729キバナシオガマ2
背景の岩は白雲岳山頂に続く稜線。
赤岳で真っ白だった風景が、この時点で青空に変わっているのが信じられません。

白雲岳へ向かう途中ののお花畑では・・・
090729ヨツバシオガマ2
ヨツバシオガマにチングルマ。
エゾミヤマリンドウも、2週前よりもずっと開花が進んでいました。
090729エゾミヤマリンドウ

さらには、ヨコヤマリンドウも発見!!
090729ヨコヤマリンドウ
かなり条件が良くないと花が開花することはないそうで、つぼんでいるものしか見られませんでした。
そして、前回登った時の写真を見返してみると・・・・なんとエゾミヤマのつぼみと思って撮った写真の中にヨコヤマリンドウの写真が混じっていました^^;
前回見ても全く気付いていなかったんですね--;
kim先生と登って本当に良かったとつくづく思いました。。

さらに、今回の登山で見られた花の中でも、かなりお気に入りのこの花も。
090729チシマクモマグサ1
またまたユキノシタ科。
チシマクモマグサ クモマユキノシタです!

しばらくしゃがみこんで見入っていたら、残りの3人において行かれました・・・・
私が誰かと山に登ると、いつものことではありますが^^;
090729チシマクモマグサ2

それにこのデザインは一体誰が考えたのでしょうか・・・・・
090729チシマクモマグサ3
文句なしに綺麗です。。

快晴の下、無事に白雲岳に登頂。
昼食を食べて一休みした後は、白雲岳避難小屋方面へと歩き始めます・・・・

| 植物 | 21:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二回・・・赤~白縦走②。

今日は駒草平~ までに見られた花達をご紹介。

駒草平といえばやっぱり
090728コマクサ
コマクサです!
霧のせいで水滴まみれになっていますが、それもまた綺麗。
2週前とは比べものにならない程咲いていて、まさに満開。
「駒草平」と呼ばれるだけのことはあります。

こちらは2週前はまだ蕾だった、チシマキンレイカ。
090728チシマキンレイカ
今回はすっかり満開でした^^
礼文でも、夕張でも蕾だったので、綺麗に咲いている姿を見られてよかったです。

お次は小さなかわいい花。
090728チシマツガザクラ
チシマツガザクラです。
薄いピンク色がかった白い花弁に黄色い葯、緑色の花柱。
一目見て好きな花の仲間入りです^^;

駒草平を過ぎ、雪渓を登ります。
2週前とはかなり雪の量が減っていて、雪解けの後には
090728エゾコザクラ1
エゾコザクラが色鮮やかに咲いています。
090728エゾコザクラ2
雪渓があると歩くのはしんどいですが、長い期間同じ種の花を楽しめるというメリットもあるんですね^^

こちらは、2週前はまだ雪渓の下に眠っていたであろうアオノツガザクラ。
090728アオノツガザクラ
まだまだ咲いている場所は少なく、これからが花期本番なのでしょう。
しばらくはこの花を楽しむことができそうです。

アオノツガザクラと同じ場所で、コエゾツガザクラも混生していました。
090728コエゾツガザクラ
いつもと少し違う雰囲気で撮って見ましたが、正面から見ても可愛いんですね~^^

夕張岳でも見たこの子は・・・・エゾヒメクワガタ。
090728エゾヒメクワガタ

ヨツバシオガマも咲いています。
090728ヨツバシオガマ1
1つだけの花に注目して撮ると、雰囲気が違いますね・・・・

山頂に到着しますが、天候は変わらず濃霧で強風・・・・
かなり寒いです。。
エゾイワツメクサは、2週前よりも咲いている株が多くなっていました。
090728エゾイワツメクサ
山頂の岩にも。

ここからは吹きさらし。
天候を心配しながらも白雲へと歩きます。

| 植物 | 20:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第二回・・・赤~白縦走①。

遠征から帰りました。。
また写真は溜まる一方・・・・・・
ネタは尽きないのですが、整理する時間が欲しいです;

とりあえず3連休最終日のご報告。
題名のとおり、今月2度目の赤岳~白雲岳の縦走に行って参りました。

日曜の天気予報とは違い、朝起きると、曇ってはいるものの雨は降っていません。
ということで、とりあえず銀泉台へ。
しかし到着してみると・・・濃霧に強風。
体感温度は10度以下。
トムラウシでの事故の直後のこともあって一瞬躊躇しましたが、装備を整えて決行することに。

前回は職場の仲間5人での登山でしたが、今回はkimさんも含め4人での登山。
そう、2週間違いの同じ山でも、見る人が変われば見られる花は増えるのです・・・
ということで、今回は前回の縦走で見られなかった花を多めに出しますb

まずは駒草平の手前まで。
駐車場から登山口に到着するまでの間では、エゾイチヤクソウ。
090727エゾイチヤクソウ1

まだ上の方の花は蕾ですが、ふっくりした花は鈴の様です。
090727エゾイチヤクソウ2

登山道に入って間もなく見つかるのはウメバチソウ。
090727ウメバチソウ2
ユキノシタ科の花は、どうしてこうも綺麗で可愛いのでしょうか・・・・
090727ウメバチソウ1
スッと長い茎の先に咲く一輪の白い花。
花弁にある緑色っぽい模様が清楚な雰囲気を出しています。

雪渓にたどり着くまでにも・・・・
090727モミジカラマツ
モミジカラマツに

090727イワツツジ
イワツツジといった花達。
その他にもエゾツツジやカラマツソウ、ミツバオウレンにコガネイチゴもたくさん咲いていました^^

そしてこの子は前回も見ましたが・・・貼らずにはいられません。。
ジンヨウキスミレです。
090727ジンヨウキスミレ1
その立ち姿の美しいこと。。

今シーズンはもう見納めかと思うと、シャッターを切らずにはいられません。。
090727ジンヨウキスミレ2
何度見てもかわいい花です^^

雪渓の辺りからは、エゾミヤマクロウスゴ。
090727ミヤマエゾクロウスゴ
ぷるんとした感じがなんだか美味しそうです・・・・
新葉のつけ根の部分??のピンク色も良いですね。。

イソツツジはもちろんのこと、ヒメイソツツジの花も見られました。
090727ヒメイソツツジ
というより、ヒメイソツツジという花の存在を知りませんでした^^;
全てただのイソツツジと思っていたのですが。
イソツツジよりも背が低く、葉が小さくて細いのですね。

駒草平までの間だけでもこれだけの花が・・・・
2週前とはまるで違います@@;
時期のせいなのでしょうか。
それとも、私が見つけ切れていなかっただけ・・・・・・^^;

| 植物 | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪雛弟切。

※遠征中につき、タイマー投稿です。

日曜日。
天気予報の通り、朝から雨雨雨雨・・・・・・
本来は土曜日に行く予定だった高原温泉の散歩道。
振り替えて平山へ登ってしまい、しかも高原温泉の一番の目的であるタニマスミレを見てしまったので・・・・
その入り口までだけでも行ってきました^^;
目的はこの花。
090726ダイセツヒナオトギリ2
ダイセツヒナオトギリです。
世界でここだけの固有種とも言われるこの花。

雨に濡れてちょっと萎えた感じでしたが・・・・^^;
090726ダイセツヒナオトギリ1
それでも綺麗な花を見ることができました。

温泉の地熱地帯にしか生息しない不思議な植物です・・・・
090726ダイセツヒナオトギリ3
撮影中も、蒸気が熱くて撮影不能な場所があるほど^^;

近くでは、他ではまだ咲いていないネジバナも咲いています。
090726ネジバナ
ヒヨドリバナも蕾を膨らませていました。
やはり、温泉地帯はちょっと不思議です。

日曜日は雨だったので、これ以上山を見ることはしなかったのですが・・・・
道の途中ではクルマユリと・・・
090726クルマユリ

チシマクルマユリの違いを勉強@@;
090726チシマクルマユリ
確かに、写真を見ても葉の太さの違いが分かります。

日曜の朝の段階で月曜の早朝の天気予報は雨70%。
不安な気持ちで翌日の朝を迎えます。

| 植物 | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北大雪山系、平山③。

※遠征中につき、タイマー投稿です。

昨日で平山は終わったはずでは・・・?とお思いの方が多いかもしれませんが・・・・
平山ではこんなものも見てきました。
090724ホシガラス1
ホシガラスです。
実はあまりまともな写真を撮っていなかったこの鳥^^;
高山まで望遠レンズを持って行かないと撮れないことを考えると、意外と撮りにくいのかも・・・・

それにしても平山はホシガラスの密度が濃かったです。。
090724ホシガラス2
タカネシオガマがたくさん咲いている辺りでは、数羽が地面に降りて地面をほじってました。
そして、警戒心が薄いんです・・・
090724ホシガラス3
ノートリでここまで寄れるくらい。。
望遠レンズを担いでいってよかったです><

そして、驚いたことに・・・・
090724ホシガラス4
なんと幼鳥まで見ることができました!
しかも複数羽。
おそらく兄弟なのでしょう。
090724ホシガラス5
やっぱりあどけなさが残った顔つきをしていますね^^;
顔も薄茶がかった白。
可愛いですね~^^

ホシガラスをじっくり見に行くだけでも行く価値があるかな、と思ってしまいました^^;
花を撮る片手間で望遠レンズを付けても、これだけの写真が撮れるほどでしたから。。
平山、いい山です^^b

| 野鳥 | 20:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北大雪山系、平山②。

※遠征中につきタイマー投稿です。

平山と比麻良山の分岐からは高山の風衝地。
となると、見られる花も一変します。

もう花期は過ぎた感がありましたが、エゾタカネスミレ。
090723エゾタカネスミレ
ここ最近、毎週のように見ている花ですが、飽きませんね^^;
黄色いスミレの魅力でしょうか?

そして、多かったのは・・・・タカネシオガマです。
090723タカネシオガマ1
ヨツバシオガマよりも濃いピンク色が印象的な、綺麗な花です。
背も低く、「タカネシオガマ」の名前の印象にしっくりきます。

ニセウカウシュッペをバックに・・・・
090723タカネシオガマ2

あと、稜線で多かったのはイソツツジに、コケモモ。
090723イソツツジ

コマクサもこんな大群落が見られます。
090723コマクサ1
綺麗な光景です。
090723コマクサ2
エゾタカネスミレ同様、コマクサも高山に登る度に見られますね^^;
しかし、こんな株は始めてみました。
090723シロバナコマクサ
白花です!
純白のコマクサもまた綺麗ですね!

あとは・・・エゾツツジもちょうど見頃を迎えていました。
090723エゾツツジ

平山。
聞いたことがない山でしたが、これまでに出会ったことのない花達に出会えてよかったです。
たまには、普段行ったことのない山系の山に登るのもいいですね!

| 植物 | 20:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北大雪山系、平山①。

ようやく先週末の報告まで追いつきました^^;
しかしこの3連休の報告も長くなりそうです・・・・

7/18(土)。
早朝、市内でkimさんと合流して大雪方面へと車を走らせます。
本来の予定であれば、土曜日は高原温泉へ向かって数時間の散歩の予定だったのですが。
3連休の天候をから判断して、移動中に急遽20日に登る予定だった平山登山に決定^^;
登山口に到着したのは既に午前10時。
チャンスはこの日しかないと思い、山頂へと向かいます。

登り始めてすぐ、これまでにあまりお目に掛かったことのない花々が迎えてくれます。
090722エゾクロクモソウ
どうしてもSSが上がらず、ぶれてしまったエゾクロクモソウ。
暗い樹林下ではあまり目立たない紫の花ですが、見てみるとかわいいですね。
まるでヒトデの様な花です^^;

こちらも緑色で目立たない花ですが・・・・
090722ミヤマチドリ
ミヤマチドリ。
礼文で見たアオチドリと似た雰囲気ですね。

エゾノレイジンソウ。
090722エゾノレイジンソウ
暗い林内で浮かび上がる様にクリーム色の花を咲かせていました。

こちらは・・・ハクセンナズナ。
090722ハクセンナズナ1
ナズナの名のとおりアブラナ科の植物ですが・・・・
見た目は全然アブラナ科に見えません。。
090722ハクセンナズナ2
一瞬、「○○ショウマ」なんて名前が頭をよぎります^^;
ですが、よく見ると蘂は長いものの、確かに花弁は4枚・・・・

ちょっと視線下げて見ると、ウスノキの花。
090722ウスノキ

似ていますが・・・オオバスノキの花もすぐ近くで咲いています。
090722オオバスノキ
ウスノキのがく片にははっきりとした稜があるのに対し、オオバスノキではそれがはっきりしません。
また、ウスノキは花が1~2個ずつ大きめの花が付くのに対し、オオバスノキは2~3個の小さな花を付ける印象でした。
花の形もウスノキの方がぷっくり膨らんだ感じがします。

登山道でも沢っぽくなっている場所では・・・
090722キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメや

フキユキノシタも見られました。
090722フキユキノシタ
それにしても、ユキノシタ科の花ってどうしてこんなに魅力的なのでしょうか。。
花の模様にワンポイントがある花を付けるものが多いので、どうしても見てみたい種が多いです。
フキユキノシタも、花弁の緑色がなんとも言えませんね><b

そしてもう一つ、沢っぽいところで見られた花。
なんとタニマスミレです。
090722タニマスミレ1
もともと、行く予定だった高原温泉で見るつもりだった花。
平山で見られるとは思っても見ませんでした。

090722タニマスミレ2
隔離分布する「氷河期の生き残り」。
暖かくなるにつれ、生息地は狭まってしまうのでしょう。
この姿をいつまでも見られることを願いたいです。
しかしこの柔らかな雰囲気は他のスミレにはないですね!
とても優しい感じがするスミレです。

さて今日の最後は・・・・
090722ツマトリソウ
いつもながらのツマトリソウです^^;;
暗かったので絞りを開放せざるを得ませんでした;

少しですが雪渓を歩くと、もうすぐ山頂です。

| 植物 | 22:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

樽前~風不死岳。

7/12(日)。
樽前山から風不死岳まで縦走してきました。

登りはじめから間もなく姿を見せるのは、「タルマエソウ」とも呼ばれるイワブクロ。
090721イワブクロ

シラタマノキも群生しています。
090721シラタマノキ

樹林下にはハナヒリノキや・・・・
090721ハナヒリノキ

ベニバナイチヤクソウ。
090721ベニバナイチヤクソウ

マルバシモツケ。
090721マルバシモツケ
白~薄いピンク色の花をあちこちで見られました。

樽前山→風不死岳の縦走路から見る樽前山。
090721樽前山
外輪山の山頂まではひたすらガスの中。
ですが、風不死岳へ向けて歩いているうちに、少しでもガスが晴れてきて良かったです^^

縦走路の途中、突如こんなものが現れます。
090721風不死岳登山口
・・・・・風不死岳登山口の看板。
しかも、赤い文字。いびつな文字。。
なんだか不気味でしかたがありません^^;

縦走路では、透き通るような白い花弁に赤い葯が印象的なコメツツジが見られます。
090721コメツツジ

風不死岳の山頂付近では、ハナニガナの花や・・・
090721ハナニガナ

シロバナニガナの花。
090721シロバナハナニガナ

下山途中には、コイチヤクソウもたくさん見られました。
090721コイチヤクソウ

また、こんな光景も。
090721キバチ
キバチの仲間でしょうか。
枯死木に産卵管を差して産卵しています。

しかし、樽前→風不死岳の縦走は思ったよりきつかったです。
風不死岳の登りがあれだけ急だとは思ってませんでした。。
樽前の7合目ヒュッテの駐車場が満車で、5合目から歩いたのも予定外でしたが^^;
ですが、のんびりと楽しく登山することができました♪
一緒に登ってくれた皆さん、ありがとうございました^^

| 植物 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤岳~白雲岳縦走②。

※遠征中のため、タイマー投稿です。

雪渓を超え、山頂に着くとエゾタカネスミレが迎えてくれました!
090718エゾタカネスミレ2
山頂付近が大きな群生地になっているんですね。

何度見ても綺麗な花です。
090718エゾタカネスミレ1
夕張、黒岳、赤岳と3度も見られて贅沢ですね^^;

ウラシマツツジの花も咲いていました。
090718ウラシマツツジ
ウラシマツツジも、夕張、黒岳につづいて3回目。
黒岳で見た花は、萎れかけだったのでアップしませんでしたが^^;

白雲岳までの縦走路では・・・
090718エゾタカネツメクサ
エゾミヤマツメクサ。

エゾノタカネヤナギ。
090718エゾノタカネヤナギ

エゾオヤマエンドウも可愛い紫の花を咲かせています。
090718エゾオヤマノエンドウ

アオノツガザクラ・・・?
090718アオノツガザクラ

チシマアマナも少しだけですが咲いていました。
090718チシマアマナ

白雲岳の周辺には、ジムカデもたくさん。
090718ジムカデ
こんなにかわいい花なのに、「ムカデ」の名前が不似合いですね^^;

そして、縦走路でちらほら見られる・・・・
090718ホソバウルップソウ1
ホソバウルップソウです。

ウルップソウの仲間の不思議な魅力は・・・・何なんでしょうか^^;
090719ホソバウルップソウ2
よくみると、一つ一つの花も綺麗ですね。

と、急ぎめに2週前の報告を終了です^^;
8月に入ると仕事がますます忙しくなりそうなのが心配です・・・・

| 植物 | 20:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

赤岳~白雲岳縦走①。

※遠征中のためタイマー投稿です。。

黒岳に登った翌朝は、銀泉台へと向かいました。
赤岳から白雲岳への縦走。
あまり記事を書く時間がないので、見られた花達をぺたりぺたり。
ご容赦を>;

銀泉台から樹林帯を歩いている時には、ミツバオウレンやツマトリソウ、エゾイチゲ等々・・・
小さくて白い花々が林床に咲いています。
その中で気になる花が・・・
090718ウスバスミレ?
これは萎れかけのウスバスミレでしょうか??

それと、一瞬ミツバオウレンだと思ったのですが・・・
090718コガネイチゴ
花弁が丸い丸い@@;
そして、葉もバラ科っぽい葉。
花弁が6枚のコガネイチゴでしょうか・・・?
わかりません・・・・

しばらくすると樹林帯を抜け、雪渓を歩いてハイマツ帯へ入っていきます。
090718コケモモ
登山道脇では、コケモモやクロマメノキがかわいい花を見せてくれます。
もちろん、駒草平では・・・・
090718コマクサ
コマクサも咲いていました!
黒岳同様、まだ時期は早いようでしたが^^;
090718コマクサ2

雪渓の脇では、ジンヨウキスミレも咲いていました。
090718ジンヨウキスミレ
やっぱりふんわりとして綺麗な花です><b

エゾノツガザクラだと思ってみた花は・・・
090718コエゾツガザクラ
コエゾツガザクラでしょうか?

ちなみに、こちらはエゾノツガザクラ。
090718エゾノツガザクラ
どちらも綺麗なのですが、コエゾの方が控えめで可愛い感じがします。

長い雪渓を超え、山頂へ向かいます。

| 植物 | 21:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒岳の花々③

久しぶりに時間ができたと思えば3連休・・・
写真は溜まるばかり^^;
少しでも放出しないと。
2週間前の写真をアップしていること自体、ちょっとまずい気がします・・・・
とりあえず今日で黒岳の写真を終わらせないと。

山頂から黒岳石室へ向けて歩き出してすぐに見つかるのは
090715エゾタカネスミレ
エゾタカネスミレに

イワヒゲ。
090715イワヒゲ

ミネズオウに・・・・
090715ミネズオウ

クロマメノキ。
090715クロマメノキ

特にミネズオウは満開で、ピンク色の絨毯のようでした^^

場所によっては、
0907154種
イワヒゲにイワウメ、コメバツガザクラとミネズオウの4種が一緒に生えている岩もありました!
なんだか贅沢な岩です^^;

そして石室に到着すると、そこで待っていたのは・・・
090715キバナシャクナゲ
一面のキバナシャクナゲ!
思わず声を出さずにはいられない景色に大満足です^^

キバナシャクナゲの花畑の中には、エゾコザクラもその存在をアピール。
090715エゾコザクラ3
キバナシャクナゲとのツーショットもなかなか^^

逆光でも、花弁が透けるように見えて綺麗です。
090715エゾコザクラ1

群生しているところでは・・・
090715エゾコザクラ2
こんなにも>;
思わず足を止めてしまい、自然とシャッターを切る回数も増えてしまいます。
コザクラの魅力、恐るべし・・・・

また、チングルマはもちろんのこと
090715チングルマ

ミヤマリンドウも咲いていました。
090715ミヤマリンドウ

この日の終着は御鉢平平展望台。
距離的には全然長い行程ではないのですが、往復で6時間位ぶらぶらしていました^^;
気軽に登れてこれだけの花が見れるのですから、黒岳もいいところですね^^

| 植物 | 21:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒岳の花々②

かなり忙しく、なかなか更新する時間がありません。。
いろいろ作業をしているといつの間にかこんな時間に(汗
ですが、更新しないことには写真は溜まる一方・・・・
ということで、黒岳その②。

草地にはチシマノキンバイソウの群生。
090708チシマノキンバイソウ

林床では、キバナノコマノツメも群生。
090708キバナノコマノツメ

クロユリも見られます。
090708クロユリ
なんだかちょっと花が小振りな感じがします。

コケモモに・・・・
090708コケモモ

ミヤマキンバイ。
090708ミヤマキンバイ

岩陰ではミヤマタネツケバナも見つけました^^
090708ミヤマタネツケバナ

石の隙間で風を避けるタイセツタカネヒカゲ。
090708タイセツタカネヒカゲ
こんな所にいたら気付きませんね^^;

記事もろくに書く暇がありません・・・・ご容赦を;
レスも遅れ気味で申し訳ありません;

| 植物 | 03:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒岳の花々①。

7/4(土)は黒岳に登ってきました。
とは言っても、ロープウェイ&リフト利用なのでほとんど登っていないのですが^^;
リフトに乗っている間も、足下にはチシマキンバイソウはヨツバシオガマ、クロユリにエゾウサギギク、エゾコザクラ・・・等々、たくさんの花々が咲いているのが見られます。

リフトから降りてまず目に入ってくるのはウコンウツギの花。
090708ウコンウツギ
今期、あまり写真に撮っていなかった気がします^^;

いくつか雪渓を登り、しばらくするまで花は全然なかったのですが・・・
ある場所を過ぎると、急に花が多くなってきます。
090708タカネグンバイ
エゾノイワハタザオ。
タカネグンバイと間違えちゃいけません・・・・・^^;

カラマツソウ。
090708カラマツソウ
綺麗に咲いているものもありましたが、あえて開きかけの蕾を撮りました^^;
この薄紫色の感じもいいですね♪

キバナノコマノツメも、あちこちで咲いているのを見かけます。
と、そんな中にふんわりした雰囲気の・・・・
090708ジンヨウキスミレ1
ジンヨウキスミレを発見@@;
まだ咲き始めなのか、花の綺麗な株が多かったです。
090708ジンヨウキスミレ2
花弁に網目のように広がった線も特徴的です。

チシマキンバイソウやミヤマキンポウゲ、ハクサンチドリの花畑の中には、
090708トカチフウロ
クロユリやトカチフウロなんかも混じっています。

ゆっくり花を撮りながらも、1時間弱で山頂に到着。
山頂では
090708メアカンキンバイ1
メアカンキンバイが群生しています。
中にはこんな色の株もありました。
090708メアカンキンバイ2
白花でもないし、中途半端な薄黄色^^;

数は少なかったですが、イワギキョウの花も。
090708イワギキョウ

エゾイワツメクサも咲いていました。
090708エゾタカネツメクサ
エゾタカネツメクサと間違えちゃいけません・・・・^^;;

ほとんどがまだ蕾でしたが、コマクサも花を咲かせている株がありました。
090708コマクサ
昨年、雌阿寒岳で見たときは花期終盤で綺麗な花がほとんどなかったので、見られて良かったです^^

今日は出張先からの更新ですが、いろいろと写真データを持ってくるのを忘れてしまい・・・・
クロユリやチシマキンバイソウ、キバナノコマノツメ、コケモモ、ミヤマキンバイにミヤマタネツケバナといった花々の写真がありません;
出張から帰ってから、時間があるときにでも。。

| 植物 | 18:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕張岳の花々⑤。

今日でようやく夕張の報告は終了!
ペタペタ・・・・・

まずはミツバオウレン。
090707ミツバオウレン
この時期は、どの山へ登ってもたくさん咲いていますね^^

花畑のあちこちで見られたミヤマアズマギク。
090707ミヤマアズマギク1

ミヤマハンショウヅルも何度も見かけました。
090707ミヤマハンショウヅル

しわしわで肉厚の不思議な花・・・・
090707ミヤマハンショウヅル2

お次はもっと変な花。
090707ムシトリスミレ1
ムシトリスミレです。
その名の通り、虫を捕るわけですが・・・・
090707ムシトリスミレ2
タヌキモ科の植物。
変ですが・・・白と紫のコントラストが激しく、なかなか撮りづらい花です^^;

こちらは・・ヤマガラシ。
090707ヤマガラシ
高山で咲くアブラナ科で黄色い花を咲かせるのは、これと先日載せたナンブイヌナズナ程度でしょうか?

さて、ここからは「夕張」の冠を持つ花達。
090707ユウパリキンバイ
ユウバリキンバイ。
特徴の葉を写し忘れましたが;

ユウパリコザクラも見られました。
090707ユウパリコザクラ

どの株も、登山道からは5m程離れたところに・・・・・
本当ならばマクロレンズで捕りたい花ですが、望遠&トリミングしか手はありません。。
090707ユウパリコザクラ2
こちらは花弁が四裂の子。
しかし、これだけ少数でよく個体群を維持できるものです。
見えないところでは群生しているのでしょうか??

最後は・・・・
ユウバリソウ2090707
お待ちかね、ユウバリソウです。

ウルップソウの仲間を見るのは初めてだったのですが・・・。
090707ユウバリソウ1
なんとも撮るのが難しい;;
ですが、見られて本当に良かったです。

ということで、ようやく夕張岳の報告は終了^^;
大雪の報告も早く終わらせないと・・・・

| 植物 | 20:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕張岳の花々④。

2日連続の登山で筋肉痛です・・・・
前にも増して、また少し日に焼けた気もします。。

と、そんな話はさておき、夕張岳シリーズを完結させないと、この週末の報告にも入れません。
明後日から3日間、出張だというのに(汗

ということで、ナ行~ハ行の花たちをペタペタと・・・・

まずは、遠くの岩場でひっそりと花を咲かせていたナガバツガザクラ。
090706ナガバツガザクラ
400mmで撮ってトリミングしてようやくこの大きさ。
双眼鏡で見つけたkimさん・・・凄すぎます@@;
右上で黄色い花を咲かせているのはミヤマダイコンソウ。

蛇紋岩地帯の固有種、ナンブイヌナズナ。
090706ナンブイヌナズナ
夕張岳の他にも、岩手県の早池峰山や日高山脈にも生息しているんですね。
こういう飛地的な分布をする植物は、一体どうやってこのような分布を形成するに至ったのでしょうか・・・
不思議でなりません。

ノウゴウイチゴに・・・
090706ノウゴウイチゴ

ノビネチドリも登山道ではちらほら。
090706ノビネチドリ

ハクサンイチゲにハクサンチドリ、そしてミヤマキンポウゲも花畑を彩ります。
090706ハクサンイチゲ
どこかで見たような風景です^^;

こちらはヒメタケシマラン。
090706ヒメタケシマラン
登りの辛いところの登山道脇だったのでですが、その花の大きさ、色で全く気付きませんでした。。
これまたkimさんの目はどんな目をしているのか・・・花のセンサーが付いているとしか思えません@@;

くしゅっとした花のヒメゴヨウイチゴ。
090706ヒメゴヨウイチゴ
どうしてこれ以上開かないのでしょうか・・・・・
どうやって受粉させるのか気になるところです^^;

ヒメナツトウダイも地味な花です・・・・・
090706ヒメナツトウダイ
が、この葉の形に花の雰囲気。
アピールしない可愛さがあります^^

ホソバイワベンケイ。
090706ホソバイワベンケイ
その名の通り、確かにイワベンケイと比べて葉が細いです。
そして、その葉にはエゾタカネスミレと同じようにぷちぷちが・・・・・
もう少し後の時期だと満開の花が見られたのかもしれませんね。

夕張岳は明日で報告を終わらせます!
でないと、後が続きません。。

| 植物 | 21:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕張岳の花々③。

今、管理人は上士幌町に滞在中。
ということでタイマー投稿です。。

今日はサ行とタ行を貼り貼り。
これくらいのペースで貼らないと、アップが追いつきません。。

まずはサイハイラン。
090704サイハイラン
前日にニセコ方面でも見た株がもう花期の終わりで元気がなかったので・・・・
比較的綺麗な株を見られて良かったです^^

サンカヨウ。
090704サンカヨウ
登山道沿いでたくさん見られました^^
いつも、思いの外可愛らしく撮れます。

そして次は夕張岳固有種。
090704シソバキスミレ
シソバキスミレです。
400mmでトリミングしてようやくこの距離。
しかも逆光なので辛かったです;
ですが、見られてよかったー><

咲き始めのシナノキンバイソウ。
090704シナノキンバイソウ
蕾の株が多かったので、これから一気に開花するのでしょうか??
今週末、来週末辺りもいい時期なのでしょうね!

また樹林下では、シラネアオイが満開。
090704シラネアオイ
これだけ群生していると、見応えがあります^^
こんな中を歩くだけでも楽しい登山です。

登る標高とともに開花の段階が変わるズダヤクシュ。
090704ズダヤクシュ

北海道固有種、タカネグンバイ。
090704タカネグンバイ
夕張岳ではたくさん見られますが、他ではそうは行かないのでしょうね・・・

ユウバリタンポポこと、タカネタンポポ。
090704タカネタンポポ
この花も蛇紋岩地帯の植物で、夕張岳や日高山系でしか見られないとのこと。

登り始める頃はまだ花を閉じていたタニギキョウ。
090704タニギキョウ
下山するときには花を咲かせて帰りを待っていてくれました^^

チシマヒョウタンボク。
090704チシマヒョウタンボク
なんとも、どう写真を撮っていいのか迷う花でした^^;
結局良い絵になりませんでしたが・・・・w

残り3種はおなじみの顔ぶれですが、
090704チシマフウロ
チシマフウロに・・・・

090704チングルマ
チングルマ。

そしてツマトリソウ!
090704ツマトリソウ
毎回、どこへ行っても撮っていますが・・・許してください^^;
それだけお気に入りなので。。

一気に10枚以上貼るとしんどいですね。。
ですが、まだまだ続きます・・・・・

| 植物 | 21:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕張岳の花々②。

今日もぺたぺたいきます!!

カラマツソウ。
090703カラマツソウ
花火のような花。
そう言えば最近、花火なんて見てないなぁ・・・・・・

キバナシャクナゲ。
090703キバナシャクナゲ
北海道の高山ではよく見る花ですが、いつも、写真が上手く撮れません・・・・w
次こそは!!

キバナノコマノツメ。
090703キバナノコマノツメ
長く舌のように伸びた花弁が全体をスマートに見せます。
登山道の脇で比較的たくさん咲いていました^^

地味なところでは・・・
090703クロツリバナ
クロツリバナ。
私1人で登っていれば、確実にスルーしたと思われます・・・・w

キバナノコマノツメと同様、登山道脇で黄色く輝いて見えるのは・・・・
090703ケエゾキスミレ1
ケエゾキスミレです!
キバナノコマノツメと違い、花弁が短くて可愛い印象です。

初めに見た株なんかは、しばらく見入ってしまいました^^;
090703ケエゾキスミレ2
黄色のスミレに弱い私がいます・・・・

ゴゼンタチバナも咲き始め。
090703ゴゼンタチバナ

コメバツガザクラも薄ピンク色の花を付け、群生していました。
090703コメバツガザクラ1
しかし、どうしてこの手の木本はかわいい花をつけるのでしょうか>;

不思議でなりません・・・・
090703コメバツガザクラ2

コメバツガザクラを撮っていると、謎の生物の存在に気が付きます。
090703コメバツガザクラの??
レンズ越しに目が合いましたwww
君は誰・・・・・・・^^;

と、謎の子で今日の報告は終了。
週末はまた山へ出掛けてきます!

| 植物 | 20:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕張岳の花々①。

6/28(日)。
午前、2時15分起床^^;
kimさん達と合計7人で、夕張岳へ行ってきました!!
天候:快晴!
登山開始:6時。 下山時刻:17時。
気付けば、山で11時間も過ごしていました・・・・^^;
普通のペースではあり得ないのですが、目的が目的なので仕方がありません。。

礼文の時と同様、50音順で写真をぺたぺた貼っていきますb
枚数が多いのでひたすら貼ります・・・・本当はゆっくりやりたいのですが;
トップバッターは、イワイチョウ。
090702イワイチョウ
北海道では西側でしか見られない植物とのこと。
ミツガシワ科なのですね・・・確かに湿地に生えていました。。
しかし、どうして「イワ」イチョウなのでしょうか^^;

山頂付近の岩場には、イワウメ。
090702イワウメ
昨年の羅臼岳以来の再会です。

こちらは初めて見る花。
090702ウラシマツツジ1
ウラシマツツジです。

紅葉の時期も綺麗だと聞くのですが・・・・
090702ウラシマツツジ2
花もかわいいですねー^^;
ツツジ科の矮小低木は高山らしい小さなかわいい花を付けるものが多いので、見ると嬉しくなります。

こちらは・・・・エゾタカネスミレ!
090702エゾタカネスミレ
葉の縁に見えるぷちぷちした黄色い何かがチャームポイントと思うのですが・・・・
変ですかねぇ^^;

正面と後ろ姿。
090702エゾタカネスミレ2
2株だけ見ることができました。
高山のスミレは、厚みがあるというか・・・なんだか存在感が違う気がします。。

「エゾ」が付く花が続きます・・・・
エゾタカネツメクサ。
090702エゾタカネツメクサ
北海道の高山でしか見られない花です。

今年何度も登場しているエゾノイワハタザオ。
090702エゾノイワハタザオ

クワガタ2種にもエゾが付きます・・・・
エゾヒメクワガタ。
090702エゾヒメクワガタ
この花も北海道でしか見られません。

こちらのエゾミヤマクワガタは、キクバクワガタの変種ですが・・・
090702エゾミヤマクワガタ
蛇紋岩でしか見られないんですね。
葉の裏が紫色。
というよりも、緑色のイメージが付きません^^;

オオバミゾホオズキは、一見すると黄色いスミレの様に見えます。
090702オオバミゾホオズキ
「キスミレモドキ」なんて名前が似合うんじゃないか、と言う話をしながら歩いていました^^;

今日の最後は・・・・オククルマムグラ。
090702オククルマムグラ
これまで目をつぶっていたアカネ科の花。
みんなクルマバソウにしてしまっていましたが・・・・・
オククルマムグラは花が小さく、茎に下向きに小さな刺が生えているので、茎を触れば見分けられます。
少しずつでも覚えていきます。。

それにしても、写真の枚数が多くてアップが追いつきません・・・・w
なんとか明日の夜は早く寝て、週末に備えたいのですが^^;

| 植物 | 23:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西岡→神仙沼。

6/27(土)。
朝は西岡公園へ向かいました。
さすがにこの時期は葉が茂って鳥は見られないかな、と思っていたのですが・・・・
それでも、いくらか見ることができました^^;

歩道横をガサゴソしていたのは、ヤブサメ。
090701ヤブサメ
ひどい枝被り・・・・

あちらこちらで囀っているキビタキ。
090701キビタキ
今年はあまりキビタキを撮っていなかった気がします・・・^^;

オオルリも、見やすいところで囀っていました^^
090701オオルリ
しかし、下からの写真ではほとんど青さが見えません・・・・w

こちらはゴジュウカラ。
090701ゴジュウカラ
巣立ち雛でしょうか?
なんだか幼い顔つきをしてます。


西岡での早朝散歩を終えた後は、神仙沼へ。
木道脇にはマイヅルソウやツクバネソウ、ミツバオウレンにツマトリソウ、ナナカマド等の花々。
その他にも・・・
090701ミネカエデ
ミネカエデの花です。
やはり、カエデの花って想像よりも可愛いですね^^
見向きもされないことが多いですが^^;

湿原までいくと、そこには・・・
090701ワタスゲ
一面のワタスゲ!

時期終盤で綺麗な花は少なかったですが
090701チングルマ
チングルマもたくさん。。

そして、沼へ行くと・・・・
090701神仙沼1
ミツガシワの花が迎えてくれました。

風景写真は苦手で、うまく表現できないのですが・・・
090701神仙沼2
神仙沼、のんびりできていいところです^^
もう少し人が少ないといいんですけれど、ワガママですよね・・・w

帰りにぶらっと立ち寄った所では謎の実?蕾??を発見。
090701?
ひたすら図鑑をめくっていると、ウメガサソウに似ています。。

その近くでは、花期終盤のベニバナイチヤクソウも見られました。
090701ベニバナイチヤクソウ

帰りは真狩温泉で疲れを取って帰りました。
090701羊蹄山
天気のいい日には、露天風呂からこんな景色が見られます!
羊締山を見ながらのんびり温泉に入りたいときには、是非どうぞ♪

| ご近所情報 | 19:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。