「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

礼文島の花たち⑧。-レブン○○-

礼文島の花の報告も今日でようやく最終回。
もううんざりかもしれませんが・・・最後までやらせてください^^;
ヤ行がないので、ラ行の植物たち。
アツモリソウ以外ですが、「レブン○○」という名のものばかりです。

初めは花ではないのですが、レブンイワレンゲ。
090616レブンイワレンゲ
昨年、夏に行ったときにも、この松かさのような姿を見た気がします^^;

こちらは今回見られるとは思っていなかったのですが・・・
090616レブンウスユキソウ
レブンウスユキソウです。

まだ花こそ咲いてはいませんが、花弁のように見える真っ白な苞葉が開いています^^
090616レブンウスユキソウ2
花期もいいですが、花期直前も清楚な感じで綺麗ですね^^

お次は・・・黄色い花。
090616レブンキンバイソウ1
レブンキンバイソウです!
大きな黄色い花がとても綺麗です。

ちょうど花期はピークの直前で、蕾を膨らませた株がたくさんありました。
090616レブンキンバイソウ2

それでも、場所によってはたくさん咲いていて・・・・
090616レブンキンバイソウ3
この花があるだけで草原の景色に鮮やかな黄色が加わり、華やかになります。
以前来たときは花期を過ぎていたので、見られて良かった^^

まだまだ続きます・・・・
お次はレブンコザクラ。
090616レブンコザクラ1
こちらは少しピークを過ぎた感がありましたが、それでもまだまだ綺麗な株がたくさんありました。

「レブン」と付きますが、礼文島の固有種ではないのですね。。
090616レブンコザクラ2
ですが、島のあちこちで普通に見られるのは・・・「レブン」と付けられているだけあります。

球形にピンク色の花が付く姿は、とても可愛いです^^
090616レブンコザクラ3

レブンシオガマ・・・?。
090616レブンシオガマ
ちょっとまだ時期が早かったのですが、それでも道路沿いの法面のような場所では花を付けている株が見られました。
ですが、この状態ではヨツバシオガマと区別がつかないのかも・・・・;

今日は少し長いですが、まだ続きます・・・・・
礼文島固有種、レブンソウ。
090616レブンソウ1
カラフトゲンゲと違い、上向きに花が付いているのですぐにわかります。
必至に下から花を撮っていると、どこからか「ぶーん・・・・・・」という音が。。
090616レブンソウ2
マルハナバチがやって来ました。ですが、種名が分かりません^^;
調べてみると、ニセハイイロマルハナバチが近い気がしますが・・・・・

ネムロシオガマと一緒に・・・
090616レブンソウ3

最後に紹介するのは、レブンハナシノブです。
090616レブンハナシノブ1
カラフトハナシノブの品種とのことであまり自信がないのですが、花序の詰まった、という表現が当てはまっている気がします。
090616レブンハナシノブ2
フウロに似た花ですが、蘂の黄色がアクセントになっていて、かわいいです。
ハナシノブの花は、ふんわりした雰囲気もいいですね^^


8回にも渡る礼文島の花、長い間お付き合いありがとうございました>;

今回の礼文行、私1人ではこれほどの花を見ることができなかったはず。
これだけ満喫できたのは、間違いなく島でお世話になった方々のお陰です。
色々な場所に案内していただき、本当にありがとうございました!

しかし、明日もまだ礼文島シリーズ。。
明日は景色を・・・^^;
しかしあんまり引っ張ると、いい加減にしろと言われそうですね;
ですが、週末までネタがないので・・・どうかご了承下さいm(_ _)m

| 植物 | 21:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月