「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

礼文島の花たち⑥。

今日はナ行の花を・・・・・と行きたいところですが!!!
まず、昨日タ行で忘れていた子が;
090614チシマフウロ
チシマフウロです。
透き通るような紫色の花が綺麗で・・・・・
「風露」という名前も雰囲気が良いですね^^

と、今日はナ行の花と言いたいところですが・・・・・
090614ネムロシオガマ
この子しかいません^^;
ネムロシオガマ。
島ではちょうど満開でした^^

さすがにこれだけだと寂しいので、ハ行の花も半分。。
ハ行の花も多いのですが・・・・

少し見頃を過ぎていましたが、それでも原野にたくさん咲いていたエゾノハクサンイチゲ。
090614ハクサンイチゲ1
ヒメイチゲやエゾイチゲ、アズマイチゲなんかと比べると・・・かなりしっかりした印象のイチゲ^^;
花を見ていると、心なしかエゾノリュウキンカを思い出すのは私だけでしょうか・・・・w
090614ハクサンイチゲ2
と思ってエゾノリュウキンカを調べたら、同じキンポウゲ科だったんですね@@;
知りませんでした・・・・
090614ハクサンイチゲ3
1~2週前くらいだと、満開でもっと綺麗だったんでしょうね!?

こちらも、エゾノハクサンイチゲに負けないくらい島中たくさん見られたハクサンチドリ。
090614ハクサンチドリ1
「どうしてこんなに?!」というくらい、礼文島ではたくさん咲いています。。
中には・・・・
090614ハクサンチドリ2
こんな真っ白な株もありました^^
アイヌタチツボスミレといい、どうして白花のものはこうも惹きつけられる魅力があるのでしょうか。
綺麗です。

そして、故郷石川の「白山」と言う名前の付く花を見るとなんだか嬉しくなります^^;

今日の最後は・・・・ハマハコベ。
090614ハマハコベ1
急斜面を降りた海岸で群生していました。。

どれくらい群生していたか。。
090614ハマハコベ2
上から見るとこんな感じです^^;
何かの模様みたいに見えます。。。

礼文の花シリーズ、なんとか@2日くらいで終えられそうです^^;

| 植物 | 20:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月