「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

沖縄遠征⑤(フクロウ類、セキレイ類)。

沖縄報告はまだしばらく続きそうです。
かなり詰め込んでいるつもりなのですが^^;

今日はフクロウとセキレイ類を。
と言っても、登場する種数は少ないのですが・・・

今回も夜のやんばるの森を2度、ナイトウォッチングに出掛けたのですが・・・・・
1日目はどしゃ降りに遭って何も見れず;
実質、見ることができたのは一晩だけでした。
一晩だけで何か見れるか不安でしたが、それでもやはり何か見られるのはさすが沖縄。
まず、森の中でたくさん聞かれる「コホッ コホッ」という声の主を捜します。
近くで鳴いているのになかなか見つからないのですが・・・・・
090420リュウキュウコノハズク
それでも見つかりました!
近くで「ニャォ ニャォ」と鳴く♀の声も聞こえたのですが、藪の影で見つからず・・・
♀が鳴いているせいか、この付近だけで5羽程の♂の声が聞こえました^^;

しばらく進むとリュウキュウコノハズクの声は聞こえなくなったのですが、松の枝に鳥が・・・・
090420リュウキュウオオコノハズク
次はオオコノハズクです!
前回に引き続き、この2種を沖縄に行く度に見られるとは、運がいいのでしょうか^^;
それともかなり普通に見られるのでしょうか・・・?

この2種を見て安心したのも束の間、次は目の前の枝に鳥影。
090420リュウキュウオオコノハズク2
またもやオオコノハズクです!
構図を変えるために少しトリミングしてますが・・・近い近い^^;
一晩で二度、これだけじっくりオオコノハズクを見られるとは思っても見ませんでした。

アオバズクは、声は聞こえるものの姿は見られず・・・・
それでも、一晩でこれだけ見られれば満足しなければなりませんね^^;


お次はセキレイ類。
トップ画像にあるように、今回はツメナガセキレイをたくさん見ることができました。
まずは亜種ツメナガセキレイ。
090420キマユツメナガセキレイ1
この子は車の真横まで来ても逃げませんでした^^;
このサイズの鳥で、ノートリでこの写り。

あと、イモ田付近にも何羽も群れていて・・・・
090420キマユツメナガセキレイ2
なかなかしっとりしたいい絵になります^^

中には、亜種マミジロツメナガセキレイも混じります。
マミジロツメナガセキレイ2
雨が降っていても、それはそれでいい絵になりますね。
実は「ツメナガ」な部分も写っていたり。
お気に入りの1枚になりました^^
しかし、眉斑の短い個体です。
昔の亜種で言うところの、シベリアツメナガセキレイに近いのでしょうか??

もう1個体は・・・・
マミジロツメナガセキレイ1
こちらの子の眉斑は、上の子よりもしっかり長いのですが・・・・・
何だか微妙に黄色が混じっています^^;
綺麗な個体ですが、完全なマミジロツメナガセキレイではないのかもしれません。。

3個体の顔を並べてみると・・・・
090420ツメナガセキレイ拡大
難しい・・・・・--;

ハクセキレイでも、こんな個体が・・・
090420タイワンハクセキレイ
背中がグレーで、亜種タイワンハクセキレイだと思うのですが・・・・
微妙に喉に白い部分が残っています。
この子も上のマミジロツメナガセキレイのように、完全なタイワンハクセキレイではないのかもしれませんね。
あくまで亜種なので、判定は微妙になって仕方ない面もあるとは思うのですが^^;

あとは、ムネアカタヒバリ。
090320ムネアカタヒバリ
綺麗な夏羽です^^ 昨年の舳倉以来、見るのは2回目。

セキレイ類も、じっくり見ると面白いですね。


沖縄報告、野鳥はなんとか次回で終えられそうです^^;

| 遠征記録 | 20:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月