「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

道東遠征その④。~オオハム~

道東報告も4回目ですが・・・・
なかなか更新できずにいるため、既に1週間が経過しそうな感じに(汗
それでも少しずつ報告していきます。
今日は・・・・オオハム。
道東まで行ってオオハムか・・・・と思わず付き合ってやってください^^;

まずは最終日、釧路にて。
ラッコのくーちゃんがいる幣舞橋のふもとを探しますが、くーちゃんの姿が見あたりません。
その代わり、その場所にいたのはオオハム。
090316オオハム1
これでもノートリ。
かなり近いです。

こちらは最近撮るようになってきた・・・・正面顔。
090316オオハム2
トリミングしてますが^^;

にしても警戒心がないのか全然逃げません。。
20分くらい潜りもせずに目の前でウロウロしてました。
090316オオハム3
くーちゃんのいない幣舞橋で川の中の鳥を必死に撮っている姿は、さぞかし変な人だったでしょう・・・^^;

お次は、釧路港の西港。
こんな子がいました。。
090316オオハム4
何かが・・・変。
目の回りが黒い。。
オオハムだと思うのですが、病気か何か、異常個体でしょうか。

あとは、庶野の漁港。
ここには2羽のオオハムが入っていましたが、1羽は遠かったのでパス。
もう1羽がこの子。
090316オオハム5
写真はトリミングしてますが、これも近かったです。
釧路と違って、すぐに逃げていきましたが・・・・・

と、漁港と川で1日4羽ものオオハムを見ました。。
シロエリは0だったのですが^^;
じっくり見られて良かったです。


えと、昨日のチシマウガラスの写真。
3羽どこにいるかわかりにくかったので、正解を下の写真に載せておきます。
090316チシマウガラス1
わかるでしょうか^^;

090316チシマウガラス3090316チシマウガラス4
  右の寝ている子。  立っている子と、その右の子。

090316チシマウガラス2090316チシマウガラス5
嘴が白っぽく反射して見えるヒメウ(右は別写真)。

立っている個体の右側で寝ている子は、一応チシマウガラスですが、この写真では分かりませんよね。。
ヒメウも光の反射次第で嘴が白っぽく見えることがあるので、要注意です。

にしてもなんだか、昨年も同じようなことをしていた気が・・・・^^;
ただ昨年は、プロミナで見ていたのでかなり遠かったです。

| 野鳥 | 23:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月