「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

浦幌にて・・・

日曜日、帯広と池田へ行った後は浦幌へ。
2週前に見たハクガンを探してうろうろするのですが、なかなか見つかりません・・・・
090325マガン


そのかわり、ガンの群れを見ていると、そのすぐに上を1羽の猛禽が通過。
090325ケアシノスリ1
ケアシノスリです!

今シーズンは、晩秋に函館で見て以来2度目。
越冬した個体なのか、戻りの個体なのかは分からないですが。。
090325ケアシノスリ2
上面を見る限り、幼鳥でいいのでしょうか。

しばらく見ていると、電柱にとまりました。
トリミングしてますが・・・そこそこ近い距離。
090325ケアシノスリ3
"ケアシ"がよく見えます。
にしても、電柱が好きな子です・・・・

さてさて、ハクガンを探してあちこちの群れをチェックしていると、遠くから白い鳥の群れが・・・・
090325ハクガン1
ハクガンです!

探しているうちに向こうから飛んできてくれるなんて、思ってもみませんでした^^;
しかも、比較的近いところに降りてくれました。
090325ハクガン2
純白の羽・・・・息を飲む美しさです。

しばらくすると、落ち着いて餌を食べ始めました。
090325ハクガン3
これでもノートリなのですが・・・・・
これだけの距離でゆっくり見るのは初めてです。

しばらくすると、近くに来た車に驚いたのか、飛び立ってしまいました・・・・
090325ハクガン4
これはさすがにトリミングしてますが^^;
飛翔の姿は白と黒のコントラストが本当に綺麗です。


帰る前に、河川敷の木にとまっていたのは
090325ケアシノスリ4
またもやケアシノスリ。
こちらはかなり遠かったですが^^;
1羽目とは別個体に見えるのですが、どうでしょうか。

日帰り遠征でしたが、クビワキンクロにオオマシコ、ケアシノスリにハクガンを見ることができ、
充実した1日になりました^^
今週末と来週末はさすがに遠出はできなさそうですが・・・・・
出掛けても近場の散歩程度にしておいて、引越の準備に努めます^^;


FN(3/21 帯広~池田~浦幌)
オオハクチョウ、ハクガン、マガン、ヒシクイ、マガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、クビワキンクロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カワアイサ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ダイサギ、アオサギ、オジロワシ、オオワシ、トビ、ケアシノスリ、ノスリ、アカゲラ、コゲラ、ヒバリ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、シマエナガ、ベニヒワ、オオマシコ、ウソ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計41種
スポンサーサイト

| 野鳥 | 19:22 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実は・・・・

引越作業の続く毎日です。。
と言いながらも・・・・・実はこの週末は日帰りで出掛けて来ました^^;
どうやら、3連休で晴れているのに、どこにも出掛けずにいることができない体のようで。。
日曜日の天気予報が快晴と知り、ちょっと東へ行って参りました^^;

行きの天馬街道。
前回の道東遠征の時はひどい暴風雨だったのですが、今回は快晴。
前日に雪が降ったのか、綺麗な雪景色が見られました。
思わず車を止めて見たくなる程の景色だったのですが・・・・
どうも、写真にするとただの雪の積もった森林にしか見えませんね^^;

090323天馬街道1
雪がもっさりと積もった森林。

090323天馬街道2
こちらはカラマツ林。

青空と雪と森。
しばらくぼーっと見ていても飽きません。

天馬街道。
もしかすると、これから二度と通らないかもしれないと思うと・・・・
静内滞在中、最後にこんな綺麗な景色が見れて良かったです^^

さてさて、帯広では小鳥を探すのですが、なかなか見つかりません・・・・
十勝川へクビワキンクロを見に行くと・・・・
見つけることはできたのですが、遠くてシャッターを切れません。。
さらに、ちょうど電話をしている時にベニヒワの大きな群れが目の前を横切り・・・・
気付けばベニヒワはいなくなっていました;
200~300羽ほどの群れだったでしょうか。
なんだか運がないなぁ・・・と思いながら帯広を後に^^;

次に向かったのは、池田町のとある公園。
コアカゲラを探しに行ったのですが・・・・
ちらほらと見られるカラ類達の群れを見ていると、灌木に1羽の赤い鳥を見つけます。。
090323オオマシコ1
オオマシコです!
今年は多いと聞いていましたが・・・昨月に浦幌でチラ見しただけで、これが2回目。
トリミングしていますが、それでもなかなかいい距離。
ですが・・・・すぐに灌木の藪の中へ。。
090323オオマシコ2
藪の中で餌をついばんでいました。。
090323オオマシコ3
正面顔もいただきました^^;
しかし・・・・藪の中から全く出る気配がありません;
090323オオマシコ4
結局、この写真を最後に飛び去ってしまいました・・・・

今度はもっと開けた所に出てきてね^^;

池田の公園を出た時点で、時間は2時半。
まだ時間があります。。
そこで、2週前に引き続き、浦幌へ・・・・・

| 野鳥 | 19:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征その⑥。~その他もろもろ~

引っ張り続けた道東も今日こそ最後・・・・
鳥以外となので、そんなに多くはないのですが。
景色の写真から^^;
野付半島からの知床半島。
090322知床半島

根室での夕陽。
090322夕陽1


090322夕陽2

落石岬での夕陽と夕焼け。
090322夕陽3

090322夕陽4

私はこんな所にこんな動物がいるとは知らなかったのですが・・・
実は有名だったんですね。
090322コロ1
ゼニガタアザラシのコロちゃん。。
波打ち際へ行くと、ペタシペタシと陸に上がってきます・・・・
090322コロ2
近い近い近い・・・・
090322コロ3
望遠レンズが不要のコロちゃん。。
すっかりこの場所に居着いているんですね。
可愛いんですが・・・・完全に人に慣れてます^^;

・・・・最終日の夕暮れの後には
090322月
綺麗な月でした。
満月までもう少しなのですが^^;

天候に恵まれたおかげで、鳥だけでなく景色も堪能できました。
そろそろ現実に戻って引越の準備をしないと・・・・・

| 風景 | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征その⑤。~ハクガン~

なんだか忙しくて引っ張りすぎた感のある道東遠征の報告ですが・・・
いつまでも引っ張っているわけにいかないので、とりあえず野鳥は今回で最後に^^;

最終日、釧路から静内への道中では、浦幌の十勝川河口へ立ち寄りました。
昨年、同じシーズンにハクガンやヒシクイ、マガンを見ていたので、期待して行ったのですが・・・・
今年は昨年と違い、畑は完全に雪に覆われて真っ白。
しかもこの日は濃霧で視界が200m程度しかありません。
これは厳しいかな・・・・と思いつつもガンを探していると、ガン達の鳴き声が。。
しばらく走ると、国道から見える畑に・・・・ガンの群れを発見。
その中に、ハクチョウよりも小さめの白い鳥。
090319ハクガン1
今年ももう来ていました!ハクガンです^^
にしても、視界が悪かったです。
そして、雪の中でガンを見ることに違和感を感じます^^;

車の中から観察していると、ガンの群れの近くにキタキツネが登場。
当然・・・・・
090319ヒシクイ
こうなります^^; この写真で奧に写っているハクガンも少し遅れて飛び立ちました。
090319ハクガン2
霧の雪原にハクガン。 保護色です・・・・・w
数を数えるため、群れの飛翔をを遠目に撮ってみたのですが、
090319ハクガン3
24羽。
また無事に戻ってきた姿を見られてよかったです^^

しかし、この積雪状況だと・・・ちょっと心配です。
ちゃんと餌を食べれているといいのですが。
090319ガンの群れ
雪原にガンの群れはやはり不思議な感じがします。
霧がなければカリガネやシジュウカラガン等も探したかったのですが、さすがにこの視界で見分ける自信はありませんでした^^;

今日はなんだか寒々した感じの写真ばかりですが^^;
一昨日は、今年初めてミソサザイのさえずりを聞きました。
道端でもふきのとうも芽吹き始め・・・・
今日は通勤途中にキジバトを初認。
着実に、静内にも春が近づいてきています^^

| 野鳥 | 20:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

突然の・・・

道東遠征の報告途中ですが・・・・違うご報告です。

突然ですが・・・・・・
仕事の関係で、この4月から札幌へ引っ越すことになりました。

日高を含め、太平洋側の方々。
少し遠くなりますが・・・・これからも飽きずに遊びに来ます。
その時には相手をしてやって下さいね^^;

札幌近郊の方々。
これから近くなりますので、どうぞよろしくお願いします!

静内のフクロウとももうしばらくでお別れと思うと・・・・
あと何回か、見に行っておこうと思います^^;

これから4月初めまでは、引越でジタバタすることになりそうです。。

| 雑事 | 21:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征その④。~オオハム~

道東報告も4回目ですが・・・・
なかなか更新できずにいるため、既に1週間が経過しそうな感じに(汗
それでも少しずつ報告していきます。
今日は・・・・オオハム。
道東まで行ってオオハムか・・・・と思わず付き合ってやってください^^;

まずは最終日、釧路にて。
ラッコのくーちゃんがいる幣舞橋のふもとを探しますが、くーちゃんの姿が見あたりません。
その代わり、その場所にいたのはオオハム。
090316オオハム1
これでもノートリ。
かなり近いです。

こちらは最近撮るようになってきた・・・・正面顔。
090316オオハム2
トリミングしてますが^^;

にしても警戒心がないのか全然逃げません。。
20分くらい潜りもせずに目の前でウロウロしてました。
090316オオハム3
くーちゃんのいない幣舞橋で川の中の鳥を必死に撮っている姿は、さぞかし変な人だったでしょう・・・^^;

お次は、釧路港の西港。
こんな子がいました。。
090316オオハム4
何かが・・・変。
目の回りが黒い。。
オオハムだと思うのですが、病気か何か、異常個体でしょうか。

あとは、庶野の漁港。
ここには2羽のオオハムが入っていましたが、1羽は遠かったのでパス。
もう1羽がこの子。
090316オオハム5
写真はトリミングしてますが、これも近かったです。
釧路と違って、すぐに逃げていきましたが・・・・・

と、漁港と川で1日4羽ものオオハムを見ました。。
シロエリは0だったのですが^^;
じっくり見られて良かったです。


えと、昨日のチシマウガラスの写真。
3羽どこにいるかわかりにくかったので、正解を下の写真に載せておきます。
090316チシマウガラス1
わかるでしょうか^^;

090316チシマウガラス3090316チシマウガラス4
  右の寝ている子。  立っている子と、その右の子。

090316チシマウガラス2090316チシマウガラス5
嘴が白っぽく反射して見えるヒメウ(右は別写真)。

立っている個体の右側で寝ている子は、一応チシマウガラスですが、この写真では分かりませんよね。。
ヒメウも光の反射次第で嘴が白っぽく見えることがあるので、要注意です。

にしてもなんだか、昨年も同じようなことをしていた気が・・・・^^;
ただ昨年は、プロミナで見ていたのでかなり遠かったです。

| 野鳥 | 23:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征その③。~チシマウガラス~

チシマウガラスも今回の遠征の目的の鳥の1種。
冬にここに来れば見られるのですが、ここに来ないとなかなか見られない鳥です・・・・
昨年は流氷のおかげで、かなり遠い場所でしか見られなかったので、今年こそは!と思い。。
3/7。
090314チシマウガラス1
岩の上にはうじゃっとヒメウがいます。。
この写真の中には3羽の幼羽のチシマウガラスがいるのですが・・・・・
1羽しか分からないですよね^^;
頑張れば2羽分かるでしょうか。
とりあえず、近くで見ることができたのでほっと一息。

3/8。
同じ場所に行くのですが・・・・・なぜかウがいません。。
風向きか何かが影響しているのでしょうか・・・?

3/9。
前日と同じく、岩の上にはヒメウは0。
この日も見れないと思いながら、よくよく見ると2羽のウが岩の横に止まっています。
よくよく見てみると・・・
090314チシマウガラス2
夏羽の成鳥!
奧にいるのも嘴は見えないのですが、幼鳥。
ヒメウは1羽もいないのですが、チシマウが2羽。
ヒメウがいなくとも、チシマウだけで戻ってくるんですね。。
夏羽なんてなかなか見られると思っていなかったので嬉しかったです。
来年も来たら見れるかな・・・・

何だか忙しくて更新もおぼつかない状況です;
少しずつでも更新していきます。

| 野鳥 | 23:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征その②。~猛禽類~

今回の遠征では猛禽はあまり見られませんでした。。。
が、それでもやはり道東。
ワシの数の半端のないことと言ったら・・・・・
090312ワシの群れ1
この光景。。
数に圧倒されます。。
090312ワシの群れ2
わしわしわし・・・・・。
こんなにわしわししていても、天然記念物。。
道東に来ればこんな感じなので、何だか不思議です。。

オオワシも愛想がいいです。。
電柱の真下に来ても飛ぶ気配がありません。
090312オオワシ
やっぱり冬の道東はこうでなくっちゃ・・・・

あとは・・・・霧多布のハヤブサ。
090312ハヤブサ
絵にはなるんですが・・・・ちと遠いです。

あと、根室でふわふわしていたコミミズク。
090312コミミズク
道路横を1羽がふわふわしているのを見ていたら、もう1羽飛んでいました。
もう戻りの個体が入ってきているのでしょうね。

猛禽はこんな感じ。。
なんだか中途半端な記事が続きますがお許しを・・・・

| 野鳥 | 22:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征その①。~オオホシハジロ~

オオホシハジロは、今回の目的だった鳥の1つ。
向かった漁港で・・・・・スズガモの群れの中に♂♀1羽ずついました!
090311オオホシハジロ1
これはトリミングしてますが・・・
強風のせいか、漁港の端に固まっていて逃げません。。
090311オオホシハジロ2
これもトリミングしてます^^;
にしても、黒くて長い嘴だこと・・・・
一度オオホシハジロを見ておけば、ホシハジロと間違えることは無くなりそうです。

撮る方向を変えて・・・・ここからはノートリ。
090311オオホシハジロ3
近いです。。
しかし背景が暗い・・・・・
♂、♀ともに水飲み?
090311オオホシハジロ4 

090311オオホシハジロ5
白の強い鳥は光の加減が難しいです。。
ホシハジロですら白飛びするので、さらに白いオオホシハジロはなおのこと。
曇っていた方が白すぎない写真になっていいのですが^^;
好天に文句を言ってたら罰が当たりますね。。

更新の時間がなく、しばらくは小出しな記事が多くなりそうです;

| 野鳥 | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰還。

090310エゾシカ
シカ牧場ではありません。。
ですが、そう言ってもいいくらいたくさんいました。
♂がこれだけ集まると壮観です。

ということで、無事に遠征から帰還しました。
おそらく、しばらく今回の遠征ネタで引っ張るつもりなので、先にFNを公開しておきます^^;
80種。
こんなにゆっくり鳥を見て回ったのは久しぶりです。
今日はゆっくり休みます。

FN(3/7~10 道東)
アビ、オオハム、シロエリオオハム、アカエリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、ウミウ、チシマウガラス、ヒメウ、オオハクチョウ、ハクガン、マガン、ヒシクイ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、ホシハジロ、オオホシハジロ、ホオジロガモ、キンクロハジロ、スズガモ、シノリガモ、コオリガモ、クロガモ、ビロードキンクロ、アラナミキンクロ、ミコアイサ、ウミアイサ、カワアイサ、ウミガラス、ハシブトウミガラス、ケイマフリ、ウミバト、ウミスズメ、ウトウ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコ、ワシカモメ、シロカモメ、カモメ、ユリカモメ、ミツユビカモメ、アオサギ、タンチョウ、オジロワシ、オオワシ、トビ、ノスリ、ハヤブサ、コミミズク、オオアカゲラ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、キクイタダキ、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、シマエナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニヒワ、ハギマシコ、ベニマシコ、ウソ、スズメ、ミヤマカケス、ハシブトガラス、ハシボソガラス 計80種

| 雑事 | 22:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疑惑のコ。

先週末は、本州から来た友人の観光案内をしておりました。
ニセコに行っていたのですが・・・私は体調が優れず、スキーをせずにドライブ^^;
そこで、1人寂しく黒松内へ行った時に道端で見たのがこのコ。
090303コベニヒワ1
腹と腰が白く見えます。。。
ピンが甘いですが、偶然、飛翔も写っていたので・・・・・
090303コベニヒワ2
やっぱり、腰は真っ白。
となると、気になるのは下尾筒ですが。。
090303コベニヒワ3
腰と同様、白・・・。
他のベニヒワ達と比べても、
090303コベニヒワ4
やっぱり、全体的に白っぽいです。。

私の知る特徴を見る限りはコベニヒワだと思うのですが・・・・・自信がありません。。
どなたか、コメントいただけると幸いです。

しかも、この個体がコベニっぽいと気付いたのは家に帰ってから。
ですが、どうしてかこの個体の写真ばかり撮っていました・・・・
撮られたいオーラでも出ていたのでしょうか^^;

今週末は遠征予定ですが、ちょっと仕事が忙しいので、更新は停滞気味になるかもしれません;



(追記)
写真を整理していたら、他にも微妙な個体が・・・・・
上の個体よりもベニっぽいのですが。。
090303コベニ疑惑1
下尾筒は白く見えるが、コベニにしては縦斑は強め。

090303コベニ疑惑2
わかりにくいが腰も白っぽい。

090303コベニ疑惑3
やっぱり下尾筒は白。
こちらは上の個体よりもさらに自信がありません。。
1枚目の写真で奧の個体(ベニ)と比較すると、コベニにしては褐色味が強い気がします。
コベニの♂ってこんなに赤くない気もしますし・・・・
この子はおそらくベニヒワ判定なんでしょうね^^;

コベニとベニ。
判別が難しいです;

| 野鳥 | 21:36 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。