「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タンチョウ撮影旅②(早朝のねぐら)。

この朝の気温は・・・・-21℃。
向かう途中の掲示板でこの数字を見たときはさすがに焦りました。。
鼻に眉に・・・・体のいたるところが凍りつきます^^;
当然、ねぐらの川辺も・・・・・
090225タンチョウ1
凍り付いています。
川霧が立ちこめ、それが河畔の木々をこのような姿に。
昨年も見た景色ですが・・・何度見ても幻想的です。

やがて、朝日が昇り始めると
090225タンチョウ2

090225タンチョウ3
凍り付いた景色にも徐々に光が差し込んできます。

実は奧の方には無数のタンチョウがいるのですが、川霧が濃くてよく見えません。。
090225タンチョウ4
一番よく見えた時でこの程度^^;

それでも、昨年も今年も、けあらしの立つ好条件の時にねぐらへ行くことができるとは・・・
運が良かったです。
特に今回は、出発時の悪天候を考えると^^;
来年も、またこのような風景が見られるでしょうか。。
スポンサーサイト

| 野鳥 | 19:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。