「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あぽいだけ3。

まだ続きます。
アポイ岳シリーズ。
今日は7合目~山頂手前まで。

5~7合目までは急な登りだったのですが、7合目~9合目は尾根沿いの緩やかな道が続きます。
また花も多く、歩く足も軽くなります♪
まず目に入ったのは、チングルマ。
080528チングルマ
あちらこちらで群生しています。

サマニユキワリもいたる所に咲いています。
080528サマニユキワリ

花の形はかなり変異があるのでしょうか?
こんな太めの花の株もありました。
080528サマニユキワリ2
同種でいいんですよね?^^;

数は少ないながら、ヒダカイワザクラも咲いていました。
080528ヒダカイワザクラ
エゾオオサクラソウも華やかで綺麗でしたが、個人的には1輪ずつ花を付けるヒダカイワザクラが好みです^^

また、華やかに咲き誇るチングルマやサクラソウ達の片隅で、終わりかけの1輪の白い花。
080528ヒメイチゲ
ヒメイチゲでよいのでしょうか?
自信がありません・・・。
とても華奢な感じで、小さくて綺麗な花をつけるんですね。
また花が綺麗な時期に見たいです

「馬の背」と呼ばれるなだらかな尾根沿いを歩き終えると、9合目からは最後の急な登り。
鈍った身体にはかなりしんどかったですが、急な分、背の低い花が目線の高さで見られます。
とりわけ、この辺りにきて多くなったのはエゾキスミレ。
080528エゾキスミレ

他のスミレと比べると、葉が細長く尖っているんですね。
080528エゾキスミレ2

アポイタチツボスミレもあちこちで見られました。
080528アポイタチツボスミレ

あと、こんな花も見られたのですが・・・・
080528ハクサンチドリ?

何の花でしょうか?ハクサンチドリ??
ちょっと私の知識では分からないです;

と、これで登りの部は終了です。

スポンサーサイト

| 植物 | 22:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。