「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

あぽいだけ2。

なんとか2日目の筋肉痛を回避できました。。
あとは3日目にこないことを祈るのみです。。

今日はアポイの花、5~7合目編。
5合目に到着すると、森林から抜けて高山れき地帯へ突入。
当然、植生も大きく変化します。

5合目でまず目に入ったのは、ヒロハヘビノボラズ。
080526ヒロハヘビノボラズ

広葉蛇登らず。よくわからん名前です。。
蛇が登る植物なんて少ないだろうに、なぜこんな名前が・・・・
そんな名前に似合わず、花は小さくて丸くてとてもかわいいですw

登山道沿いには、アポイアズマギクがいたるところに咲いています。
080526アポイアズマギク


また、数は少ないながらも、ヨツバシオガマやミヤマオダマキも咲いていました。
080526ヨツバシオガマ

080526ミヤマオダマキ


さらに、このスミレは??
080526アポイタチツボスミレ

アポイタチツボスミレでしょうか?
それともタチツボスミレ?? あるいはそれ以外のスミレ???
もうさっぱりです・・・葉がしっかり写っていないのも痛い;

と、たくさんの花が咲き誇っているにもかかわらず、ツアーのメンバーからこんな声が。
「めっちゃふわふわしてるーー!!!」
一体なにが??と思いつつ、触れているそれを見てみると、そこには植物の葉。
私も、騙されたと思ってその葉を触ってみると。。
「なにこれ。。本当に葉???」
というくらい、素晴らしいふわふわした感触。
いや、本当に感動しました。
この植物の感触のソファーがあったら買いたいと、真剣に考えました。。

その葉はこんな姿をしていました。
080526あぽいふわふわ1

写真からふわふわ感を出せないのが残念でなりません;
080526あぽいふわふわ2

しかし、私の知識ではこの植物が何という植物なのか、さっぱりわかりません・・・・
どなたか、もしご存じでしたら教えてください;
ちなみに、ツアー参加者の中では「アポイフワフワ」と命名されてしまいました。。
なんとも安易ですが、それくらいの感動をくれた植物です^^;

| 植物 | 00:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月