「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道北巡り。

島へ行くと宣言して出掛けてきましたが、天候等の関係もあって道北巡りに行ってきました。
短期間ながら、島にも行ったのですが^^;

車での走行距離が約1200km・・・・しかも今日だけで500km以上走ったので、
かなり弱っています--;
当然ながら、写真の整理等もできていません・・・・
しかしながら、明日は仕事で明後日から約1週間、実家へ帰ります。
いつになったら結果報告できることやら;
暇をみて、少しずつでも活動報告します。

とりあえず、今日は寝て体力回復です・・・・・zzz
080429ゴマフアザラシ
スポンサーサイト

| 雑事 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日曜日その後。

2日連続の飲み会で若干弱ってます・・・・・。
ということで、未だ日曜のネタを引っ張ります^^;

エゾリスのポイントを10時に出発し、のんびりと帰路に。
途中、ホオジロ類の群れを発見。
十数羽の群れは全てカシラダカ。
080422カシラダカ

本州では冬鳥だったので、夏羽の♂をじっくり見るのは初めてかもしれません。

そして、静内に帰ってきて牧場付近で昼寝でもしようかとぼーっとしていると、
聞き慣れない鳴き声が。
双眼鏡を向けた木の枝にいたのは、綺麗なオシドリの♂。
牧場のど真ん中。何故こんな所に・・・・・
と、そこにおばちゃんが近づいていきます。。
カメラを構える前にバタバタバタ・・・・・・・・;
と、その時に同じ木の高いところにある大きなウロから飛び立ったのは、オシドリの♀。
繁殖しようとしているのでしょうか???
家から遠くない場所なので、今後が楽しみです♪

そして、いつものフクロウのポイントへ。
080424フクロウ

この日は1羽だけ。どうやら今シーズンは1羽でいることが多いようです。

付近ではノビタキが飛び交います。
080424ノビタキ

♀は地味ですが、愛嬌があっていいですね^^

と、これで先週末の旅は終了です。
今週末はちょっと島まで行こうかと検討中です。
なので明日から数日お休みします^^;

| ご近所情報 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エゾリスと花。

宮島沼でマガンを見た後、以前に知床でお会いした方に偶然お会いできまして・・・・
近くにエゾリスの撮影ポイントがあることを教えて頂きました。
行こうか迷ったのですが、特に予定があるわけでもなかったので直行することに^^;

到着してみると、一面のエゾエンゴサク。
080422エゾエンゴサク

花畑になっています。カタクリもあるのですが、さすがに6時過ぎではまだ時間が早いようで、
花は閉じてしまっています^^;
と、待つこと約20分。
080422エゾリス1

エゾリスが出てきてくれました!
080422エゾリス2

エゾエンゴサクやカタクリの花に囲まれて、本当に絵になります。
080422エゾリス3

080422エゾリス4

しかし、しばらくするとすぐにどこかへ行ってしまいました・・・・。
ただ、もう少し見ていたかったので、ひたすらエゾリスが来るのを待ちます^^;
なかなか姿を見せてくれませんが、そんな間は花や鳥なんかを撮っていました♪
時間が経つにつれ、カタクリの花も開いてきます。
080422カタクリ1

エゾエンゴサクとカタクリが並んでいたり。
0804222エゾエンゴサク2

また、巣材を集めるハシブトガラや・・・・
080422ハシブトガラ

花に包まれたシジュウカラ。
080422シジュウカラ

また、こんな生き物まで・・・・・
080422シマヘビ
シマヘビです。北海道では初めて見ました^^;
こんな感じで3時間ほどぼーっとしていましたが、結局エゾリスは出てきませんでした。

実は今回の遠征、防寒着を持っておらず、非常に寒かったのです。
偶然にも現地でお会いした、知り合い方のおかげで何とか凌げましたが・・・・。
日中の最高気温が高いとはいえ、朝晩はやはり冷え込みますね;
Tさん、Sさん、週末は本当にお世話になりました^^;

| 動物 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮島沼の塒立ち。

土曜は結局、札幌に戻ったのが20時、就寝が22時。
そして、日曜の起床は2時半。
眠い目をこすりながらも、宮島沼へと向かいます。
宮島沼に到着したのは4時。
まだ周りが真っ暗なのに、既に多くの人々・・・・自分もその1人ですが^^;
大規模な塒立ちが始まったのは4時半頃。
昨年も見に来ましたが、やはり圧巻な光景です。
080421マガン1

そして、4時50分頃、最後の大規模な飛び立ち。
080421マガン2
手前の木やススキが邪魔に;

080421マガン3

080421マガン4

こうなると、言葉を失います。
声にならない声とシャッター音^^;
やはり、毎年来たいものです。

大多数の塒立ちが終わると多くの人は帰路に着くのですが、その後に日の出。
080421マガン5

前日の夕陽同様、綺麗でした^^

| 野鳥 | 20:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌遠征。

この週末は、札幌近辺へ遠征に行ってきました。
4/19午前。まずは札幌市内の海岸へ。
シーズンになるといろいろなシギ・チドリが集まる場所なのですが、さすがにまだ早いかなぁ・・・・
と思いつつも行ってみました。
海岸線を車で進んでいくと、綺麗な夏羽のシロチドリ。
080420シロチドリ

あんまり近くでじっくり見たことがなかったので、ちょっと嬉しかったり。
あとは、オオジュリンを今年初認でした。
シギチは予想通りまだ早かったようで、見れたのはコチドリとシロチドリのみでした^^;

次に向かうは森林公園。
私がこの公園に来ると、いるというフクロウは必ずいないのですが・・・・・
この日もいませんでした--;
特に変わった鳥も見られず、ぶらぶらしていると黄色い花。
080420エゾヒメアマナ

家で調べてみるとエゾヒメアマナ??でいいんでしょうか??
植物にめっぽう弱いので、分かる方、教えてください。。
特段何も見れなかったけど、快晴の時に散歩するのは本当に気持ちがいいです。
ぶらぶらしてるだけで十分♪

次はマガンのねぐら入りを見るために宮島沼へ。
到着したものの、まだ時間があるため周りの畑を散策していると、マガンの群れの中に白っぽい個体。
080420マガン若

いや、マガンには違いないんだけど・・・・・変に白い。
後に知り合いに聞くところによると、マガンの若い個体とのことでした。
若いと白いのか・・・・。。

その後、沼へ戻ってマガンのねぐら入りを待ちます。
次々に編隊を組んで戻ってきます。
そして、降りる時にはひらひらと「落雁」。
夕陽も綺麗でした。
080420マガン&夕陽

ずーっと見ていても飽きない光景です。
上空を飛ぶマガンの「ぶぃぶぃ・・・」と聞こえる羽音が何とも言えず好きなのは私だけでしょうかw
と、気付けば周辺は真っ暗に。
日曜の活動に備えて撤収です^^;

| 野鳥 | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の足音。

今日も仕事で山へ行ってきました。
その途中の道では、ノビタキが多数。
夏鳥がどんどん増えてきてますねー。。

また、山ではエゾライチョウを2羽確認。
こちらも今年は初認です^^
夏の間はよく見られるんですが、10月頃に見たのを最後に、一度も見ていませんでした。
冬の間はどうしているんでしょうか・・・・・

フィールドへ出る度に今年初認の鳥に出会う季節。
夏が近づいてくるのを実感します。。
とは言っても、まだ桜も咲いていないんですけどね^^;
二十間道路の桜、楽しみです♪

| ご近所情報 | 20:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そして浦幌へ。

海岸調査の翌日(日曜日)。
知人の情報を元に、浦幌=十勝川河口へ向かいます。
海岸線を眺めながら黄金道路を走っていると、クロガモとシノリガモが多数。
あと、岩場にはヒメウやウミウがたくさんとまっています。

そんな中、海から顔を見せる何かが・・・・・
080415アビ1

何に見えます??^^;
2mほどの高い波間から顔を出していた正体は
080415アビ2

アビです。
正面から首だけだとこんな姿になるんですね^^;
漁港の外だといつもかなり遠かったのですが、浜から近いところで泳いでいました。

やがて海岸沿いから離れて原野を走っていると、何かがカラスに絡まれています。
080415ノスリ&カラス

ノスリです。
この後ノスリがもう1羽絡んできて、何が何だか分からない状態に・・・・・。。

その後、昼頃にようやく十勝川へ到着。
さて、目的のガン達を探します。
それにしても、もう4月も中旬にさしかかっているというのに、かなり多くのマガンとヒシクイ。
やはり道東の大雪が影響しているのでしょうか??
そして、探し回ること約30分。ようやくハクガンを見つけました。
080415ハクガン1

写真には写っていませんが、先月同様、24羽いました。
この後、群れの半分だけが遠くへ飛び立っていきました。
080415ハクガン2


さてさて、ハクガンを見たら後の課題はカリガネ&シジュウカラガン。
カリガネはマガンの群れに混じっているだろうと思い、探しますが・・・・マガンの数が多すぎて
全然みつかりません; 
近づくと警戒してしまうので、遠くからスコープで見ているだけでは分かりづらいのも難点・・・
まだまだ、私には経験不足のようです。
畑のマガンからカリガネを探すのを諦め、飛んでいるマガンを撮影していました^^;
080415マガン

昼間ですが、間近を数多くのマガンが通過していきます。

その後、再びカリガネを探すために沼の中のガンの群れを眺めていると、10羽前後の
ガンの群れが沼に降りました。
080415シジュウカラガン1

・・・・・顔が白い????
シジュウカラガンです!
てっきり、他のガンの群れに1羽か2羽程度混じっているのだと思っていたので、まさか
シジュウカラガンだけで10羽前後の群れが入っているとは思っていませんでした。
非常に遠いので、かなりトリミングしている&陽炎でぼけてますが・・・・。
しばらくすると、沼から飛び立ち、移動します。
080415シジュウカラガン2

そして、降りたのは近くの畑。
それでも写真には遠いですが、双眼鏡で観察するには十分な場所まで来てくれました。
080415シジュウカラガン3

うーん、満足^^
シジュウカラガンは初見です。思い切って来た甲斐がありました。

その後、近くの用水のような細い川を見ていると、ミコアイサ♂♀。
080415ミコアイサ

ミコアイサ♂も近くで見れると嬉しいですね^^
写真にはもう少し・・・・という距離でしたが。

そして、カワウ。
080415カワウ

カワウは北海道で見たのは初めてな気がします。繁殖してるんでしょうか??
本州ではもういい、ってくらい見たんですが^^;

そして、帰り際の道沿いでは、タンチョウも見れました。
最後は、いつも通り近所の海岸で夕陽をみてまったり・・・・・
080415夕陽


十勝川河口、、無理しても行って良かったです♪
問題は、土曜の海岸調査のデータをとりまとめていないこと・・・・・
調査って、やってるときはいいんですが、帰ってからの内業がどうも苦手です--;
明日にでもまとめてやらないと。

| 野鳥 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海岸調査。

昨日は、kimさんから宣伝のあった海岸調査に出掛けてきました。
朝から海へと向かいます。
地元の静内からスタートし、布辻川河口→三石川河口→元浦川河口→百人浜まで行って参りました。
歩いてみたものの、油の漂着や打ち上げられた鳥等は何も見られず、一安心。
結果、ただの海鳥観察になってしまいました^^;
霧のせいでかなり視界は悪かったのですが・・・・
今まで足を止めたことがなかった布辻川河口ではミミカイツブリの夏羽、三石川河口ではハジロカイツブリ夏羽を確認。
両種とも、夏羽を見るのは初めてでした。

途中で、調査とは関係なく立ち寄った様似漁港ではウミガラス、ビロードキンクロを確認。
ウミガラスは霧の中ですが、近いところで見られました。
080413ウミガラス

羽繕いしてみたり・・・
080413ウミガラス2

ペンギンの真似してみたり・・・
080413ウミガラス3

首を引っ込めてみたり・・・
080413ウミガラス4

スズガモの群れに混じってみたり・・・
080413ウミガラス5

と、サービス精神旺盛でした^^

そして、ビロードキンクロはというと・・・・
3月中旬に見た時と全く同じ場所。
080413ビロードキンクロ

よく見ると、左の羽に怪我をしているように見えます。
無事に渡りをすることができるんでしょうか。
ちょっと心配です。

その後は、温泉に入り、のんびり夕飯を食べました^^;
そして帰ろうと思ったのですが・・・・車のガソリンが残り僅か。
ガソリンを入れようと思うのですが、時間が遅いのか、スタンドがみんな開いてません;
と、途方に暮れていると知り合いから1通のメールが。
「数日前に浦幌でハクガン、シジュウカラガン、カリガネがいたらしぃ。。」
・・・・・・・・・んーーーー。
迷った挙げ句、日曜はこのままぶっ通しで浦幌行き決定^^;

| 野鳥 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事中。

今日の仕事中のこと。
山へ現場を見に行った時にふと耳に入ってきたのは、
「キョーーン」と、林に響く独特の大きな声。
・・・・・・先日紹介したキツネではありませんw
クマゲラです。
昨年は1度しか見れなかったので、今年はもっと!と思っていたのですが、
まさかこんなに早い時期に出会えるとは。
付近を(もちろん仕事で)歩いていると、斜面の上の方を「リュリュリュリュ・・・」と
鳴きながら飛び、遠くの木にとまるのが見れました。。
何だか、思わぬところで出会えると嬉しいですね♪

そして、現場から帰ろうと歩き始めると、また別の方向から声が・・・・・
少なくとも2羽いるようです。
付近で繁殖するのでしょうか??

さすがに仕事中につき、写真はないです;
あぁ、仕事にカメラを持って行きたい・・・^^;

| ご近所情報 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

罠。

昨日は近所を散策していました。
ちょっと山の方へ入り、車を運転していると道の脇にはたくさんのフクジュソウ。
080406フクジュソウ

そして、かなり開いたフキノトウ。
080406フキノトウ

久々に花を見ると、無性にマクロレンズを使いたくなってしまいます^^;

さらに車を進めていくと、エゾシカが2頭。
080406エゾシカ

最近、エゾシカもよく見るようになった気がします。

次はキタキツネ。
080406キタキツネ1

水辺で枝の上を歩いていました。
そして、そのまま車道上に歩いてくると、どかっと座り込んで・・・・
080406キタキツネ2
鳴き始めます^^;
キツネはよく見るのですが、鳴き声は始めて聞きました。
一般的に「コーン」と鳴くといいますが、私には「キョーーン!!」と叫んでるようにしか思えません。。
しかも、連呼してました・・・・・想像外の大声で。
優しく「コーン」というのは神話なのでしょうか^^;
それとも、目の前の人によって鳴き分けたりするんでしょうか・・・・
もしかすると、私なんかは威嚇されてたのでしょうか;

天気予報は晴だったのですが、山では雨が降ってきたので、町に戻って川辺を散策することに。
すると、枝の先端になにやら小鳥がいるのですが、よく見ると
080406ホオジロ
ホオジロです。
北海道では夏鳥??でしたっけ???
本州だと留鳥なので、変な感じがします。
これから5月にかけて、夏鳥もどんどん増えるんでしょうね。

そして、海岸へ出てまったりとしていると
080406夕陽
山での雨がウソのような綺麗な夕陽。
うーん、夕陽はいつ見ても見飽きません。
見る度に写真を撮ってる気がします。。

家に帰って、PCで写真を見て気付いたこと。
「何だかやたらノイズ多い・・・・・・」
カメラの設定を見て焦ったこと。
「何故ISOが1250に;」
一体、誰がいつそんな罠を;

とまぁ、先週はなんだか近所でまったりな週末でした。
来週末は・・・・・どうしましょう^^;
何か情報があったらお待ちしてます♪

| ご近所情報 | 20:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初演習林。

昨日、4/5(土)。
静内→鵡川→勇払→苫小牧と、ぶらぶらしてきました。
鵡川はもう冬鳥が抜けてしまい、ヒバリの乱舞・・・・
海を眺めると、オオハム、ビロードキンクロ等。
勇払の海岸では、アビ×8、アカエリカイツブリ等。

そして今回、以前から行こうと思いながら一度も行ったことがなかった北大苫小牧演習林へ
行ってきました。
するとそこには警戒心のないカラ類が多数・・・・。
ハシブトガラ。
080405ハシブトガラ

シジュウカラ。
080405シジュウカラ

ヒガラ。
080405ヒガラ

ヤマガラ。
080405ヤマガラ

ゴジュウカラ。
080405ゴジュウカラ

キクイタダキ。
080405キクイタダキ

キクイタダキだけはそこそこ警戒心があるようで、なかなか近くまで来てくれませんでした・・・
あとは、エナガとコゲラでカラ類の混群をほぼコンプリートか・・・・と思っていたのですが、
両種とも声は聞こえど姿を見せてくれません;

その他には、オオアカゲラ、ミソサザイ等。
また、池にはミズバショウの花が咲いていました。
080405ミズバショウ
春ですねぇ。

暖かな林内を歩いていると、とても気持ちが良かったです。
また夏鳥の時期にでも来ようかな。

| 野鳥 | 19:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征(3/8~11)後編。

3/9。
8時に起床し、走古丹で海鳥を観察。
快晴。無風。流氷で波は0。絶好の鳥見日和でした。
しかし、見られる鳥に替わった種類は混じらず、
コオリガモ、スズガモ、クロガモ、ビロードキンクロ、ケイマフリ、ウミガラス・・・・・
ですが、コオリガモの鳴き声に癒されました。
CDなんかでは聞いたことがあったのですが、本当に愛らしい声。
姿も含め、好きな鳥になりました^^
080403コオリガモ
(写真は花咲港です)

次に向かったのは野付半島。
ワタリガラスやハマヒバリが見られるとの情報で期待をもって探していると・・・・
ワタリガラスがアザラシの死体をつついてました。
嘴が大きい。頭が潰れてる。。飛び方が若干ヘン・・・・・
鳴き声は聞けませんでしたが、すぐにわかります。
この鳥も初見でした^^

さて、次はハマヒバリを探すのですが、どこにもいません。
前日までは確認されていたのですが・・・・・どこに行ったのでしょうか。。
見つからないので、灯台周辺を歩いていると、ベニヒワの群れに遭遇。
見ていると、中にひときわ白っぽい個体・・・・・・コベニヒワ?!
人工物の影に入ったり、草むらに入ったりと、なかなかじっくりと姿は見せてもらえないのですが、
それでも身体全体が白く、胸の縦斑もなく、腰も白い。
しかし、下尾筒までは確認できませんでした;
コベニヒワだと思うのですが。
この日の鳥見はこれにて終了。
そして、宿でゆっくり写真を確認・・・・・と思ったのですが。
カードがない?????????????
そう、カメラにCFが入っていなかったのです。
痛恨のミスです。泣きそうでした;
ということで、この日は写真0・・・・。


3/10。
この日も野付でハマヒバリを狙います。
・・・・・が、全く気配がありません。
そして、前日は何羽もいて、近くに寄ってくれたワタリガラスも2羽だけ。
しかも、遠くにいてすぐに飛んでいってしまいました;
何だか運が遠のいている気がしてなりません。。

気を取りなおし、その後は納沙布へ。
すると、前々日よりも流氷の状況が悪く、海水面の面積は狭くなっていました。
それでも、じっくり待って見ているとウミガラス、ハシブトウミガラス、ケイマフリ等々、
そこまで遠くない距離(とは言っても写真には遠い)で見ることができました。
そして夕暮れ時には、ねぐらが流氷で囲まれてしまい、海の上を漂うヒメウ達の中に、この日も
チシマウガラスが1羽混じっていました。
3日で2回見れるとは、運が良かったです。
この日はこれで終了し、釧路で1泊。

3/11。
最終日。
まずは釧路港を端から端まで攻めていきます。
オオハム、ウミガラス、ハシブトウミガラス、ウミスズメ。
なんだか、この旅の中で一番充実した海鳥観察ができた気がします^^;
ウミスズメは、こんな近くも泳いでくれました。
080403ウミスズメ

そして、次に向かう先は十勝川河口。
行く途中で、隣の友人が国道沿いで急ブレーキ。
猛禽が飛んでいるということで見てみると、何とそこには・・・・
080403イヌワシ1
・・・・・??
080403イヌワシ2
私は猛禽の分類に弱く、この距離、逆光という条件では完全にお手上げでしたが、友人の話ではイヌワシとのこと。
イヌワシは北海道での生息数がほんのわずかのはず。
しかも、私は石川でも見たことがなく初見。
嬉しい誤算です。

また、浦幌の森林公園の駐車場ではキレンジャクの群れに遭遇。
080403キレンジャク


そして、十勝川河口に到着。
ヒシクイやオオハクチョウがかなり戻ってきているようで、なにかかわったガンでも混じらないかな・・・と
期待しながら探していると、ハクチョウよりやや小さな白い鳥。
080403 ハクガン
ハクガンです。
24羽の群れでした。
秋に25羽の群れが入っていたとの話なので、同じ群れと思われます。
1羽は何かのアクシデントに遭ったのでしょうか・・・・
あと、タンチョウもいました。

その後、周辺をぷらぷらしていると日没時間。
長い遠征も終了です。
見れた鳥は、4日間でちょうど70種。
アクシデントもありましたが、とても楽しかったです!!
また来年も企画しようか・・・・と思うほどでした^^;

今週末はどこに行こうかなー

| 野鳥 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道東遠征(3/8~11)前偏。

もう過去の話ですが・・・・・
3月8~11日、道東へ行ってきました。
今日はその時の記録をば。

3/8 午前6:30、@釧路港。
080402アビ
アビです。
これほど近くで見たのは、何年ぶりでしょうか・・・・・
釧路港内では、他にウミガラス、チョウゲンボウ、ウミスズメ等も見れました。

次に向かったのは霧多布。
プロミナで必死に海を見るものの、、、、、鳥が遠いぃぃ。
それでも何とか、友人がハシブトウミガラス、ケイマフリ等々を発見。
ブトウミは初見だったのですが、何だか実感がわかないほど遠かったです^^;
そんな時、上空をハヤブサが飛びました。。
080402ハヤブサ
警戒心が薄いのか、真上をゆっくり飛んでくれました。
飛びモノの写真を撮るのが苦手な私でもじっくり撮らせてくれました^^
そのほかに、岬周辺では、ハギマシコ、ケアシノスリ等を確認。

この後、根室半島の漁港を見ながら納沙布岬へ。
落石や花咲といった漁港にはウミスズメ類が少なく、ウミガラスが1羽、ケイマフリが数羽。
さらに、期待していた納沙布は流氷で覆われ、海水面が見える範囲が狭い狭い。
これでは、海鳥も期待できないわけです・・・・・
それでも同行していた友人の目のおかげで、遠くの岩礁にとまっているチシマウガラスを
見ることができました!
もちろん初見です。

にしても、どうやってあんなのを見つけることが・・・・・
私には到底見つけられません;
この写真のヒメウの群れの中に、1羽だけ混じっています。
ポイントは白っぽい嘴。
080402チシマウガラス
解像度落としてあるので、この写真だと厳しいかもしれません^^;
この日の鳥見はこれで終了。

| 野鳥 | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。