「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大雪縦走⑥ -夏の花々と動物-

今日で大雪の花々も最終回。

どちらかというと地味な子達ですが・・^^;

100906ヒメイワタデ

ヒメイワタデ。

登山道沿いどころか、登山道上にも生えていました。。

地味で気付かないのか、たまに踏まれてもいましたが(汗


ミヤマタネツケバナ。

100906ミヤマタネツケバナ

アブラナ科らしい、真っ白な花を綺麗に咲かせた株でした。

この子もあまり目立たず、岩陰にひっそりと居ることが多いですね^^;


時期が遅く、綺麗な花があまり見られなかったメアカンキンバイですが

100906メアカンキンバイ

比較的綺麗な株も、霧雨でこのとおり・・・(汗


50音順で紹介すると、礼文以外だとこの花が最後になることが多い様で・・・

100906リンネソウ

リンネソウ。

ニペソツに引き続き、大雪でも美しく群生した姿を見ることができました。




今日は見られた動物も少しだけ。

100906子ギツネ

この写真じゃ、何かさっぱりですね(笑

木陰でお昼寝中の子ギツネだったのですが^^;



400mmでトリミングしてようやくこの距離ですが・・・

100906ヒグマ

ヒグマです。

最後の登山で、山の神に出会うことが出来て幸運でした。

目の前で遭遇はしたくないですが(汗

ナキウサギも友人は姿を目撃したらしく・・・(私は声のみ)

エゾシマリスも登場。

大雪の多くの動物たちにも出会えた登山でした!



北海道生活での最後の登山となった、今回の大雪縦走。

ニペソツ同様、忘れられない山行になりそうです。
スポンサーサイト

| 植物 | 11:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪縦走⑤ -チシマツガザクラ-

今日はチシマツガザクラのみ。


これほど群生しているのかと言うほどたくさん咲いていたチシマツガザクラ。

赤岳登山で見たときから、すっかり好きになった花の1つです。

100905チシマツガザクラ1

得意の1輪だけの株・・・(笑

チシマツガザクラは元々小さいので、小さな株を選ぶ必要はありません(汗


今回は景色も絡めて!

100905チシマツガザクラ2


北鎮山頂から、黒岳方面。

100905チシマツガザクラ3


1枚目と同じようですが、1輪だけではありません。。

大きな水滴もまた綺麗です。

100905チシマツガザクラ4


高山で上を向いて力強く咲く、小さくて愛らしい姿に癒されました~♪

| 植物 | 23:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪縦走④ -夏の花々2-

やや4日間不在にしておりましたが、無事に戻りました。
久しぶりに旅行してきました^^;

そろそろ北海道編を終わらせないとですね。
こちらでのネタも、徐々にではありますが貯まりつつあります。

さて、今日も50音順に。


御鉢平に咲くエゾノツガザクラ。

100905エゾノツガザクラ

ちょうどガスが晴れてきたところで見つけた株。
この日はこれまで撮っていなかったのですが・・・
風景が変わると撮ってしまいます^^;


エゾミヤマリンドウも、ガスがかかっている間はずっと蕾んでいたのですが・・・

100905エゾミヤマリンドウ

晴れるとみんな花を開いてくれました!


逆にこちらは、風景を撮れないからとガスの中で撮っていたクモマユキノシタ。

100905クモマユキノシタ1

この花はしっとりしていた方が良い気もします^^;


同じユキノシタ科でも、花弁の丸っこいチシマクモマグサ。

100905チシマクモマグサ2

これまで、あまりじっくり見たことが無かったのですが・・・

美しさよりも、地味に可愛らしさをアピールするタイプのようです(笑


この写真もやはり、ガスが晴れてきたときに^^;

100905チシマクモマグサ3


晴れて景色が良くなると、写真を撮る枚数も自然と増えてきます。

そして、歩く速度も圧倒的に遅く・・・(汗

| 植物 | 18:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪縦走③ -夏の花々1-

今日からは、縦走で見られた花達を。

9月になっても、未だ7月3週目で時間が止まっているのもどうかと思うのですが・・・(泣

今回も50音順でぺたぺた貼ります!


トップバッターはアオノツガザクラ。

100902アオノツガザクラ

コエゾツガザクラと混生していました。

ピンク色が良いアクセントになりますね♪


あんまり大雪で見た記憶の無かった、ウスユキトウヒレン。

100902ウスユキトウヒレン

この縦走路では、あちこちで見られました。


中にはこんな変な株も・・・

100902ウスユキトウヒレン2

なんだかもっさりしています(汗

1株に花がいくつも咲いています。


今回はもう時期が遅かったので期待していなかったのですが・・・

100902エゾタカネスミレ1

エゾタカネスミレも、雪渓の後に咲いていました。


しっとりとした黄色い花が美しいです。

100902エゾタカネスミレ2

この花も、見かける度に撮る花です・・・^^;

1箇所だけでしたが、咲いている姿を見られて良かった~♪




| 植物 | 21:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪縦走① -霧の中-

7/25(日)。

早朝にハゴロモホトトギスを見た後は、前日の無念を晴らすべく、旭岳ロープウェーへ。

天候が心配なこと、活動し続けていて疲労がたまってきていたので、無理はせずに・・・

姿見平~裾合平~黒岳の縦走コースを歩むことに決定!


しかし、ロープウェーで上がってみると・・・

濃霧、霧雨。

降水確率0% 曇りのち晴れ なんて言ったのは誰なのでしょうか・・・(泣

「大雨でないだけマシかぁ」と考えて、歩きます^^;

たまにガスが少し晴れる合間を見計らって、写真を撮り撮り・・・


裾合平のエゾコザクラの群落。

100831エゾコザクラ


霧雨に濡れた、ジムカデにキバナシャクナゲ。

100831ジムカデ

100831キバナシャクナゲ


タカネトウウチソウも霧雨でご覧の状態・・・

100831タカネトウウチソウ

ふんわりしたこの花を見たい・・・(泣


霧雨どころか、チシマクモマグサの写真には普通の雨も写り込んでますね(汗

100831チシマクモマグサ1

そして暗い暗い。

降水確率、0%だったはずなのですが・・・。。


晴れていたら、こんな光景ももっと綺麗だったろうに。。

100831コエゾツガザクラ


いやいや、今日の予報は「曇りのち晴れ」

そう、午後から晴れる予報。

そう信じて歩き続けます。

| 植物 | 23:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

羽衣杜鵑

7/24-25の週末、私は天気に振り回されていました。
北海道で自由に使える最後の週末。
どこに行くかも迷っていたのですが。

金曜日の予報では、土曜の午前が晴れ、午後には雨。
日曜は終日降水確率が70%以上。

もう山は苦しいかな・・・と思いつつも、土曜に半日で登れそうな山を探しました。
ニセイカウシュッペ山。

しかし。
土曜日の朝、5時に上川町に集合だったのですが、着いてみると・・・大雨。
天気予報に見事に裏切られました。
どこか活動できる場所はないかと、上川近辺をいくつか考えたのですが、雨は止む気配が無く。

この日の活動を断念せざるを得ない状況に追い込まれました。
ですが、土曜になって天気予報を見てみると・・・

日曜の降水確率が10%?!
自分の目を疑いましたが、何度見ても10%だとか0%と言う文字。
土曜日は一日ドライブをし、日曜に備えることになりました。

宿泊場所は、天人峡。
日曜日の早朝、起きると雨は降っていません。


とりあえず、前日にkuraさんが見たと言っていたハゴロモホトトギスを見たくて・・・
見に行ってきました^^;

私の目には見つからなかったのですが。。
友人があっさりと見つけてくれました。

100830ハゴロモホトトギス1

いかにもホトトギスらしい花模様。


立ち姿はこんな感じ。

100830ハゴロモホトトギス2

本州のタマガワホトトギスの変種扱いになるのでしょうか。


上からも撮ってみました^^;

100830ハゴロモホトトギス3

しかし独特な花です・・・


北海道にはあまりホトトギスの花が無いのに、どうしてこの種はここにだけ分布するのか。

100830ハゴロモホトトギス4

とても興味深い種です。

これまた見れたのはkuraさんのおかげ・・・(汗

いつもいつも、ありがとうございます(泣


そういえば、先日の豪雨で天人峡への道路が分断されてしまったようで。

紅葉シーズンまでに復旧は間に合うのでしょうか。

| 植物 | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニペソツ山の花々④

ニペソツの花シリーズもようやく今日で最後。

タ行の途中からですが・・・・
ほとんど種数がありません^^;


実はこの花も今回が初めてでした。

100825チシマギキョウ

チシマギキョウです。
これまで、イワギキョウを見ては花弁の毛があるかどうかを確認する日々でしたが・・・
実際に見てみると、全然雰囲気が違いますね@@;
間違えることはなさそうです。


谷底一面に群生していた、チシマノキンバイソウ。

100825チシマノキンバイソウ

キンバイソウの群生、いつ見ても綺麗で良いですね!
しかし・・・この谷は落ちるとどう見ても帰って来れそうにありません。。


お次は東大雪山系固有種、トカチオウギ。

100825トカチオウギ1

今回目的の花の1種です。
艶やかなクリーム色の花を咲かせていました。
雰囲気はリシリオウギに似てますね・・・


こちらも、分布が局所でなかなか見られない花。

100825フタマタタンポポ

フタマタタンポポ。
北海道固有種です。
「タンポポ」と付きますが、タンポポ属の花ではありません。。
「フタマタタンポポ属」の花です(笑


最後は愛らしく・・・

100825リンネソウ

リンネソウ^^;
稜線上の低木林での樹林下で可愛らしい花を咲かせていました。



さて、ようやくニペソツ山の花たちの紹介も終了。
私がこれまでに登った山々の中で、間違いなく1・2を争う名山だと言えます。
登りごたえ良し、眺望良し、花良しの3拍子が揃った素晴らしい山でした。


最後に、始めに紹介した花畑の写真にどれだけの花が写り込んでいるかを検証^^;
遠く、もやっとしたものも多数ありますが(笑

100821花畑2

・イブキジャコウソウ
・エゾタカネツメクサ
・エゾタカネナデシコ
・エゾルリソウ
・カラフトゲンゲ
・シコタンソウ
・タカネシオガマ
・チシマギキョウ
・チシマキンレイカ
・チシマノキンバイソウ
・トカチゲンゲ
・ミヤマアズマギク
・フタマタタンポポ
などなど。
セリ科の何かとか、キク科の何かとか、他にも写っていますが、同定不能です・・・(汗


繰り返しになりますが・・・本当に良い山でした。
東京への異動を聞かされたときは半分諦めていたのですが・・・
何とか天候にも恵まれ、登ることが出来て幸運でした。


しかし、実は今回の大本命だった花が見られていないんです・・・

「トカチビランジ」

時期はバッチリだったハズなのですが・・・探し方が足りなかったようで。

この山もいつか、またこの時期に登りに来ます!


宿題を残すと、また来る楽しみが増えて良いのかも知れません(笑

| 植物 | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニペソツ山の花々③

ニペソツの花も今日で3日目。
明日くらいには、ようやく報告を終えられそうです^^;

今日の1番手は・・・

100824シコタンソウ1

シコタンソウです!
利尻で見て、ここでも見られるとは期待していませんでしたが・・・
たくさん咲いていました!
しかも、まだ良い時期のようで、花が生き生きとしています。

100824シコタンソウ2

中には、株で咲かないこんな子も^^;
1花だけでも、その美しさに変わりはありません。。

昨日のクモマユキノシタ同様、この花もユキノシタ科の中でトップクラス・・・(汗


さらには・・・タカネシオガマまで見られました。

100824タカネシオガマ

昨年の平山で、その群生を見て感動したこの花。
もう見られないと思っていただけに、ここで見られたときは嬉しかったです

100824タカネシオガマ2

上からも・・・^^;
幾何学的な面白い形です。。


今日の最後はシコタンソウ、タカネシオガマ、エゾタカネツメクサの3種で・・・

1008243種

思いがけないところでの出会いもまた、嬉しいですね!

| 植物 | 22:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニペソツ山の花々②

昨日はエゾウスユキソウまでだったので、今日はエゾタカネツメクサから。

100823エゾタカネツメクサ

ふんわりと、あちこちで白い花を咲かせていました。


こちらは初めて見る花。

100823エゾルリソウ1

エゾルリソウです。

局所的に分布しているのか、あまり見かけることがありません。
しかし・・・この山には多かったです。。

100823エゾルリソウ2

近くで見ると、微妙にグラデーションになっているんですね。
ぶら下がるように咲いた花が可愛いです。


礼文島で見納めかな・・・なんて思っていたカラフトゲンゲも多数^^;

100823カラフトゲンゲ

またこの花に出会えるとは思いませんでした。
しかし綺麗な紫色です。


今日の最後は・・・クモマユキノシタ。

100823クモマユキノシタ

登山道上で、踏まれそうになりながらも力強く咲いていました。
しかし、何度見ても・・・綺麗です。
その魅力的な花は、ユキノシタ科の中でもトップクラスではないでしょうか?!
綺麗な株を見つけると、撮らずにはいられない花です。

| 植物 | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニペソツ山の花々①

ニペソツでは、本当に色々な花たちと出会うことが出来ました。
以前から、図鑑を眺めては一度は必ず登りたいと思っていた山。

登りは4時間半かからずに登れたのですが・・・
花を見て撮っていたおかげで、山頂滞在時間+下山時間が5時間(汗
登山口で待っていてくれたkuraさん、ごめんなさい・・・m(__)m

ということで、見られた花たち。
少し多めなので、今回も50音順で数種ずつ行きます。


トップバッターは・・・

100822イソツツジ

イソツツジ。
急いでいたので、この花を撮るつもりはあまりなかったのですが・・・
あんまり綺麗に咲いていたのでつい^^;


エゾイワツメクサも、山頂の手前で多く見られました。

100822エゾイワツメクサ

ガスっている感じがよく分かります^^;


そしてお次は・・・

100822エゾウスユキソウ

エゾウスユキソウです!

今回、この花を見つけられるとは思っていなかったのですが・・・

100822エゾウスユキソウ2

非常に美しい花を咲かせていました。

礼文のエゾウスユキソウと比べると、背が高く、どこか凛とした雰囲気があります。

100822エゾウスユキソウ3

本当に綺麗な株でした。

しかし、花が多くて既に他の花が入り込んできてますね・・・(汗

紹介しきれない花たちもありますが、お許し下さい。。


平日の帰宅が深夜なため、今週もタイマー投稿頼みの更新です。

| 植物 | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。