「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北海道最終日 -空。-

いつもの浜で、ショウドウツバメやシギチを見ている時・・・


空には一筋の雲。

100913そら


山の方を見れば・・・

100913そら2


ぼーっと、これまでのことを思い返しながら、空を眺めていました。


北海道で過ごした3年4ヶ月、本当に短い時間だったように思えます。

それでも、毎週末の活動がしっかりと思い出せるほど濃密で印象深く、楽しい時間でした。

北海道に来られて、本当に良かった。


≫ Read More

スポンサーサイト

| 風景 | 21:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大雪縦走② -天候急変-

※今日から週末まで、不在になります・・・
  引き続きタイマー投稿です^^;


霧雨の降る中、ひたすら歩いて・・・

ちょうど、正午頃でした。

辺りが急に明るく・・・?!

100901ガス明け

それまで真っ白で何も見えていなかった場所に現れたのは、御鉢平と黒岳、烏帽子岳。


午後から晴れるって予報は本当だったんだ・・・と、急にテンションも上がります^^;

ついさっきまで、

「景色見えないんじゃ登ってもしょうがないねぇ・・・」

と言ってた北鎮岳も、こうなれば登らざるを得ません。。

100901北鎮からカムイミンタラ

北鎮山頂からの眺望。

御鉢平も一望できます。


こちらは、黒岳石室の手前から・・・烏帽子岳。

100901烏帽子と花畑2

チングルマやエゾノツガザクラなどが咲き乱れています。

やっぱり青空がいいですね!


黒岳山頂から、層雲峡・北大雪方面。

100901黒岳から層雲峡

北大雪の山頂にはしっかり雲が被っているようで。

この日、ニセイに行かなくてよかった・・・


山の上で天候が好転することってなかなかありません。

昨年の赤岳~白雲岳の縦走を思い出しました。

やはり、天候が良いことは山を歩くためは重要ですね><


なんだか天気の話ばっかりだったので・・・

花はまた次回以降に^^;

| 風景 | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニペソツ登山記

サロベツ原野を回った日は、糠平温泉へ。
翌日の天候が、なんとか1日もつように祈りつつ・・・
道東帰りのkuraさんと合流し、就寝。

翌朝、2度ほど忘れ物をして、30分ほど出発が遅れます。
登山開始は5時30分頃だったでしょうか。
眠い目をこすりながら、憧れのニペソツ山の頂を目指します。

しかし、登山開始から間もなく、kuraさんに異変が。
急登というわけでもないのですが、とても辛そうにしているkuraさん・・・
3人いたので、残り2人で荷物を(ほんの少し)軽くしたりしたのですが、それでも体調は戻らず。
どうやら、さすがに道東帰りで疲労が激しかったようです。
登山開始から小一時間経った頃、kuraさんは下山を決意しました。

しかし、私はこの機を逃すと、次の機会が分からない憧れの山。
そんな時、kuraさんは優しく・・・
「ゆっくり降りて下で待ってるので、山頂に行ってきて下さい!」
と送り出してくれました;;
(もちろん、本来ならば3人で下山すべきところです・・・)

kuraさんの分も、必ず山頂を!と意気込み、出来る限りのペースで登ります。

途中、ナキウサギやシマリスも顔を出し・・・
(望遠レンズを持っていませんでしたが;)


登山開始から約3時間。。
そろそろ山頂が見える頃かな・・・と思っていた時でした。

100821前天狗から
(HDRi 1RAW)

この光景に絶句しました。
既に3時間登った時に、正面にそびえる崖のような山。。
その威厳ある姿に感動しつつも、本当に辿り着けるのかという不安が襲います(汗

しかし、kuraさんの分も登らなければ。。
この前天狗岳の山頂は軽食を摂るだけにし、すぐに歩き始めることに。。

登山道沿いに咲く花々を横目に、とにかく山頂へ。
これほどストイックに登ったのはいつ以来かと思うほど、登り続けました。
(息切れしている私と違い、同行したN氏は全く疲れていない様子でしたが。。)

前天狗から歩み続けること約1時間半。
予想より早く、9時50分、山頂に到着です。

そこで待っていたのは

花畑3

色とりどりのお花畑!


想像以上に美しい光景に・・・・

花畑2

ただただ感動しました。。
kuraさんを引きずってでも連れてくれば良かったと、激しく後悔・・・・(汗

花畑1

しかし、kuraさんの言葉無しに、この山頂へ辿り着くことはありませんでした。
ワガママな私を送り出してくれて・・・
本当にありがとうございました!


個々の花たちは、明日以降にでも^^;

| 風景 | 20:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

積丹の・・・

積丹では、久々にのんびりとした時間を過ごしました。


海に・・・

100711積丹の海


100711積丹の海2


空に・・・

100711積丹の空


エゾハルゼミ。

100711エゾハルゼミ

林の中は、尋常じゃない数のブヨに苦労しましたが・・・(汗
積丹半島、天気のいい日に行くに限りますね!

風が弱ければ、神威岬にも行きたかったのですが;

| 風景 | 22:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウトナイの朝

ピークは過ぎたものの、まだいるかな・・・と思って、4/4の早朝に向かったのはウトナイ湖。

1日まではまだ4万羽いたらしいのですが、この日はざっと数えても1万羽以下なことは確実。
・・・・読みは甘く、ちょうど渡ってしまった後でした^^;

それでも、しばらくぼーっと見ていました。
100414コブハクチョウ
コブハクチョウ。

朝焼けに染まっていく湖面。
100414朝焼け

マガンの数は少なかったですが・・・
朝は早く起きるといいことありますね♪

最近、気が付くとパソコンの前で寝ていることが多く;
更新が滞ります・・・・・

| 風景 | 23:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

荒天の道東

既に道東から帰ってから1週間が経とうとしていますが・・・
未だに鳥の写真に手を付けられません。。

ということで、ひどい天候だと道東がどんな感じなのかをお伝えします^^;

納沙布岬は・・・
100328荒波の納沙布
荒波。
スコープを覗いて海鳥を探している場合じゃありません。。

走古丹は・・・
100328暗雲の走古丹
なんだか押しつぶされそうな暗雲。。
この直後、一帯は吹雪に飲み込まれました。
この10分くらい前までは快晴だったのですが。

それでも意外と・・・
100328日没の雪原

夕陽はとっても綺麗でした!
100328沈む太陽


早く鳥たちの写真を整理しないと・・・
少しずつでもアップしていこうと思います。

| 風景 | 18:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2月の道東⑧-知床の風景-

更新が滞っておりました・・・
週末、東京へ異動した職場の友人が北海道へ遊びに来るということで、富良野まで出向き・・・
帰ってきてからは、月曜~今日まで風邪でダウン--;
丸2日間布団の中だったせいか、体のあちこちが妙に痛いです。。

さて、2月の道東報告もそろそろ終わらせないと・・・
2/14、流氷クルーズ~ウトロ側の海岸の風景です。

100303国後島
流氷に浮かぶ国後島。
天気が良いときにクルーズに乗ると、かなりハッキリとその姿を見ることができます。

100303知床連山1
海上から・・・知床連山。
やっぱり、山は青空の日に撮るに限ります!
右側の海水面に見える変な模様は一応、流氷・・・

100303流氷1
こちらは薄~い流氷と一緒に・・・

100303氷上のカメ
流氷を進むカメ。
何度見ても、よくできた岩です。。

100303流氷2
オレンジにも、薄いピンクにも水色にも見える流氷と海水面。
不思議な色合いです・・・

100303流氷3
夕暮れのオホーツクの海岸線。
写真ではうまく表せらせませんが、流氷の隙間でキラキラ光る水面がとても綺麗でした!

100303斜里岳
最後に・・・斜里岳。
キタキツネでもいればなぁ・・・なんて思いながら^^;

と、これにて2週間引っ張った道東の報告もようやく終了!
ここしばらくは、ウトロ側も羅臼側も流氷が陸から離れてしまっているようで・・・
そう思うと、ちょうど接岸している時期に行けたのは運が良かったです。

| 風景 | 20:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中尊寺

岩手で行った場所。

中尊寺。
猊鼻渓に行った後、のんびり餅料理を食べていたら・・・気付けば3時を過ぎていて(汗
慌てて中尊寺へ向かいました。

有料駐車場だったのですが、管理人の方が時間があまりないことを気遣ってくれたのか
「お金はいいから、早く見にいかないと時間が・・・」
なんというありがたいお言葉;

感謝しつつ、早足で坂道を登り、とりあえず金色堂を拝みました。
・・・とても綺麗な建物の中に取り込まれた様な姿をみて、ちょっと興ざめ^^;
金ぴかで綺麗なんですけどね。


私は金色堂よりも、その回りの雰囲気がすっかり気に入ってしまい・・・
中尊寺
なんでもない場所で、なんでもない写真を撮っていました^^;
お寺のこういう雰囲気、好きです。

門をフレームに見立てて・・・
中尊寺2

ちなみに、敷地内には大木がたくさん。
特にスギの木は・・・
中尊寺3
右の木の根元に友人がいるのですが・・・
少なく見ても、樹高30mはありそうです。
そして上端はフレームアウト^^;
これ以上は後ろにさがれなかったのでお許しを;

お寺や神社の様な場所以外で、このような大木が生えている場所、日本ではもうほとんど無いのでしょうか・・・

| 風景 | 22:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猊鼻渓

岩手県で行った場所・・・

猊鼻渓。
船でゆらゆら行き着いた先は・・・

100204猊鼻渓3
こんな場所です。

100204猊鼻渓
目の前に迫る絶壁の迫力、写真では伝えきれません。。

100204猊鼻渓2
この壁だけで、高さ100mあるとか。

・・・岩手ですが、ついつい層雲峡のことを思い出したのは内緒です^^;

ちなみに、船は
100204猊鼻渓4
こんな船。
中にこたつが完備されている、素晴らしい船です。
景色を見るには、ビニールが邪魔ですが・・・無いと寒くて大変^^;

ちなみに、この船にはエンジンがありません。
長~~い棒で川底を突き、それだけで船を操っていました。

静寂のなか、聞こえるのは一本の棒が水を割く音だけ。
そして、谷に響き渡るは、船頭さん(?)の歌う民謡。


・・・ゆるりとした時間を過ごせました♪

ちなみに、秋は紅葉が素晴らしく美しいとのこと。
また訪れたい場所になってしまいました^^;

| 風景 | 23:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

橋の上。

ちょっと更新が滞っていました;
ここ最近、帰宅が日付変更線との競り合い・・・・
今日は久しぶりに、友人たちと出掛けていたので遅くなりましたが^^;

先週末、鶴居の音羽橋の上に立っていました。
100114音羽橋
・・・・・夜の10時過ぎですが^^;

その9時間後。
100114音羽橋2
毎回同じような景色を撮ってる気がしますが^^;
美しい風景です。

| 風景 | 01:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。