「 空。」 -北海道での記録-

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、北海道時代の観察記録です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010年初鳥見 -後編-

タイマー投稿はやっぱり便利です・・・

1/3午後。
雪はますます強まるばかり。
しかし・・・鳥見は続行ですb

アオサギも・・・
100109アオサギ

スズメも・・・
100109スズメ

キジも・・・
100109キジ

午前に見たハヤブサも・・・
100109ハヤブサ2
みんな真っ白です^^;

こちらも北海道では珍鳥のタゲリ。
100109タゲリ2
背中や頭に雪が積もっています。。

ハス田では・・・
100109タシギ
タシギの群れが採餌中。

「早く雪止まないかな・・・」
100109タシギ2
と、心の声が聞こえてきそうです^^;

最後はミサゴ。
100109ミサゴ
北海道ではこの季節に見ることは難しいですね。。
雪景色の中のミサゴも、本州ならではなのかもしれません。

さて、年末年始に撮り貯めた写真達もこれでおしまい。
と、またこの3連休で少し撮って来る予定です。

FN(1/3 河北潟)
カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、スズガモ、キンクロハジロ、カモメ、コサギ、アオサギ、オオバン、クイナ、タゲリ、ケリ、イソシギ、タシギ、ミサゴ、トビ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、キジ、キジバト、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ツグミ、ウグイス、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス 計45種
スポンサーサイト

| 遠征記録 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年初鳥見 -前編-

帰省中のこと。
一応カメラと双眼鏡を持って帰省はしていたものの・・・
さすがに今年も帰省してまで鳥見する機会はないのかな、なんて思っていた矢先のこと。
知り合いのYさんから鳥見のお誘いが!
ということで・・・喜んで河北潟へ鳥見に行ってきました^^;

1/3。
現地に到着しようというとき、目の前に現れたのは・・・ハイイロチュウヒ♂!
100108ハイイロチュウヒ
今シーズン、まだ北海道でも♂は見ていなかったのですが。。
新年早々、こんな鳥から鳥見が始まるなんて、縁起がいいですね^^

お次は・・・
100108ハヤブサ1
ハヤブサ。
これまたなかなか近い距離(写真はトリミングしてますが)。

コハクチョウに・・・
100108コハクチョウ

北海道では数の少ないセグロセキレイ。
100108セグロセキレイ
尾羽に積もった雪がチャームポイントです^^;

ノスリもたくさんいました。
100108ノスリ

この日、午前はこんな天気だったのですが・・・・
段々と雪がひどく降ってきました。
後編は午後の様子を^^;

正月ぼけが抜けきらないまま、明日からまた3連休。
またちょっと道内を小回りしてくるかもしれません。。

| 遠征記録 | 20:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征⑦(鳥以外の生き物たち)。

沖縄報告も第7回。
「野鳥の報告が終わったのに、いつまで引っ張るの・・・・」
と言わず、今回で最後ですのでお付き合い下さい^^;

まずは植物。
と言っても一枚だけですが・・・・
090422ツクシスミレ
林道の脇に咲いたスミレの花。
調べてみたのですが・・・・リュキュウコスミレという子に似ています。。

お次は、昆虫(トンボ)を。。
沖縄の種をほとんど知らないのですが・・・・・(汗
リュウキュウハグロトンボ。
090422リュウキュウハグロトンボ
沢沿いでうろうろしている個体をいくつか見かけました。

こちらは自信がないのですが・・・・ベニトンボの♀??
090422トンボ1
♂はかなり派手なのですが・・・・♀を見ると、どこにでもいそうなトンボですね^^;

お次は両生類。
道端でこんなことをしているのはイモリ。
090422イモリ
本州のアカハライモリと近縁の、オキナワシリケンイモリという種類らしいです。
陸生が強いのか、道端で何匹も見かけました。
にしてもこの太いミミズを、よくまぁぱっくりと・・・・

そう言えば、北海道でイモリって見たことがありません。
変温動物なことが影響してか、爬虫類も両生類も、沖縄と比べると圧倒的に種数が少ない気がします。

夜、どしゃ降りだった日。
鳥はさっぱりでしたが、林道はカエル達で溢れていました。。
何も見られずにがっかりしている自分たちを和ませてくれたのはこの子達^^;
090422カエル1
写真で見ると大きさがわかりにくいですが、大きいです・・・・・
調べたところ、ホルストガエルというカエルのようです。
沖縄本島北部と渡嘉敷島の一部にのみ生息する、珍しいカエルとのこと。
しかし決して、手に乗せてみたくなったりしません。。。

こちらは小さな可愛いカエル。
090422カエル2
金色に見えるのですが・・・体長は約3cm。
リュウキュウカジカガエルでいいのでしょうか。
体の割に目がクリッと大きなカエルは、見ていて飽きません^^;
こちらは琉球列島に広く分布しているそうです。
この子なら手に乗せてみてもいいかな・・・^^;

さて、最後は哺乳類ですが。
葉の隙間から見えるのは、クビワオオコウモリ。
090422クビワオオコウモリ
何度見ても大きいコウモリです。
コウモリは哺乳類の中ではあまり注目されていない気がするのですが・・・・
よく調べると、面白い発見がたくさんありそうな気がします。
海外では、環境指標になっていたりするらしいのですが、日本ではマイナーですよね^^;
あまり認識されていないということは、人知れず姿を消していく種もあるのかも知れません。
いつかは、コウモリについても少し勉強してみたいと思います。

今回の旅を通じて思ったことは・・・・・
哺乳類、両生・爬虫類の図鑑が欲しい!
種数も昆虫や植物に比べれば少ないハズ。
国内のものくらいは分かるようになりたいです。
もしオススメの図鑑があったらご報告ください^^;

他にもイノシシやらネズミやら、色々と見たのですが・・・・・
きりがないので、沖縄報告はこれにて終了!
明日からは通常の北海道生活の報告に戻ります^^;
1週間、報告にお付き合いいただきありがとうございました。。
クラさんも5日間、同行していただきありがとうございました^^

| 遠征記録 | 23:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征⑥(その他の鳥たち)。

沖縄鳥報告はようやく今回で終われそうです・・・・・
今日はこれまでに紹介していない鳥たちを。
ごく普通で見られる鳥たちです^^;

リュウキュウツバメ。
090421リュウキュウツバメ
普通のツバメも見られます。
人工物以外にとまって欲しいのですが・・・・なかなか^^;

シロガシラ。
090421シロガシラ
ヒヨドリよりも断然数が多い気がします。
外来種ですが、人里では完全に定着してしまっています。

ズアカアオバト。
090421ズアカアオバト
声は良く聞きましたが、今回はこの写真の1回だけしか見られませんでした。
雨の中、遠かったのでこんな写真に^^;
しかし、下尾筒が見えるように横向きになって・・・・何をしているのでしょうか。
アオバトに似た声で鳴くのですが、あまり抑揚がありません。。

お次は・・・・セッカ。
090421セッカ
ちょっと開けた場所では優占種と言ってもいいのではないでしょうか。
「ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ ・・・・・・チチッ チチッ チチッ ・・・・」という声があちらこちらから聞こえてきます。

最後はアカヒゲ。
090421アカヒゲ
前回と違って、成鳥ばかり見ることができました。
前回はあまり聞けなかった特徴的で朗らかなさえずりも、今回はしっかり聞けました^^
ただ、さすがに幼鳥と比べて警戒心が強く、なかなか写真を撮らせてくれません・・・・

今回は、これほどじっくりと多くの種を見られるとは思っても見ませんでした。
一緒に回ってくれたクラさん、本当にありがとうございました^^

FN(4/11~15 沖縄本島)
リュウキュウヨシゴイ,ゴイサギ,ササゴイ,アマサギ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,クロサギ,アオサギ,クロツラヘラサギ,マガモ,カルガモ,コガモ,ヒドリガモ,オナガガモ,ハシビロガモ,ミサゴ,ツミ,サシバ,ハヤブサ,ミフウズラ,クイナ,ヤンバルクイナ,ヒクイナ,シロハラクイナ,バン,オオバン,タマシギ,コチドリ,シロチドリ,メダイチドリ,ムナグロ,ケリ,キョウジョシギ,トウネン,ヒバリシギ,オジロトウネン,ハマシギ,アカアシシギ,コアオアシシギ,アオアシシギ,クサシギ,タカブシギ,キアシシギ,イソシギ,オオソリハシシギ,ホウロクシギ,チュウシャクシギ,タシギ,ハリオシギ,セイタカシギ,ツバメチドリ,カラスバト,キジバト,ズアカアオバト,リュウキュウコノハズク,オオコノハズク,アオバズク,アカショウビン,カワセミ,ノグチゲラ,コゲラ,ツバメ,リュウキュウツバメ,ツメナガセキレイ,キセキレイ,ハクセキレイ,ビンズイ,ムネアカタヒバリ,リュウキュウサンショウクイ,シロガシラ,ヒヨドリ,アカヒゲ,ノゴマ,ノビタキ,イソヒヨドリ,アカハラ,シロハラ,ウグイス,オオヨシキリ,セッカ,キビタキ,サンコウチョウ,ヤマガラ,シジュウカラ,メジロ,スズメ,コムクドリ,ハシブトガラス 計89種

| 遠征記録 | 20:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征⑤(フクロウ類、セキレイ類)。

沖縄報告はまだしばらく続きそうです。
かなり詰め込んでいるつもりなのですが^^;

今日はフクロウとセキレイ類を。
と言っても、登場する種数は少ないのですが・・・

今回も夜のやんばるの森を2度、ナイトウォッチングに出掛けたのですが・・・・・
1日目はどしゃ降りに遭って何も見れず;
実質、見ることができたのは一晩だけでした。
一晩だけで何か見れるか不安でしたが、それでもやはり何か見られるのはさすが沖縄。
まず、森の中でたくさん聞かれる「コホッ コホッ」という声の主を捜します。
近くで鳴いているのになかなか見つからないのですが・・・・・
090420リュウキュウコノハズク
それでも見つかりました!
近くで「ニャォ ニャォ」と鳴く♀の声も聞こえたのですが、藪の影で見つからず・・・
♀が鳴いているせいか、この付近だけで5羽程の♂の声が聞こえました^^;

しばらく進むとリュウキュウコノハズクの声は聞こえなくなったのですが、松の枝に鳥が・・・・
090420リュウキュウオオコノハズク
次はオオコノハズクです!
前回に引き続き、この2種を沖縄に行く度に見られるとは、運がいいのでしょうか^^;
それともかなり普通に見られるのでしょうか・・・?

この2種を見て安心したのも束の間、次は目の前の枝に鳥影。
090420リュウキュウオオコノハズク2
またもやオオコノハズクです!
構図を変えるために少しトリミングしてますが・・・近い近い^^;
一晩で二度、これだけじっくりオオコノハズクを見られるとは思っても見ませんでした。

アオバズクは、声は聞こえるものの姿は見られず・・・・
それでも、一晩でこれだけ見られれば満足しなければなりませんね^^;


お次はセキレイ類。
トップ画像にあるように、今回はツメナガセキレイをたくさん見ることができました。
まずは亜種ツメナガセキレイ。
090420キマユツメナガセキレイ1
この子は車の真横まで来ても逃げませんでした^^;
このサイズの鳥で、ノートリでこの写り。

あと、イモ田付近にも何羽も群れていて・・・・
090420キマユツメナガセキレイ2
なかなかしっとりしたいい絵になります^^

中には、亜種マミジロツメナガセキレイも混じります。
マミジロツメナガセキレイ2
雨が降っていても、それはそれでいい絵になりますね。
実は「ツメナガ」な部分も写っていたり。
お気に入りの1枚になりました^^
しかし、眉斑の短い個体です。
昔の亜種で言うところの、シベリアツメナガセキレイに近いのでしょうか??

もう1個体は・・・・
マミジロツメナガセキレイ1
こちらの子の眉斑は、上の子よりもしっかり長いのですが・・・・・
何だか微妙に黄色が混じっています^^;
綺麗な個体ですが、完全なマミジロツメナガセキレイではないのかもしれません。。

3個体の顔を並べてみると・・・・
090420ツメナガセキレイ拡大
難しい・・・・・--;

ハクセキレイでも、こんな個体が・・・
090420タイワンハクセキレイ
背中がグレーで、亜種タイワンハクセキレイだと思うのですが・・・・
微妙に喉に白い部分が残っています。
この子も上のマミジロツメナガセキレイのように、完全なタイワンハクセキレイではないのかもしれませんね。
あくまで亜種なので、判定は微妙になって仕方ない面もあるとは思うのですが^^;

あとは、ムネアカタヒバリ。
090320ムネアカタヒバリ
綺麗な夏羽です^^ 昨年の舳倉以来、見るのは2回目。

セキレイ類も、じっくり見ると面白いですね。


沖縄報告、野鳥はなんとか次回で終えられそうです^^;

| 遠征記録 | 20:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征④(シギ・チドリ類)。

既に4回目の沖縄報告ですが・・・・
少なくとも@2回分はありそうです--;
なるだけ早く片付けるためにも、今回は種数の多いシギチを一気にやっつけます。。
とにかく貼り貼り・・・・・・

まずは海岸で撮れた子達から。

アカアシシギ。
090419アカアシシギ

岩場が似合うキョウジョシギに・・・・・
キョウジョシギ

今回ライファーの1種のオジロトウネン。
090419オジロトウネン

偶然、上空を飛んだツバメチドリ。
ツバメチドリ
綺麗な夏羽の個体でした。
前回沖縄に来たときに引き続き、見るのは2回目^^


お次は池で撮れた子達・・・・

綺麗な夏羽のセイタカシギ。
090419セイタカシギ

こちらも夏羽のコアオアシシギ。
090419コアオアシシギ

沖縄では比較的珍しいケリも見られました。
090419ケリ
手前のバンのヒナがかわいいですね^^;


最後に、水田地帯で撮れた子達。

コチドリ。
090419コチドリ
手前の座っている個体がまったりした雰囲気を出しています^^;

アオアシシギ。
090419アオアシシギ
青々とした水田に良く映えます。
横のヒバリシギが座っているのは分かるでしょうか^^;

ヒバリシギもたくさん見られましたが・・・・・
090419ヒバリシギ
この個体は引きずっている左足が何とも痛々しいです;
無事に渡りをできるといいのですが、ちょっと心配です;

ジシギ類では、
090419タシギ
こちらはタシギ。

こちらはハリオシギでいいでしょうか??
090419ハリオシギ
たくさんジシギを見ましたが、なんとも識別が難しいですね;
私1人では全く見分けられなかったことでしょう;
あ、ハリオシギはライファーです^^

あと、ジシギかと思って双眼鏡で覗くと、そこには・・・
090419タマシギ
タマシギの♂でした^^
タマシギもライファーだったのですが、この個体は右目を負傷しているのか、一度も開きませんでした・・・
若いのか、涙目模様もありません。。

あと、地味にライファーだったホウロクシギ。
あまりの遠さにシャッターを押せませんでしたが^^;

実は、今回の旅でのライファー5種のうち、4種がシギ。
なんともシギの識別が貧弱な証拠です^^;
これからもっと勉強しなければならないようです>;

| 遠征記録 | 21:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征③(クイナ類等)。

今日は沖縄のクイナ類を・・・・・

普段、なかなか見られないクイナ類も、沖縄では結構見られます。。
沖縄に着いて、まず初めに見つけたクイナは、、、
090418クイナ
クイナ。。
見られても全然おかしくはないのですが、ちょっと意外でした^^;
クイナを見たのはものすごく久しぶり。
以前に見たのは中学生の頃でしょうか・・・・?

と、このクイナを見た直後に
090418リュウキュウヒクイナ1
リュウキュウヒクイナが前の道路を横切りました。
ヒクイナが普通に見られるとは・・・さすがは沖縄。
090418リュウキュウヒクイナ2
何度も見られましたが、どれもちょっと遠かったです^^;
写真もトリミング済。

お次はシロハラクイナ。
090418シロハラクイナ1
沖縄では最も見やすいクイナだと思います。
ちょっとした水辺にならどこにでもいる気がします^^;
それでも、逃げ足が速いのでなかなか写真に収まりません・・・・
090418シロハラクイナ2
黒い背面に白いお腹、脇と嘴の根元の赤。
普通種ですが、綺麗な鳥です^^

さてさて、沖縄本島のクイナと言えば、忘れちゃいけないのが
090418ヤンバルクイナ看板
ヤンバルクイナですよね。

前回よりもかなり多くの回数見ることができたのですが、毎回見るのは・・・・
090418ヤンバルクイナ1
こんな場面ばかり^^;
見つけた瞬間に道路脇の草陰に入ってしまいます・・・・
合計20回近く見たはずなのですが;
一番驚いのはこのシーン。
090418ヤンバルクイナ2
羽を広げているのですが・・・・よくよく見ると、その目線の先にはなんとハブ!!!
車に轢かれたハブなのでしょうか。
帰りの飛行機の中で写真を見直すまで、ハブが写っていることに全く気付きませんでした・・・
ちなみに、この後すぐにカラスが来て、ヤンバルクイナは森の中へ猛ダッシュ。。
早朝の森の中、暗すぎてひどい写真しか撮れなかったのが残念でなりません;
いつか必ずや、看板の様な写真を・・・・・^^;

この他にはバンやオオバンも見られました。。
クイナと近いところで、ミフウズラもいたのですが、写真に収めることはできませんでした・・・・
9月に行った時と同じ場所で見たので、その場所は生息数が多いのでしょうね。

クイナ類はお目に掛かることが少ない鳥なだけに、見られると本当に嬉しいですね^^

| 遠征記録 | 22:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征②(サギ類)。

昨日、リュウキュウヨシゴイを使ったので、今日は残りのサギ類をば。。
今回はサギ類だけで10種を観察。
北海道ではありえない数字です・・・・
写真はそのうち6種しか撮れていませんでしたが^^;

まずはアマサギから。
090417アマサギ
沖縄では数の多いアマサギですが、今回はこの場所以外で見なかった気がします。
そして綺麗な亜麻色の個体は少なく、まだ換羽が中途半端な個体が多かったです^^;

お次はチュウサギ。
090417チュウサギ
こんな写真しか撮っていませんでしたが・・・・・
水辺に行けばどこでも見られました。。
この鳥も北海道だとなかなか見られないですよね。

こちらは・・・・?
090417クロサギ
クロサギの白色型です。
脚は短く、なんだか不思議な色をしています。
クロサギなのに白色。
本州では黒色型が多いので、沖縄では普通に見られる白色型も新鮮な感じがします。

あとは、アオサギと一緒に・・・・クロツラヘラサギ。
090417クロツラヘラサギ
クロツラヘラサギも、本当南部の干潟や池の数カ所で見ることができました。

写真はこれだけですが、これ以外にもゴイサギ、ササゴイ、コサギ、ダイサギを確認。
さすがは沖縄・・・・サギの宝庫です。
あ、クロツラヘラサギはトキ科ですが、今回はサギとして報告していますのでご容赦を^^;

| 遠征記録 | 21:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征① (リュウキュウヨシゴイ)。

無事に沖縄から戻りました。
姉の結婚式に鳥見に、とても充実した旅になりました^^
しかし、ここで結婚式の話をするわけにもいかないので、いつも通り鳥見の報告をば^^;

今回は春の渡りのシーズンということもあり、数多くの種を見ることができました。
その数なんと89種。うち、ライファーは5種。
今日からしばらくはそのご報告です。

まずは・・・・今回目標としていた中で、一番手こずった鳥から。
リュウキュウヨシゴイです。
昨年の沖縄本島、一昨年の奄美大島での鳥見の両方で見られなかったこの鳥。
一緒に鳥を見て回ったKさんも、未だ見たことがないとのことでした。
沖縄ではそんなに珍しい鳥では無いはずなのですが、どうもこの2人とは相性が悪いようで・・・
約2日間いそうな場所を探したのですが・・・どれだけ丁寧に探しても見つかりませんでした;
しかし、雨の日の夕方。これまでさんざん探した所と同じ場所で。
その鳥は、いました。。
090415リュウキュウヨシゴイ1
しかも、綺麗な♂です!!
この写真の撮影時刻は18:21。
もうこれ以上、リュウキュウヨシゴイを探すのはやめようという話をしていた時のことだったので・・・・
2人で思わずガッツポーズ^^;
苦労した分、嬉しかったです。。

しかし、その翌日。
それまでさんざん探した場所で。
090415リュウキュウヨシゴイ2
普通に見られます・・・・・

ですが、多くの個体は隠れているので見つけるのは至難。
090415リュウキュウヨシゴイ3
まるで忍者の様です。

それでも・・・・・
090415リュウキュウヨシゴイ4
この日は100mも離れない場所で、しかも1時間程の間に♂2,♀2で合計4羽も見つけました・・・・・
雨が降っていたので、天候が悪い方が見やすいのかもしれませんが。

どれだけ見るのに苦労した鳥でも、1度見てしまうとその後は何度も見れてしまうという話は聞いたことがありますが・・・
これほどとは。。
環境というか条件というか、その種がいる場所を探す目ができるのでしょうか。
それとも、ただの偶然なのでしょうか。。

この1種だけで日記1回分書く程、思い入れの強い鳥になりました^^;
なんとも魅力的な鳥。
また南西諸島へ行く機会があったら、懲りずに探そうと思います。


そう言えば、今年は海岸調査に参加することができませんでした・・・・・
昨年、日高の海岸線を見て回ったので今年も調査したかったのですが;
引越と姉の結婚式で、行く暇が全くありませんでした;
来年は、また参加したいものです。

| 遠征記録 | 20:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄遠征記録⑦~シギ編~

道東から帰ってきました。
あまり鳥を見ず、ほとんどドライブして過ごした3日間でしたが^^;

ひとまず、沖縄の報告を片付けたいと思います。
ということで、温存していたシギ達です。
あまり珍しいものは見れませんでしたが・・・・
種数が多いので、とりあえず羅列^^;

アカアシシギ。
080915アカアシシギ

アオアシシギ。
080915アオアシシギ

コアオアシシギ。
080915コアオアシシギ

クサシギ。
080915クサシギ

タカブシギ。
080915タカブシギ

イソシギ。
080915イソシギ

ウズラシギ。
080915ウズラシギ

ヒバリシギ。
080915ヒバリシギ

トウネン。
080915トウネン

キョウジョシギ。
080915キョウジョシギ

ハマシギ。
080915ハマシギ

オバシギ。
080915オバシギ

チュウシャクシギ。
080915チュウシャクシギ

セイタカシギ。
セイタカシギ


そして、よくわからないのが・・・・
ジシギsp。
080915ジシギsp

オジロトウネン???じゃないですよねぇ・・・・・・
080915ジロネン?

ヨーロッパトウネン??
他の方のブログで、ヨロネンとして紹介されていたものと同個体と思われます。
080915ヨロネン?

ヨロネン、ジロネンはこれが確実にそうであればライファー。
ジシギも、ハリオシギやチュウジシギであればライファーなのですが、おそらく分類は無理・・・・
シギってやっぱり難しいです--;

沖縄旅行、本当に大満足の6日間でした^^
7回にも渡り、沖縄遠征報告にお付き合いいただきありがとうございました<(_ _)>

§ フィールドノート §
沖縄本島(9/1~6)
クロハラアジサシ,エリグロアジサシ,ベニアジサシ,コサギ,ダイサギ,クロサギ,アオサギ,ゴイサギ,アマサギ,クロツラヘラサギ,バン,ヤンバルクイナ,シロハラクイナ,ヒクイナ,ハジロコチドリ,コチドリ,シロチドリ,メダイチドリ,ムナグロ,ダイゼン,ツバメチドリ,トウネン,ヨーロッパトウネン?,オジロトウネン?,ハマシギ,ウズラシギ,ヒバリシギ,オバシギ,タカブシギ,クサシギ,イソシギ,ソリハシシギ,キョウジョシギ,アカアシシギ,アオアシシギ,コアオアシシギ,キアシシギ,ジシギsp,チュウシャクシギ,セイタカシギ,ミサゴ,ミフウズラ,コノハズク,オオコノハズク,アオバズク,カラスバト,ズアカアオバト,キジバト,カワセミ,アカショウビン,ノグチゲラ,コゲラ,ツバメ,リュウキュウツバメ,ツメナガセキレイ,キセキレイ,ヒヨドリ,シロガシラ,サンショウクイ(声),イソヒヨドリ,アカヒゲ,サンコウチョウ(声),ヤマガラ,シジュウカラ,セッカ,ウグイス,メジロ,スズメ,ハシブトガラス,(シマキンパラ),(キンパラ),(バリケン) 72種

| 遠征記録 | 20:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。